2014.8.20
遺伝子解析サービスにIT系企業が参入するワケ
2014.8.20

遺伝子解析サービスにIT系企業が参入するワケ

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
2014年8月12日、DeNAの子会社である株式会社DeNAライフサイエンスは、一般消費者向けに遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」の提供を開始しました。また8月11日、ヤフーがDeNAに遅れること2ヵ月、この10月より同社が情報提供する「Yahoo!ヘルスケア」にて取り組み中の「HealthData Lab」プロジェクトにて個人向けの遺伝子解析サービスを開始すると発表。


遺伝子解析サービス_画像01

 

 遺伝子解析サービス_画像02



すでに欧米では広く知られている、遺伝子情報から病気のかかりやすさなどを分析する遺伝子検査ビジネスが、いよいよ日本でも大手IT企業の参入をきっかけに、大きな注目を集めるようになりました。
ところで、普通なら医療関連企業が多く参入しそうなこの分野に、なぜIT企業が注力しているのでしょうか?今回は、そのあたりの理由について考えてみます。

遺伝子検査ってどんなサービス?
そもそも遺伝子解析サービスは、利用者がWEBサイト等から申し込むことで送られてくる検査キットに、自分自身の唾液を入れて返送するという方法で検査してもらうものがほとんどです。


遺伝子解析サービス_画像03



サービス提供者は、その唾液から遺伝子情報を分析し、専門家によってがんや生活習慣病、その他疾病リスク、肥満や肌質といった体質のほか、様々な項目について分析し、病気の予防法、適切なダイエットなど、利用者自身の遺伝子情報に基づいた健康アドバイスをしてくれる、将来の健康管理に役立つサービスです。
多くのサービスは、これらの解析データを利用者すべてWEBサイトで閲覧できるよう、インターネットを介して情報を提供してくれます。
つまり、申込みから結果報告までの流れがインターネットのサービスに合致しているといえます。この親和性の高さが、IT企業の得意とする点であり、参入するきっかけにもなりそうです。しかし、理由はそればかりではありません。

遺伝子情報は個人情報の固まり!!
そもそも遺伝子情報というのは、個人情報の固まりです。将来発症する可能性のある病気、体質等、ともすれば人には知られたくない秘密の情報でもあります。
遺伝子情報自体が、とてつもなく大きなデータであり、人間ひとりの遺伝子情報は、いわゆるビッグデータに匹敵する情報量です。もっとも遺伝子解析サービスでは、そのうちの病気、体質に関する一部の遺伝子情報のみ解析を行うサービスですので、遺伝子すべてを解析するものではありませんが、それでも情報量は半端なく大きなものになります。
こうしたことから、そのデータはセキュリティ上最もしっかりしたシステムで扱わなければ、非常に危険なものとなります。遺伝子情報を解析するにあたっては、コンピュータによるデータの分析が必須であり、その扱うデータのセキュリティに関しても、最上級の堅牢性が問われる分野です。
つまり、遺伝子検査サービスに参入するには、データの扱い、セキュリティが最も大切なノウハウであり、必要不可欠な技術になります。多くの参入企業がIT企業なのは必然であり、かつ得意分野であるという点も特筆すべき点ではないでしょうか。
逆にいうと、この手のサービスを受ける予定の利用者は、まずは個人情報を扱う企業として適切な企業が行っているサービスかどうかを見極める必要があります。幸い、ネットにて遺伝子検査サービスを開始している多くの企業は、WEBサイト上でセキュリティに関する情報を公開しています。サービスを選ぶ際は、その点に注意してみるといいでしょう。
また、参入企業にとっては、遺伝子検査サービスにて収集した遺伝子分析情報があらゆるビジネスへと結びつくことも想定しています。たとえば、発症しやすい病気をかかえる利用者に対して適切なアドバイスのほか、それらの関連ビジネスを提供できるようになるかもしれません。最も適したダイエット方法を提供できる可能性があるのも、情報を持つ企業だからこそできるビジネスでしょう。
情報の質の高さや精度、ニッチ具合で生計を立てている企業にとって、この上ないビッグデータ、宝の山が遺伝子情報には眠っているという判断し、参入しているわけです。
いずれにしても、リスクを加味したうえで受けるか見極めたいところです。
■DeNA ニュースリリース■DeNAライフサイエンス 「MYCODE」■Yahoo!ヘルスケア「HealthData Lab」プロジェクト
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード