2014.6.3
iOS8発表!iPhoneでもっと便利になる僕らのスマホライフ。
2014.6.3

iOS8発表!iPhoneでもっと便利になる僕らのスマホライフ。

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
日本時間の2014年6月3日、午前2時にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコでApple社はWWDC 2014を開催しました。



iOS_画像01


新たな機能が次々と発表されたので、代表的なものをいくつか紹介したいと思います。




iOS_画像02


まずは「Quick Type」というApple独自の学習機能です。これはユーザーの言語利用状況に応じて次に入力する単語を予測するというもので、日本を含む世界14ヶ国の言語圏で搭載されることになりました。

例えば相手からメッセージが届くと、それに対する3つの変換候補が表示され、ユーザーはその中から正しい単語を選ぶだけで、残りの文字をタイプする手間が省けるというもの。予測は話す相手、使う言語によっても変化します。アプリ毎に学習機能も付き、さらに「どちらがよいか」という質問に対する回答候補も提示するとのこと。




iOS_画像03


Androidと同様、入力IMEを変更することが可能になるようで、ずっとiPhoneの変換機能の向上を切望していた筆者にとって、これらはとても嬉しいできごと!!!こちらを皮切りに、iPhone版のATOKやGoogle日本語入力などがリリースされるかもしれませんね。



iOS_画像04


文字とセットで強化されたのがカメラ機能。標準でも簡単に質のいい写真が撮れますが、こだわりたい人にとってはシンプルすぎて物足りないという意見も。



iOS_画像05


iOS 8からは基本機能として、ホワイトバランスや明るさの調整、エフェクト効果が搭載されました。細かな機能がついたことにより、加工も思いのまま。



iOS_画像06


今回の発表での最大のトピックとなったのは、新たに公開されたAPIの数々です。



iOS_画像07


ヘルス系アプリの場合、各アプリで集計したデータの保存も中身の確認もアプリ単位だったのを、「HealthKit」というAPIをデベロッパーがアプリに組み込むだけで、Healthアプリと連携ができるようになります。Health Kitが組み込まれたアプリで得た情報を「Health」アプリで確認できますし、さらに集約したデータを元により効果的なワークアウト内容を提示してくれるとのこと。

また、アプリ間の連携強化だけでなく、ネットワークを利用する家電機器との連携をするフレームワーク「HomeKit」も公開しました。iCloud機能の充実や、iOSとMac OSの連携強化など、iPhoneをキーとし、様々なモノと繋がっていくようです。

他にも、Macユーザーには待望の、MacとiPhone間でAirDrop連携ができたり、近くにiPhoneがあるとMacから電話発着ができたりと、次々とiPhoneの機能性が外へ向かって拡張しています。今回発表された機能がどんな未来を見せてくれるのか想像するだけでワクワクしますね。
なお、これらの機能は、iPhone、iPad向けの基本ソフト・iOS 8※から搭載となります。秋頃のリリースを予定しており、恐らくこのタイミングで「iPhone 6」の発売がされるのではないでしょうか。
ちなみに、例年通りだと9月中旬頃を予定しており、今年も同じ時期になると予想されていますが、果たして!?
※すでにβ版は公開されており、こちらはiOS Developer Program 登録を行っている人(年会費8,400円)であれば、ダウンロードすることができます。

iOS 8の詳細については以下のサイトにてご確認ください。(全ページ英文)
iOS 8 Preview
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード