2014.5.13
全国LTE/4G通信速度調査 ダウンロードはドコモ、アップロードはソフトバンクがNo.1!
2014.5.13

全国LTE/4G通信速度調査 ダウンロードはドコモ、アップロードはソフトバンクがNo.1!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
2014年5月12日、日経BPコンサルティングより「第3回全国LTE/4Gエリア調査」が発表されました!
速度調査はスマホ部でも都内を中心に行っていますが、こちらは全国のアミューズメントパークやイベント・スポーツ会場、ショッピングモールなどを中心に、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3事業者のLTE/4Gのエリア化率、通信速度の実態を調べたものになります。

前回、スマホ部のクラブ活動でもご紹介したのは、ユーザの使ってみた感覚を尋ねたものなので、今回は携帯各社が力を入れているLTE普及率を客観的に評価したものになりそうですね。


まず、調査内容を簡単に整理しましょう。
今回で3回目となるこの調査は、過去最多の全国2,818ヵ所を対象にし、実際の測定ポイント数も3,005に。
1回目は1000ヵ所、1188エリア、2回目は1793ヵ所、2147エリアなので、回を重なるほど測定ポイントが増えていますね。
これだけの大規模調査を実施しているのは日経BPコンサルティングだけで、LTE/4G通信速度調査としては信憑性がとても高いと言ってもいいでしょう。

計測端末は、以下の6機種になります。
NTTドコモ        「iPhone 5s」、「Xperia Z1 f」
KDDI(au)         「iPhone 5s」、「isai」
ソフトバンクモバイル  「iPhone 5s」、「AQUOS PHONE Xx」

ちなみに、1回目と2回目の結果と簡単にまとめると、
◎1回目(2013年4月22日発表)
LTEエリア普及率No.1はドコモ
ダウンロードNo.1  NTTドコモ「XperiaZ」
アップロードNo.1  KDDI(au)「HTC J」

◎2回目(2013年7月19日発表)
ダウンロードNo.1  NTTドコモ「XperiaA」
アップロードNo.1  KDDI(au)「HTC J one」

という結果となっておりました。今回はどのような結果になるでしょうか?

■ダウンロードNo.1は、iPhoneもAndroidもNTTドコモ。地域問わず最速!!
3回連続アップロードはNTTドコモがNo.1という調査結果になりました。しかも、前回のXperia Aの24.70Mbpsから、今回のXperia Z1 fは28.82Mpbsとなり、さらに高速化が進んでいます!また、肝心のiPhoneも25.01Mbpsと他の2社に比べて速く、どこの地域でもダウンロード速度がNo.1という結果でした。
112.5Mbpsと150Mbpsの超高速サービスのエリア拡充を図った結果、全体の数字を押し上げた結果となったようですね。


●平均データ通信速度(ダウンロード)







ダウンロードが速いということは、ブラウザの閲覧などが他社のスマホに比べてとてもスムーズ!ということですね。例えば、旅行に行った時に電車の乗換えなどを調べると思うのですが、その検索結果が早く出てきますし、画像の多い口コミサイトを見るときもとてもスムーズに見ることができるのです。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパン、スカイツリーやあべのハルカスなど人が多いところでもストレスなく見たいウェブサイトが閲覧できる、facebookやTwitterなどSNSにアクセスできる。ちょっとしたことかも知れませんが、旅先やレジャーでお出かけしているときにサクサク使えるのは精神的にも大きいことだと思いますよ。


■アップロードNo.1は、iPhoneもAndroidもソフトバンクモバイル
1回目、2回目とアップロードはKDDI(au)だったのが、今回はソフトバンクモバイルに変わりました!これはちょっとしたニュースですね。特にiPhoneが6機種の中で最速で、アップロード速度が9.64Mbpsに上がったそうです。
特に注目したいのが、ソフトバンクモバイルのAndroid。前回の2.75Mbpsから9.18Mbpsと2倍以上の伸びを見せています。


●平均データ通信速度(アップロード)







アップロードが速いと、写真付メールをスムーズに送信することができたり、SNSをさくっと載せることができます。LINEの送信もスムーズにできますので、テーマパークなどで離れてしまっても安心ですよね。

1回目、2回目とアップロードNo.1だったKDDI(au)は、今回はAndroid 7.54Mbps(前回 9.99Mbps)、iPhone 7.51Mbps(前回 4.68Mbps)という結果になりました。Androidの速度が下がっているのが気になりました。


また、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオジャパンと東西人気アミューズメントパークでも、ダウンロードはNTTドコモ、アップロードはソフトバンクモバイルがNo.1という結果になりました。


■LTE/4Gエリア化率は、NTTドコモが100%を達成!3社とも99%超えを実現。
やはり気になるのがLTE/4Gエリア化率。つまり、LTEがつながるかどうか、ということ。
1回目の結果は、NTTドコモが97.4%とトップでした。

今回はNTTドコモが100%でトップという結果に。AndroidもiPhoneも100%を達成しています。
2013年度は、LTEのエリア戦略を行ってきた結果が形となって現れたようです。


●各地域/カテゴリーにおける全体およびLTE/4Gエリア化率







KDDI(au)がAndoridもiPhoneも 99.9%、ソフトバンクモバイルがAndroidが99.8%、iPhoneが99.9%と僅差ですね。ただしこの2社は、甲信越、近畿エリアが弱いようですが、99.0%以上なのでさほど気にするポイントではなさそうです。


昨年はLTE競争が激しかった各社ですが、それぞれの戦略が功を奏した結果となったようですね。
4月25日のNTTドコモの決算発表会や、5月8日のKDDI(au)の新端末発表会でも言っていたように、LTE-Advancedの導入でさらなる進化が楽しみなLTE。東京オリンピックが開催される2020年には想像もつかない速さになっているかもしれませんね。今後も各社の動きにも注目していきたいです。

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード