2014.6.5
ソフトバンクから登場・ロボット「Pepper」 6月6日より出勤開始!!来年には一般発売も
2014.6.5

ソフトバンクから登場・ロボット「Pepper」 6月6日より出勤開始!!来年には一般発売も

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
2014年6月5日、ソフトバンクは世界ではじめて「感情認識機能」を搭載したヒューマノイド・ロボット「Pepper(ペッパー)」を発表しました。
一般向け発売は2015年2月で、本体価格は198,000円を予定しています。



Pepper_画像01


Pepperは史上初の人間の感情を理解し、自律的に動くロボット。周囲の状況を把握する多彩なセンサーや独自のアルゴリズム、人の表情や声から感情を認識し学習する機能など、コミュニケーションに特化した機能とインターフェイスを備えています。



Pepper_画像02


触れ合った相手から読み取った感情はクラウドAIに集められ、集合知によりPepperは加速度的に成長。家族の一員としてだけでなく、ベビーシッターやパーティープロモーターのように活躍してくれるそうです。



Pepper_画像03


プレゼンテーション中、終始和やかな表情を見せる孫社長の隣で、饒舌に話すPepper。漫才のボケとツッコミを連想させるようなやり取りに、会場は大きな笑い声に包まれていました。孫社長の問いかけに対し、的外れな部分も見られましたが、今後の成長を十分に予感させてくれるものでした。
「Pepperは完璧じゃない。間違うけど、暖かく見守ってほしい」とは孫社長の談。



Pepper_画像04


会話のテンポも発する言葉のスムーズもさることながら、身体の動きが予想以上に滑らかなことにも驚かされました。
ロボットといえば、カク、カクとした動きを連想すると思います。しかし、このPepperは、人と変わらないスムーズで、得意のダンスも披露。トークだけではない芸達者さを見せてくれました。

孫社長は「ソフトバンクのビジョンは、愛を持ったロボットをつくること。家族の中で単に発するだけでなく、自らの意思で楽しませたり、励ましたりする。病気になったら自ら家族を助けなきゃというようになったりする情報発展の技術を行っていきたい」と、力強く語っていました。



Pepper_画像05


会見には、Pepperの開発を手掛けたアルデバランの創業者でありCEOのブルーノ・メゾニエ氏が登壇後、ソフトバンクのCMでお馴染みの樋口可南子さん、上戸彩さん、ダンテ・カーヴァーさん、初起用・橋本環奈さん、そして雨上がり決死隊の宮迫博之さんも登場。Pepperの多彩な芸とツッコミに皆さんタジタジになりながらも、Pepperの持つ可能性に胸を躍らせている様子でした。



Pepper_画像06


なお、Pepperは6月6日よりソフトバンク表参道およびソフトバンク銀座にソフトバンククルーとして“出勤”します。販売前に触れ合える貴重なチャンス。



Pepper_画像07


また、開発者向けにはPepperの機能を拡張するためのソフトウェア開発キットの提供を予定し、さらに2014年9月には技術仕様やアプリの開発方法を公開するテックフェスティバルの開催も計画しているようです。

続報がありましたら、スマホ部でもお伝えしたいと思います!
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード