2014.1.23
【学割 料金比較 iPhone編】ドコモ、au、ソフトバンク、家族3人だといくら?
2014.1.23

【学割 料金比較 iPhone編】ドコモ、au、ソフトバンク、家族3人だといくら?

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
2014年1月16日に出揃った感ある、大手3キャリアの学割プランですが、先日の記事ではプラン内容についてご紹介しましたが、肝心な「月額いくらなのか?」というのをお伝えしきれてませんでした  アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ






そこで今回は、大手3キャリアの学割を使うと実際いくらになるのか?(月々どのくらいの請求額になるのか?)を学生・家族、それぞれのの場合を整理。さらに一般的な家族3人(両親+学生)ケースでも算出しました。(※2013年4月より消費税8%に増税予定のため、すべて税抜き価格で記載)
早速、iPhoneの場合の月額請求料金からみていきましょう!






学割は各社ともに月額基本料金が3年間0円になります。(これは学生にも家族にも嬉しいですよね!)ですので、インターネット接続サービス(ISP)と、パケット定額プランの費用が月々の請求対象となります。

ドコモの月額請求料金は新規・MNPともに同じでした。auとソフトバンクの請求金額は新規とMNPで家族への請求金額に違いがでました。
auとソフトバンクの学割は、家族の基本料金0円が適用される期間がMNPの場合と新規加入の場合とでは異なるためです。(このあたりはドコモの方が頑張ってるよう見受けられます)

また、パケット定額プランの料金についてもドコモは3年間同じなのに対し、auとソフトバンクは3年目以降、パケット料金が若干値上がります。
学割利用を想定した場合、iPhoneを使う人はドコモを選択するのが一番良いように見えますね。

続いて、実際に3人家族に学割プランを当てはめた場合、請求される月々の請求額をみていきましょう!











新規の場合、1年目はドコモ、au、ソフトバンクは横並びですが、2年目、3年目とドコモとの請求金額の差が如実にあらわれました。
数字だけでみるとピンとこないですが、グラフをみると一目瞭然です。











MNPの場合は、1年目だけでなく、2年目も開きはありません。
しかし、3年目になるとiPhone向けのパケット料金が値上がりするため、月額で1,500円の開きがあります。
そこまで大きな差がないため、「気にしない」と思う人もいますが、「1円でも安くしたい!」と考える人には是非注目してもらいたいポイントです!!

いかがでしたでしょうか?
「今回の学割は差がない!」とネットなどでは言われていますが、「月のランニングコスト」で考えるとMNPでも月額に差があることが分かりました。
実際の請求額は上記の固定ランニングコストに加え、通話料金や各種サービス料金、端末を割賦購入した場合の分割代金がかかります。
契約条件や学割の適用範囲も各社で違いがありますので、その点にも留意して「どこを選べばいいのか?」というのを検討ください。

次回はAndroidスマホで学割を利用した場合をご紹介したいと思います。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード