2013.11.26
-第3回 受信編- 「ドコモメール」スタート! 便利になったメール機能を使いこなそう!!
2013.11.26

-第3回 受信編- 「ドコモメール」スタート! 便利になったメール機能を使いこなそう!!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール





ドコモメールは、メールを受信するとクラウド(サーバー)に保存されます。
これまでのspモードメールですと、スマホにデータが保存されるのでローカル(スマホの内部ストレージ、microSD)の容量を消費していました。
しかし、このドコモメールではそうした心配がありません。
(※オフライン時にはキャッシュしたメールデータを確認する機能も備わっています。キャッシュデータはメールの本データよりも軽くなります。)

では、早速、「受信フォルダ」に届いたメールを確認してみましょう!

※ちなみに、アプリを開いたときは「クラウド」側が表示されています。「ローカル」(スマホ)に切りかえる場合は画面をスワイプ操作してください。






フォルダを開くと、画像のようにメールが一覧表示されます。
spモードメールではタイトルと送信者名の表示だけでしたが、ドコモメールでは本文の一部分を表示。
ちなみに現在のところ、本文の非表示モードはありません。個人的には気になりませんが、非表示モードがあったほうがいいかもしれませんね。

なお、クラウドの保存容量1GB、もしくは2万件までとなっており、どちらかを超えた場合は古いものから削除されます。
ただし、メールの「保護」をしておけば消えることはありませんので、大事なメールの保護をお忘れなく。





 




読みたいメールをタップすると、メール本文と添付ファイルを確認できます。
サムネイル表示された添付ファイルの右横ある赤枠で囲んだアイコンをタップすると、スマホに画像のダウンロードします。
繰り返しになりますが、ドコモメールのデータはクラウド上に保存されているため、手元にデータを置いておくにはダウンロード操作が必要です。

「保存」をタップしたら、スマホでの保存先を指定するとダウンロードが開始。
通信使用量を少しでも抑えたいという人は、Wi-Fi環境で行うことをオススメいたします。






また、メール本文を表示させている画面の右下にある「その他」をタップすると、メールに対する操作を行なえます。
個人的に便利だと思ったのが「迷惑メール報告」機能。これをタップし、内容を確認して送信すると、迷惑メールの報告が行なえてとても便利。
赤外線による移動もこれまでより簡単になっていたのも嬉しく思います!






画像のダウンロード同様、届いたメールをスマホに保存することができます。
先ほどのメール本文確認画面のメニューからも行なえますが、メール一覧画面からも保存可能。
メールの左横にあるチェックボックスをタップし、画面右下の「その他」→「メール保存」とタップし、保存場所を指定ください。






その後、メールトップ画面に戻り「クラウド」から「ローカル」へ左フリックをして切り替えます。





 




「ローカル」画面が表示されたら、「その他」→「メール取り込み」を続けてタップ。
取り込むメールの保存先を聞かれるので、先ほど保存したフォルダからファイルを選択すれば、メールの取り込みは完了です。
「ローカル」のメール一覧画面に表示。もちろん添付ファイルの同時に移動しますので、メールをローカルに保存する際は、画像のダウンロードは必要ありませんね。

ちなみに、スマホからスマホへ機種変更した際、microSDを使って移動させた場合も同様の作業が必要です。
また、現在のところローカルからクラウドへ直接アップロードができません。しかし、自分宛に転送すればクラウド保存も可能。
少々手間かもしれませんが、全くできないわけではありませんので、一安心かと思います。





 




「その他」→「メール設定」とタップすれば、詳細な設定を行うことができます。
メールのキャッシュ件数の設定を変更する際は「通信設定」→「本文保持件数設定」とタップください。
キャッシュできる件数は0件、最新300件、最新1000件、最新5000件、すべて、というように5段階から選択できます。

「最新~」とついていることからも分かるように、指定件数を超えた場合、古いものからキャッシュは削除されています。
もちろん、キャッシュが削除されただけで、クラウド側のメールは1GBor2万件を超えない限りは削除されません。
とはいえ、大事なメールは保護する習慣を付けておきたいですね!

いかがでしたでしょうか?
これまでのspモードメールやiモードメールなどにはなかった、「クラウド(サーバー)」と「ローカル(スマホ)」という言葉に戸惑うかもしれません。
しかし、実際に使ってみることで、「あぁ、そういうことか!」と納得していただけることと思います。

操作画面や表示がスッキリしただけでなく、「クラウド」によるメールデータの共有が可能になったことで、今までよりも機種変更時や端末紛失した際のデータの移動や管理といったものが簡単になります。

今後予定されているマルチデバイス対応や、今回ご紹介しきれなかった操作方法についても、いずれ紹介できればと思っています。
まずはこの新しいメール機能をつかって、これまで以上にスマホライフを楽しんでみて下さい!
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード