2015.2.17
メイド・イン・安曇野。新生Vaio、進撃開始!!
2015.2.17

メイド・イン・安曇野。新生Vaio、進撃開始!!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
2015年2月16日、VAIO株式会社(以下VAIO)はSONYからの分社後、初となる完全オリジナルモデルのノートPCとタブレット型PCの発表を行いました。


VAIO発表会_画像01


2014年7月に誕生したVAIOは、SONYの国内PC生産拠点だった長野県・安曇野にあり、「安曇野finish」という言葉を掲げ、企画から製造、製品チェックに至るまでの全てを自社で手がけ、文字通り「社員全員で創った」と言えるパーソナルコンピューターです。

自由だ。変えよう。「究極の道具」を目指した最高のVAIO今回発表となったのは、ノートPCの「VAIO Z」とタブレットPCの「VAIO Z Canvas」の2種類。


VAIO発表会_画像02


まずは、この日より予約を開始した「VAIO Z」の特徴から。VAIO ZはSony時代のVAIO PCの最高スペックを表す「Z」シリーズの遺伝子を受け継いだモデル。昨年SONYからの発売としては最後となったVAIO FIT 11/13Aとほぼ同じデザインながら、スペック面では大きな進化を果たしています。



VAIO発表会_画像03


VAIO Zは「最高のアウトプットを求める人へ」というテーマのもと、3つのコンセプトが与えられています。
01.圧倒的なレスポンスを持つ「道具」02.一日中、どこでも完璧な仕事ができる「道具」03.ユーザーの新たな可能性に応えられる「道具」
スマホやタブレットといったデジタルデバイスが当たり前になり、最近ではPCを必要としない人も増えてきました。しかし、「PCでしかできないこと」というのは、まだまだ沢山あります。今回のVAIOが目指したのは、そうしたPCならではの性能です。高パフォーマンスを保ちながら、高密度実装技術・放熱設計技術を活かして、モビリティやスタイリッシュさを実現した「究極の道具」であるということ。


VAIO発表会_画像04


分かりやすく性能がアップした例をあげると、ディスプレイの色表現能力です。sRGB100%カバーの鮮やかな色表現は、見る人に大きな感動を与えてくれることでしょう。余談ですが、筆者は、VAIO株式会社が分社化される前の最後のVAIOを使用しており、僅か1年足らずでここまでの性能に上げてきたことにとても驚きました!



VAIO発表会_画像05


新生VAIOのこだわりは、性能面だけではありません。日々の「使い心地」にまでしっかり配慮。キータッチ音は従来品と比較し、とても静かでありながらも打鍵感が良く、強くキーを叩かなくてもしっかりとタイプできました。この感覚は実際に触って確かめてもらいたいポイントです。


VAIO発表会_画像06



VAIO発表会_画像07


また、企業とのコラボレーションを行っているVAIOですが、このVAIO Zでもそうした取り組みが実施されます。それがアパレルセレクトショップ/ブランドのBEAMSとのコラボモデルです。BEAMSのコーポレートカラーであるオレンジを大胆に配色したモデル。こちらはBEAMS 4店舗とソニーストアにて展示・受注の開始を予定しています。

・クリエイターと「共創」した、もうひとつのZ


VAIO発表会_画像08


VAIOのWebサイトで数々のクリエイターが使用しているシーンが紹介されながらも、発売に関してこれまで未定だった「VAIO Prototype Tablet PC」が、「VAIO Z Canvas」という正式名称を与えられ、いよいよ5月に販売することが決定しました。


VAIO発表会_画像09


クリエイターと共に創る「共創」とうい新しい商品プロセスを用いられた本製品。通常、発売前の製品を販売日前に使ってもらうという事はあっても、クリエイターから上がってきた声を受け、製品仕様などを変更するというのはこれまでの常識からは考えられませんでした。これもSONYを離れ、自由を得たことで実現できたことの1つです。


VAIO発表会_画像10


このモデルでは、イラストレーターや写真家、漫画家にアニメーターなど、異なる職種の人たちの現場で文字通り「Canvas」として、プロのレベルの創作を可能にするスペックを装備。どんなシーンでも、活躍してくれるとのこと。
その性能を実証するかのように、『聖☆おにいさん』の作者である漫画家:中村光さんが本製品を用いて描いた作品が、2015年2月21日発売の「モーニング・ツー」の表紙を飾ります。すでにVAIOのWebサイトでは、完成前の部分的な使用風景の動画が公開されていますが、全貌はまだ見えてきていません。どのような作品に仕上がっているか、非常に楽しみです。


VAIO発表会_画像11


タッチアンドトライコーナーで、筆者もVAIO Z Canvasを同梱されているデジタイザースタイラスペンを用いて書き心地を体験してみたところ、とても気持ちの良いものでした。書いた文字がワンテンポ遅れて反映されるということは一切なく、まるで紙にペンで書いているかのように即時に反映。筆圧も自動的に検知してくれ、これがデジタルであるということを忘れさせてくれました。


VAIO発表会_画像12


また、スペックの高さを3DCG描画ソフトの使用時に感じました。スペックが足りてないと、動作がモタついてしまいますが、そうした引っかかりやモタつきは一切なく、使っていて大変楽しいと感じました。これだけスムーズに動いてくれたら、創作意欲というのが高まっていくことと思います。
さらにクリエイターに朗報。VAIOでは、クリエイターに向けたサポートプログラムを実施する予定で、詳細については近日発表するとのこと。どういう内容になるのか?大変興味深いですね。


VAIO発表会_画像13


さて、気になるお値段ですが、VAIO Zが19万円からで、VAIO Z Canvasは20万円代後半という価格。スペックから考えると、この価格というのはある意味納得できるものではありますが、ここ数年PCの価格というのは大幅に下落しており、市場のニーズとしては大きくはありません。しかし、こうしたPCを必要とする層は確実に存在しており、そうした目的の人たちの心に強く刺さる商品であったと使ってみて感じました。多くのPC、ガジェットファンから熱い視線を集めるVAIO。「新生VAIOの快進撃はここから始まった」と、言われる日になるのでしょうか?


VAIO発表会_画像14


なお、VAIO株式会社は、格安SIMサービス「b-mobile」を提供する日本通信に向けSIMフリースマホの提供を行います。こちらの発表は近日中に日本通信から行われるということなので、詳細が分かり次第お伝えする予定です。
詳細を見る

関連キーワード