2014.6.24
スマホを使って簡単スキャニング!SnapLiteを使ってみた
2014.6.24

スマホを使って簡単スキャニング!SnapLiteを使ってみた

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
2014年5月28日(水)にPFUより販売されている「SnapLite PD-SL01」。
オシャレなデザインと簡単にスキャンできるという機能性が相まって、発売以来各所で大人気の一品です。

iPhoneがスキャナー代わりに!

SnapLight_画像01


SnapLiteはiOS6以上のiPhone5、iPhone 5s、iPhone 5cに対応しています。専用アプリをインストールし、BluetoothをONにして使います。
SnapLite / app store



SnapLight_画像02


アプリを起動させるとiPhoneを本体にセットするよう指示されます。



SnapLight_画像03


iPhoneを本体にセットしBluetoothで接続されると、撮影モードへと自動的に切り替わりライトが点灯します。



SnapLight_画像04


SnapLiteは撮影可能範囲をレーザーライトでガイドしてくれる機能を備えています。



SnapLight_画像05


レーザーが照射された内側に原稿などをセットし、撮影位置が決定したら、SnapLiteの下部に光るリスのボタンを押すことでiPhoneのシャッターが切られる仕組み。
台座に置いて撮影するので、ブレることもありません。

アプリで傾き補正!立体物の撮影も可能

SnapLight_画像06


撮影サイズは基本的にA4までですが、それを超えるサイズの場合、2枚の写真を1枚に合成することができます(A3まで対応可能)。



SnapLight_画像07


また、撮影した画像が傾いていた場合、自動的に補正したり、不要な余白部分をトリミングできたりする機能をアプリに備えています。
操作はとても簡単。直感的に扱えるので、誰もが楽しんで撮影できると思います。

家庭用複合機のスキャナー機能と大きく異なるのは、立体物も撮影できるということ。
ネイルや自作のアクセサリー、さらには飛び出す絵本のようなものも、取り込むことができちゃいます!
これは個人的な感想ですが、通常のカメラ撮影よりもブレなく撮影ができ、ハッキリとキレイな画像が取り込めたと思いました。



SnapLight_画像08


撮影した写真はiPhoneのカメラロールに保存されるので、SNSでシェアしたり、メール等送ったりすることができます。
カメラロールを開いて共有するのではなく、編集したらただちに送信できるので便利だと思いました。
このようにメールやSNSへ手軽にシェアできるのは、スマホに連動した製品ならではといえますね。



SnapLight_画像09


また、SnapLiteの名が示すとおり、卓上LEDライトとしても利用することができます。
白色と間接照明色が用意されており5段階調光付きなので、用途に応じて使い分けることができます。
ミニマルデザインはデスクを彩るインテリアとしても活躍してくれることでしょう。
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード