2014.8.18
ソフトバンクと米Sprint 共同開発モデルを発表
2014.8.18

ソフトバンクと米Sprint 共同開発モデルを発表

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール






2014年8月18日ソフトバンクは、アメリカのSprint社との初シナジーとして共同開発した新機種2端末、新サービスを発表しました。

日米で発売!ソフトバンク独占販売の「AQUOS CRYSTAL」シリーズ








今回の発表会で一番目玉となったのが、「AQUOS CRYSTAL」シリーズ。ソフトバンク・Sprintで共同開発プラットフォームを開発し、制作された初のスマートフォンになります。







そのパートナーに選んだのが、液晶市場でAQUOSブランドとして海外でもファンが多いシャープ。シャープのフレームレス・スマートフォンをソフトバンクグループが独占販売することとなります。







日米で共同開発を行うことで開発コストが抑えられたり、基盤などの部品の調達コストを抑えられたり、と様々なスケールメリットが得られるとのこと。また、日米の技術者が開発を通して共に成長できるのは、開発において大きな資産になるのではないでしょうか。







私達、エンドユーザにとってもコスト面でその恩恵を受けられるようで、新規・MNPで実質0円で販売される予定。日本での発売は8月29日(金)発売で、8月19日(火)より予約開始、アメリカでは、Sprint、Virgin mobile、boost mobileの3ブランドから発売される予定です。







今回はシャープとの協業になりましたが、協業が可能なメーカーがあれば検討していきたいとのこと。今のところAndroidが中心となり、他のOSのWindows PhoneやFirefoxは未定、iPhoneのように独自性の高い端末は厳しいだろう、と言うのがソフトバンクの見解でした。

発表後の質疑応答で出てきたのが、日本とアメリカのニーズの違い。「日本ではおサイフ、ワンセグなど独自仕様を求めているユーザが多く、それが削がれるのはデメリットではないか?」という質問に対して、「日本独自仕様を必ず必要としているユーザは思っているほど多くない。それよりも調達のスケールを考えると、“AQUOS CRYSTAL”のような端末を市場に投入していくべきではないかと考えている」と回答していました。

ドコモユーザは日本独自仕様を重視しているユーザが多いことから、今後ユーザは欲しい機能が搭載されているかどうかも踏まえてキャリアを選ぶ時代になっていくのかもしれませんね。







今回発表された「AQUOS CRYSTAL」、「AQUOS CRYSTAL X」について詳しくは、スマホ部のレビューをご覧ください。


月額370円で日米の人気アプリを使い放題「App Pass」







ソフトバンク・Sprintが共同で開発・提供するサービスとしてアプリが定額利用できる「App Pass(アップ パス)」も発表しました。アプリの使い放題サービスは、ドコモでは「スゴ得コンテンツ」やauの「スマートパス」があり、ソフトバンクは後発になります。

「App Pass」が利用できるのは、Android 4.1以上を搭載している4G(LTE または AXGP)に対応したスマートフォンになり、月額370円でゲーム、エンターテインメント、ビジネスなど多彩なジャンルの人気アプリが使い放題になります。







また、毎月もらえる500円分(税込み)の「App Passチケット」で、「App Pass」からインストールしたアプリケーション内の有料アイテムなどを購入することもできるそうです。







この「App Pass」もSprintとの共同開発なので、日米で提供されます。日本だけでなく世界で人気アプリを国境を越えて楽しめる、というスケールメリットが得られそうですね。

「App Pass」は、日本では8月29日(金)よりサービスが開始されます。


今回、日米共同開発モデルを発表したソフトバンク。国民性もニーズも違う日本とアメリカのメリットを、どのようにお互いの国で活かし合うか。通信のグローバルカンパニーとして、今後はどのような展開を見せるか楽しみです。
人気スマホ ボーナス直前!どきどきセール

関連キーワード