スマホ節約診断
2014.5.14
NTTドコモ2014夏モデル発表 国内初VoLTE対応スマホを発売
2014.5.14

NTTドコモ2014夏モデル発表 国内初VoLTE対応スマホを発売

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部






 2014年5月14日、NTTドコモは2014夏モデルの新商品・新サービス発表会を行い、夏モデルをスマホ6機種、タブレット2機種、らくらくスマホ1機種を5月15日から順次発売すると発表しました。

夏モデルは、基本的な機能もさらにパワーアップされ、急速充電2(スマホ4機種、タブレット2機種対応)と非常用節電機能(スマホ6機種、らくらくスマホ1機種対応)が新たに加わりました。

今回の目玉は何と言ってもLTEを使った新通話サービスの「VoLTE(ボルテ)」!国内キャリアでは初の対応スマホをドコモは夏モデルから対応していく、とのことです。
音声通話の未来を拓く「VoLTE」とは?ドコモの新しい戦略とは?発表会の様子とあわせてレポートします。

■高音質な通話が楽しめる「VoLTE」とは?






「VoLTE」って何?と思う方も多いと思いますので、まずは簡単に「VoLTE」の説明をしますね。

「VoLTE」とは、Voice over LTEの略で、LTE回線(ドコモだとXi)を使った音声通話を実現する技術のことを言います。これまでのスマホは、インターネットなどの通信はLTE回線、通話は3G回線(回線交換)と使い分けていたのですが、このVoLTEは通話も通信のLTE回線を使うことになるのです。

「VoLTE」の特徴は大きく4つ。
◎高音質通話
◎スピーディーな発着信
◎高速マルチアクセス
◎ビデオコール








特筆すべきはやはり音質ですね!3G回線に比べて音声周波数帯域が50Hz~7KHzとぐんと広がり、特に高い声(高音域)がよりクリアになります。会場では女子代表としてリカちゃんの声で聞き比べをしたのですが、「これ、本当に同じ人の声??」とビックリするぐらい高くてきれいな声でしたよ!

加藤社長が「より低音から高音へ広がっています」と言う様に、クリアできれいない高音域は聞いていてとても気持ち良い感じです。

実際、「VoLTE」と今まで3G回線での通話を比べてみたのですが、「VoLTE」はクリアな音がすらすらと流れる感じだったのに対し、従来のはほんの僅かな間が空いているような感じがしました。説明員の方に聞くと、コンマ数秒のディレイ(遅延)が従来の回線にはあったのですが、「VoLTE」によってこのディレイが解消されたとか。音声パケットの優先制御(QoS制御)を行うことで、接続品質を確保し、安定した通話が可能になったそうです。








また、これまでのスマホは通話をするときに3G回線に切り替えていたのですが、「VoLTE」は通話も通信も同じLTE回線なので切り替える必要がありません。よって、発信してから2.66秒ぐらいで相手に着信できるというスピーディーな発着信も可能にするそうです。

ちなみに従来の3G回線だと、7.50秒ぐらいかかるようですよ。その差は約3倍。ちょっとしたことですが、使ってみるとこの進歩には驚きますよ。








音声通話と同時にインターネットも使えるのも「VoLTE」の魅力。受信最大150Mbpsの通信速度でネットが使えるので、例えば待ち合わせ場所の連絡を地図で確認しながら通話する、というのも可能になるのです。








そしてスマホになって使う人が増えたビデオコールも「VoLTE」ならさらにグレードアップ。高画質(QVGA相当)のビデオコールと通話を自由自在に切り替えができたり、外部カメラに切り替えても高画質・高音質をキープできるので楽しみ方の幅が広がりそうですね!








LINE電話やSkypeなどもありますが、「VoLTE」は通信キャリアだから提供できる音声通話サービスですね。

しかも、「VoLTE」は音声、パケットすべてがLTE化されるので、周波数効率が3倍も向上するとか!今後さらに「VoLTE」が普及すれば4G回線という大容量ネットワークが確保できるので、データ通信もさらに快適に使うことができるんですね。


この夏モデルからはじめるサービスなので、通話もビデオコールもVoLTE同士ではないとそのメリットを感じられないのですが、今後の展開が楽しみなサービスのひとつです。


■ドコモと任天堂の機器連携「ニンテンドー 3DS向けテザリングアプリ」






サービス系の話題で最も注目を集めたのが、ニンテンドー3DSと機器連携ですね。
ニンテンドー3DS用のテザリングアプリ「ニンテンドー 3DS向けテザリングアプリ」は、テザリングを使ったことがない方でも簡単に設定して利用できるアプリ。とってもわかりやすいガイダンスもついているので、スマホ初心者の人でも設定できます。

対応機種は以下のとおり。

<スマートフォン>
GALAXY S5 SC-04F、Xperia Z2 SO-03F 、AQUOS ZETA SH-04F、ARROWS NX F-05F、Xperia A2 SO-04F

<タブレット>
AQUOS PAD SH-06F、Xperia Z2 Tablet SO-05F

<対応ゲーム機>
ニンテンドー3DS、ニンテンドー3DSLL

アプリは、5月15日からGoogle Playで配信を開始します。
対応機種は今後順次拡大していく予定で、現状では対応機種以外ではダウンロードできないので注意してくださいね。

また、対応機種にアプリをダウンロード→利用→アンケートに協力した方々には3DS用ソフト(バーチャルコンソール)のダウンロード番号(タイトル未定)が提供されるキャンペーンも実施するそうです。応募期間は7月上旬から9月30日(火)までなので、ゲーム好きなスマホユーザさんはチェックしてみてくださいね。

加藤社長曰く「ドコモが目指すスマートライフと、任天堂が目指すインターネットを使った更なる革命を具現化した」というこのサービスは、今後もさらに連携を強めていきそうですね。








端末関連でもう一つ大きなニュースとして「docomo select」も発表されました。このサービスはドコモが提供するアクセサリーや周辺機器の新ブランドで、ドコモヘルスケアの「ムーブバンド」やイヤホンなどのアクセサリーや、スマホケースなど幅広いラインアップを取り揃えているそうです。こちらのサービスは5月14日より開始なので、お近くのドコモショップ、ドコモオンラインショップをご覧ください。



■新サービス「dマガジン」登場!月額400円で雑誌が読み放題!?






好評なdマーケットからは新しいサービスが2つ投入されました。
「dマガジン」は電子雑誌の定額読み放題サービス。月額400円で70誌以上の最新人気雑誌が読み放題になるそうです!お気に入りの雑誌を選ぶのもいいのですが、カテゴリ別に気になる記事を検索できるので、新たな雑誌との出会いもありそうですね。サービス開始は、6月以降になります。

また「dアニメ」はH.265/HEVCという高速ダウンロードがスタートします。画質は変わらずファイルサイズが約半分になるので、短時間でダウンロードが可能になるそうです。
「dビデオ」は、HD高画質コンテンツを5月15日から提供開始するなど、ますます充実しそうですね。


ちなみに、5月1日からサービスが開始された「dデリバリー」の試食コーナーもありましたよ。
全国約9500店舗の豊富なラインアップとあって、モスバーガーやフレッシュネスバーガーなど、あまりデリバリをやっていないファーストフードもデリバリできるとわかって、記者の皆さんもビックリしていました。こちらは、なんとケータイ払いもできますよ。


■LTE回線もさらに強化して「最高のコミュニケーションを皆さまへ!」






やはり最後は気になるネットワーク関連です。先日もスマホ部のクラブ活動でアップしたように、ドコモはエリア、通話品質、通信品質でいずれも総合満足度No1を取得しましたよね。








LTE基地局を2013年度末の1.7倍の95,300局、100Mbps以上対応の基地局は10倍の40,000局へと、さらに強化することを宣言。話題のLTE-Advanceについても225Mbpsサービスを2014年度中にスタートすると言っておりました。さらにその先の5Gの10Gbps以上の通信速度も開発に取り掛かっているとか。想像つかない速さへと到達していきそうですね。








最後に加藤社長は「強力なネットワークで、皆さまのスマートフォンライフを全力でサポートしていきたい」と、その想いを書にしたため、ドコモの本気度を熱くアピールしていました。








今回のトークゲストの渡辺謙さんも
「ドコモのスマホのCMを担当して5年。今までは“WORK WITH YOU”のコンセプトのように寄り添っていく感じだったけど、新料金プランやVoLTEの開始でこれからは駆け出していく躍動感を感じています。僕も一緒にヒートアップしたい」というように、ドコモのスマホやサービスは、新しいステージへ入っていく感じですよね。


加藤社長も「新料金プランを発表したときに、音声通話をテレコミュニケーションの基本として見直して欲しいと思った。カケホーダイとVoLTEのクリアな音質により、音声通話のよさを見直していただきたい」と語り、音声通話の下げ止まりに歯止めをかけ、音声通話利用がまた増えて欲しいという期待感を込めていたのが印象的でした。

何かと話題になった新料金プランと、新しい高音質通話の「VoLTE」がどういう相乗効果を出すのか、今後も注目していきたいと思います。

⇒ 格安SIMに乗り換えるならコレ!定番のOCN モバイル ONE

1分で簡単診断!
オススメプランがわかる!

関連キーワード

オススメのプランはこれ!
人気プランランキング

1

LINEモバイル

LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る
1

IIJmio

タイプDミニマムスタートプラン音声通話機能付 (みおふぉん)3GB/月
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

BIGLOBEモバイル

データ通信SMS付き3ギガプラン 3GB/月(タイプD)
1,020 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LINEモバイル

LINEモバイル LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
LINEフリープラン データ+SMS+音声通話 1GB/月
1,200 円(税別)
プラン詳細を見る
1

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE 音声対応SIM 110MB/日
音声対応SIM 110MB/日
1,600 円(税別)
プラン詳細を見る
1

LIBMO

LIBMO 3GBプラン(音声通話付きSIM)
3GBプラン(音声通話付きSIM)
1,580 円(税別)
プラン詳細を見る


ご利用ガイド

営業日について

平日 10:00~17:00
※土日祝日、年末年始、夏季休暇はお休みをいただいております。

返品・交換について

・初期不良につきましては、保証書と商品発送時に同梱している納品書、送り状をご用意いただき商品到着後3日以内に商品ページに記載の連絡先までご連絡ください。メーカーの了承が得られた場合のみ代替品を送付いたします。
・一度お買い上げいただきました商品に関しましては、お客様都合による返品は応じかねます。

お支払いについて

クレジットカード・代金引換をご利用いただけます。
領収書の発行は不可となっております。

掲載料金プランについて

・本サイトで掲載している料金プランに関する情報は、各事業者がウェブサイト等に公開している2018年4月3日時点の情報を独自に収集したものです。
・閲覧されている時点でのプラン料金およびサービスを含む割引金額を保証するものではありません。
・掲載金額については、各種オプションやサービスは含まれていません。

配送について

●佐川急便 全国一律送料無料
※時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございます。
※お客様都合による再配達時には送料(830円)が発生する場合があります。

納期について

・注文受付後、原則、平日の正午までにいただいたご注文については翌営業日に発送いたします。
※セール/キャンペーン商品を除く
・土日祝日の発送はございませんのでご留意ください。
・商品によっては出荷まで時間がかかる場合があります。
詳細は各商品ページ記載。