2014.10.7
CEATEC 2014で見つけた、ドコモが描く未来図
2014.10.7

CEATEC 2014で見つけた、ドコモが描く未来図

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
2014年10月7日から11日まで、幕張メッセで行われている「CEATEC JAPAN 2014」にNTTドコモがブースを出展。先日のドコモ発表会でも紹介されていた「Runtastic for docomo」、さらには現在研究中の新技術や次世代の通信方式である「5G」、間もなく販売を開始するiPhone用「おサイフケータイジャケット」などの展示を行っていました。ドコモが描く未来の一端を垣間見ることができます。



CEATEC2014docomo_画像01


歩きスマホとはサヨナラ!手のひらで感じる地図「YUBI NAVI」

CEATEC2014docomo_画像02


まず注目したいのが「YUBI NAVI」です。これはスマホと連動したリモコンのようなスティックを手に持つことで、画面を見なくても目的地へと導いてくれるというもの。



CEATEC2014docomo_画像03


曲がり角に近づくと、手に握ったYUBI NAVIが「ブルッ」と震えた後、本体が右へ左へとねじれてどちらの方向に行けば良いか教えてくれます。地図を見ていても曲がり角を通り過ぎてしまい、引き返すことの多い筆者のような人にとっても心強い味方となってくれると思いました。画面を見なくても済むので、最近問題となっている「歩きスマホ」の解決にも一役買ってくれる可能性のある技術です。



CEATEC2014docomo_画像04


また、YUBI NAVIスティックを握ると、通話などで繋がっている相手のYUBI NAVIが反応して本体の一部が隆起。通話先の相手が手をぎゅっと握ってくるような感覚を疑似体験できます。担当者の話によると、これは2020年に行われる東京オリンピックを見据えたもので、言葉によるコミュニケーションがなかなか取りづらい状況であっても、海外から来た人たちが簡単に目的地へ到着できる、といったような触覚を通じた新たなユーザー体験を提供してくれます。


今までのカーナビの概念を超えた対話型車両エージェント

CEATEC2014docomo_画像05


これまで車などのナビ機能といえば、自分が行きたい目的地を伝え、そこまでの道順を教えてもらうというものでした。しかし、この「対話型車両エージェント」は一味違います。なんと、車(スマホ)のほうからドライバーに話しかけ、運転時の右左折を指示するだけでなく、周辺の情報やドライバーを気遣うような言葉をかけてくれます。


CEATEC2014docomo_画像06


アプリ側でデータを持つのではなく、通信によりサーバー側でドライバーの言葉を処理します。これにより、想定されるドライバーからの言葉以外にも何かしら反応を返してくれます。今回は男性の声によるナビゲーションでしたが、仕組みとしては女性の声にすることも可能とのこと。ナビアプリでもあるようなアニメキャラクターなどが対話型エージェントとして運転時のパートナーになってくれる日も遠くないのかもしれません。


ウエアラブルデバイスは健康管理のパートナー


CEATEC2014docomo_画像07


参考展示品のひとつとしてあったのが「皮膚アセトンによる健康管理」です。専用のデバイスを腕などに密着させることで、体脂肪の燃焼指標となる生体ガス成分(アセトン)を測定します。



CEATEC2014docomo_画像08


日々の皮膚アセトンを測定することで、利用者の体質に合わせたトレーニングメニューの作成や、食事メニューのアドバイス、生活習慣の改善などに役立てることが期待されます。



CEATEC2014docomo_画像09


生活習慣が乱れがちな筆者も体験したところ、「脂肪が燃えていません!今日はジョギングをしてみましょう」というアドバイスを貰いました。毎日測定することで、健康に対する意識を変えてくれそうですね。



CEATEC2014docomo_画像10


こちらは12月に発売予定の「Runtastic for docomo」。機能や使い方など気になっている人は、詳しい内容について会場で聞いてみてはいかがでしょうか?


LTEの約1,000倍!新しい通信方式5Gに期待!!



CEATEC2014docomo_画像11


LTE Advanceの次の通信方式・5G(第5世代移動通信方式)の仕組みについてのデモを展示していました。2020年にサービス提供を目指しており、現在の通信方式であるLTEの約1,000倍の速度にあたる10Gbpsでのデータ通信を可能にしてくれるものです。



CEATEC2014docomo_画像12


増加する通信や、より多くのデータ通信を必要とするサービスに対応すべく、世界的に研究が進められており、ドコモは国内外の企業と協力し、一丸となって早期の実現化を目指しています。快適な通信環境は、私たちユーザー誰もが願うところ。通信料金の安さも重要ですが、サービスの根幹を担うインフラの整備・充実にも注目していきたいですね。



CEATEC2014docomo_画像13


他にも、先日発表されたiPhoneでもおサイフケータイが使える「おサイフケータイジャケット」や、VoLTEの音質体験、災害時の取り組みなど、ドコモが現在提供しているサービスだけでなく、将来に向けての取り組みに触れることができるCEATEC JAPAN 2014。11日まで開催されているので、ちょっと未来の景色を見に出かけてみてはいかがでしょうか。 
NTTドコモ CEATEC JAPAN 2014
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード