2014.11.14
イルミネーションをiOS 8機能「タイムラプス」で撮ると?
2014.11.14

イルミネーションをiOS 8機能「タイムラプス」で撮ると?

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
昨年560万人を迎えた東京ミッドタウンの冬の風物詩「クリスマス・イルミネーション」が今年もやってきました!






8回目となる今回の見所は、ミッドタウンクルーズ。50万個のLEDを使ったダイナミックで地球から宇宙への旅を演出。中でも「スターライトガーデン 2014」は、2000m2の敷地に敷き詰めた18万個ものLEDの光の中で、日本初のイルミネーション装置「スティックイルミネーション」を264本使い、そのうち6本は可動式。最大4mの高さを駆け抜け、流れ星のように動きのある光で幻想的空間へといざなってくれます。






計3分30秒のショーを一通り見るなら、小高いところからがおススメです。・シーン1:宇宙の始まり(30秒)・シーン2:銀河飛行(60秒)
・シーン3:無重力の世界(60秒)・シーン4:時空を超える旅(60秒)







他にも、水面に映るゴールドカラーが美しいツリーイルミネーションや、






東京ミッドタウンのレストラン側を彩ってくれるスターライトロード、






ウェルカムイルミネーションなど鑑賞エリアが点在。


宮沢りえさん-1



宮沢りえさん-2


今年の点灯式には、毎年こちらのイルミネーションを娘さんと共に訪れるという宮沢りえさんが登場。「このエリア(スターライトガーデン内に設けられた特設ステージ)入れないんですよね!」とおおはしゃぎ。



宮沢りえさん-3


あまりに嬉しくて、点灯式の場で思わず自撮りをするおちゃめな一面も。「愛のあふれるクリスマスをお過ごしください…また!」と、照れながらコメントする様にギャラリー一同きゅん(ハート)




 





ミッドタウン・クリスマスの公式サイトでは、混雑情報を情報を表示してくれています。こちらを参考に訪れてみるといいでしょう。


スマホでイルミネーションを撮るには?さて、スマホ部では、このイルミネーションをスマホで美しく撮る方法はないかと考え、iOS 8から搭載された「タイムラプス」と「スローモーション」を使い、試しに撮ってみました。

タイムラプスとは、iOS 8搭載のデバイスで撮った映像を超高速で再生してくれる機能。ものの1~2分では上の動画のように、あっという間に終わってしまいます。見ていると、めまぐるしくて目が回りそうですね^^;しかも、速度の指定ができないので、ただ撮ることしかできません。調整したい人はタイムラプスを編集できるアプリを使うといいでしょう。また、両手でおさえて撮ったとしても、屋外は風が吹いたりしてブレるので、固定するアイテム等必要です。


一方、スローモーションはというと、牛歩の牛歩。手前のイルミネーションより、奥の歩いている人達を見ると、テンポがいかにゆっくりか分かります。そして、タイムラプスに比べて映像がぼやけているのも気になります。
iPhoneでイルミネーションを撮るなら、スマホにも使える三脚で固定し、通常「ビデオ」を選択するのが賢明と言えるでしょう^^;







ミッドタウン・クリスマス 2014は12月25日まで。ぜひ会場であなただけの素敵な映像やショットをおさめてみてください。
nova3

関連キーワード