2015.2.27
国内最速225Mbpsへ。ドコモ「PREMIUM 4G」で快適アクセス!
2015.2.27

国内最速225Mbpsへ。ドコモ「PREMIUM 4G」で快適アクセス!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

詳細を見る
2月25日、ドコモはデータ受信時最大225Mbpsを実現するLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」を3月27日よりスタートさせると発表しました。


4G_画像01



「LTE-Advanced」とは、既存のLTE技術を拡張することで、更に高速化・大容量化を実現する通信方式のひとつ。この日は、ドコモ 取締役常務執行役員の大松澤 清博氏が登壇。「225Mbpsになぞらえ、2月25日を発表に選んだ」と、開催の裏話を披露後、プレゼンへと移りました。
「PREMIUM 4G」って何?PREMIUM 4Gの特徴は大きく2つ。「速さ」と「快適さ」です。


4G_画像02



それぞれ下記のとおり。


4G_画像03

 

4G_画像04



1)速さ
ドコモの4つの周波数帯である1.5GHzと2GHz、800MHzと1.7GHzをそれぞれ組み合わせることでできる2つのキャリアアグリゲ―ションで国内最速225Mbpsを可能に。これにより、約400MBの動画をダウンロードする際、docomo LTEだと約34秒かかっていたものが約20秒と、これまでの60%に短縮されたとのこと。


4G_画像05

 

4G_画像06



2)快適さただ速いだけでなく、安定した通信速度を追求。従来のLTEでは基地局の端付近で速度が低下していたそうですが、通信が混みやすい箇所に基地局を置くことで、実効速度が従来のLTEと比較して70%向上。
具体的にはカバー範囲の広い基地局の中に狭い基地局を置く「アドオンセル(セル=電波の届くエリア)」という技術を使い、端末利用者が使用する電波を効率よく連携させ安定性の向上を図り、加えて前述のキャリアアグリゲ―ションで速度の低下を防ぎます。このように電波を効率よく制御する仕組みを「高度化C-RAN」と言います。
3月27日「PREMIUM 4G」をスタートさせる地域と対応機種は?

4G_画像07



全国22都道府県38都市の都市部から開始し、各地域の混雑状況を見ながら順次拡大の予定とのこと。詳しいサービス提供地域については以下参照ください。>>さらに速く!広く!ネットワーク強化進行中!/NTT docomo


4G_画像08



ちなみに都内はJR山手線主要駅周辺より順次展開。混雑の激しい東京、新宿、渋谷、品川、新橋、池袋などの駅からスタートするようです。配備されないエリアでも各基地局の電波をフルLTE化し、これまで以上に安定した環境を作り上げるとのこと。


4G_画像09



対応端末は2月18日に販売を開始したモバイルルーター、HW-02G(写真:左)と、3月発売予定のL-01G(写真右)からスタート。スマホの対応については2015年度の早期に投入が予定されています。最短だと夏モデルの一部からということなのでしょうか?
2015年度内には300Mbpsへ

4G_画像10



ドコモは2015年度内に300Mbpsという、データ通信のさらなる高速化を目指しています。こうしたスピードアップの先には、国際社会における次世代通信規格5Gを先導していきたいという想いもあります。


4G_画像11



5Gの前に、まずは4Gを試してみたい!という方は、東京・丸の内(ドコモラウンジ)、名古屋・栄(スマートフォンラウンジ)、大阪・梅田(グランフロント大阪)のショップで、サービス提供予定の速度より速い262.5Mbpsによるデータ通信を3月より体験できます。詳しい日程については別途WEBサイトなどでアナウンスとのこと。
詳細を見る

関連キーワード