2015.5.13
新世代のスポーツ、「e-Sports」って知っていますか?
2015.5.13

新世代のスポーツ、「e-Sports」って知っていますか?

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
5月3日、賞品賞金総額1,000万円となるe-Sports(イー・スポーツ)大会「GO-ONE 2015」をアソビモ株式会社が開催。スマホ向けオンラインゲームタイトルを用いたe-Sportsの大会は国内で初めての試みです。


e-Sports_画像01


大会に用いられたタイトルは、同社が提供する人気MMORPG「アヴァベルオンライン」をはじめ、現在テスト公開中の2作品「X-world(クロスワールド)」と「GODGAMES(ゴッドゲームス)」。参加したプレイヤーたちは「最強」の称号を目指し、白熱のバトルを繰り広げていました。

e-Sportsって何?


e-Sports_画像02


ところで皆さんは「e-Sports」という言葉を見聞きしたことはありますか?e-Sportsとは「electronic sport」の略で、直訳すると「電子のスポーツ」、つまりコンピューターゲームを使って競う新世代のスポーツジャンルです。
アメリカや韓国を中心とした諸外国では、e-Sportはすでにポピュラーなものになりつつあり、競技人口は5,500万人以上存在しているといわれています。また、サッカーや野球、バスケットボールといったプロスポーツと同様にプロチームがあったり、プロプレイヤー1人ひとりにスポンサーがついていたりも。


e-Sports_画像03


そうしたプロプレイヤーが一堂に会する大会では莫大な賞金が懸けられており、選手の中には1億円を超える賞金を獲得する人も。その為、大会が行われる国では、子供が憧れる職業の1つに挙げられるまで成長しているそうです。
ゲームセンターの大会とは規模や賞金、そのスケールが全くの別物!実際に海外で行われている大会では、日本の大晦日に開催されていた格闘技の祭典のような豪華さ。憧れの職業といわれるのも無理もないように思います。
なお、e-Sportsで利用されているのは主にPCを使ったゲームで、その種類はFPSと呼ばれる1人称シューティングゲームや、RTSというリアルタイム戦略ゲーム、さらにはストリートファイターに代表される格闘ゲームや、スポーツゲームなど多岐にわたります。各ゲームにスタープレイヤーが存在し、プロならではのスーパープレイの数々にファンたちは酔いしれているようです。


スマホでのe-Sportsはいかに?


e-Sports_画像01


さて、アソビモが開催した「GO-ONE」はゲーム会社が主催するイベントと性質が異なり、e-Sportsの大会として行われたため、お祭り的なノリというのはやや薄いように感じました。途中、エキシビションマッチが開催され、初めてゲームに触れたという人もスマホならではの簡単操作と、用意されたゲームパッドのおかげでスムーズにプレイしていました。
高い習熟度が必要なPCを使ってのe-Sportsと違い、「手軽に本格プレイが楽しめる」というスマホならではメリットがよく活かされていたのは、今後、スマホ向けe-Sportsが盛り上がっていくためには欠かせない要素ではないでしょうか。


e-Sports_画像01


また、会場には、アヴァベルオンラインのプレイ動画にも出演するマックスむらい氏や、各ゲームのCV(キャラクターボイス)を担当する声優さんたちが登場し、大会に華を添えました。
しかし、初めての試みということと、国内におけるe-Sports認知度がこれからということもあり、来場者数は少々寂しかったのがいささか残念なところ。また、本大会が3月の発表で、開催が5月という短いスパンの中で行われたことも、来場者数の物足りなさに繋がったのかもしれません。
とはいえ、実際に参加していた人たちは、いつもは回線の向こう側にいる対戦相手と顔をつき合わせてのプレイを楽しんでいるように映りました。
今でこそ世界中の人たちが固唾を飲んで見守るようになった大会も、スタートした当初は参加者・観客ともに寂しいものだったと聞きます。主催のアソビモにとって今大会がどのように捉えられているかはわかりませんが、今後も大会を続けてもらい、日本のe-Sportsの発展に貢献して欲しいと、ゲーマーでもある筆者は強く願うところです。
GO-ONE 2015 / アソビモ
nova3

関連キーワード