2014.8.22
ドコモ 間伐材を使った「夏休み工作教室」に行ってきました!
2014.8.22

ドコモ 間伐材を使った「夏休み工作教室」に行ってきました!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール






8月21日(木)、22日(金)と両国にあるNTTドコモ歴史展示スクエアにて、小学生を対象とした「夏休み工作教室」が開催されました。この工作教室は、間伐材を使って森の動物達を作るワークショップで、実際に間伐材に触れることで自然の大切さを学ぶのが目的です。







最初にNTTドコモ歴史展示スクエアの西木館長より、間伐材について紙芝居を使ってわかりやすく説明していただきました。間伐は、森を育てるために必要な作業であること、間伐材は自然に優しい素材であることをみんなで学びます。

NTTドコモでは、南三陸町の間伐材を使ったドコモダケグッズを発売するなど、被災地の森林保全活動にも力を入れています。今回使う材料も南三陸町の間伐材です。

そして、いよいよお楽しみの工作の時間です。







まずは、南三陸町からやってきた間伐材や松ぼっくりを各々選びます。ぱっと集める人もいたり、ひとつひとつ形を吟味する人もいたり、素材選びだけでも個性が出ます。







材料を取ってきたら、みんなすぐに作り始めます。もう何を作るのか、頭の中で出来ているんですね。インスピレーションの赴くまま手を動かせるクリエイティビティに、大人たちもビックリです。






講師の先生のアドバイスをもらいながら作品を仕上げたり、保護者の方と一緒に楽しく作ったり、会場は大賑わい。1個では物足りず、2個も3個も作る人がいて、子どもたちの集中力の凄さに終始圧倒される1時間でした。

ではここで、参加した皆さんの力作をご紹介しましょう。







ハリネズミ、クマ・シカ・ウマ、カブトムシ、そして、右下はなんとドコモダケ!それぞれインパクトのある作品になりました。







パンダやハリネズミ、シカなど実際の動物もいれば、頭の中の架空の動物を作ったり、子ども達の柔軟な想像力はすごいですね。








工作の時間の次は、歴史展示スクエアに展示されている歴代の移動通信機器を、西木館長の説明を受けながらみんなで見学します。
初めて見る大きな携帯電話に子ども達はビックリ。保護者の皆さんは「懐かしい」と盛り上がります。







実際にショルダーフォンを肩にかけてみたり、大きな携帯電話を持ってその重さにビックリしたり。携帯電話の歴史を、身を持って体験できる、またとない機会ですね。








最後に、みんなで「しゃべってコンシェル」を体験します。
スマホに話しかけるだけで、答えてくれる「しゃべってコンシェル」は子ども達にも大好評。みんな夢中でスマホに話しかけていました。

間伐材を通して、自然の大切さを学んだ「夏休み工作教室」は、子ども達の豊かな発想力と好奇心いっぱいの、笑顔あふれる楽しいイベントでした。










NTTドコモ歴史展示スクエアは、携帯電話の歴史を時代の出来事と一緒に紹介する展示から、ドコモが提唱するスマートライフを体験できるコーナー、ドコモの環境や安全への取組みについての映像など、体感しながら学べるコンテンツをご用意しています。詳しくは、NTTドコモ歴史展示スクエアのホームページをご覧ください。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード