2015.5.19
モバイルインターネットのコアに-ソフトバンクモバイル発表会
2015.5.19

モバイルインターネットのコアに-ソフトバンクモバイル発表会

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
5月19日、ソフトバンクモバイルは、ソフトバンクブランドとワイモバイルブランド双方の新商品とサービスの発表会を行いました。また、7月1日よりソフトバンクと名を変える同社の今後の方向性について、新社長である宮内学氏から発表がありました。
 

ソフトバンクモバイル発表会


ソフトバンクブランドでは、まずAndroid4機種をフルラインナップ。1つはソニーの「Xperia Z4」、もう1つは他社よりカラーバリエーションを1つ増やしたサムスンの「Galaxy S6 edge」(ソフトバンク初)。あとの2つはソフトバンク用のモデルで、シャープの「AQUOS Xx」「AQUOS CRYSTAL2」です。



ソフトバンクモバイル発表会


「AQUOS Xx」は、S-PureLEDによる5.7インチのディスプレイを搭載しながら、狭額縁設計により5.5インチ相当の本体サイズを実現した、ハイエンドフラグシップモデル。実際に持ってみると、驚くほど画面が大きいのに、不思議と手のひらに収まっている感じがあります。
「AQUOS CRYSTAL2」は、昨年フレームレスディスプレイで驚かせてくれた「AQUOS CRYSTAL」の第2弾。フレームレス構造はそのままに、5.2インチに画面サイズアップをしたほか、前回非対応だった防水、ワンセグ、おサイフケータイにも対応しています。



ソフトバンクモバイル発表会


端末以外では、「モバイルシアター」と呼ばれる、Androidを搭載し、LTEに対応した小型プロジェクタを発表。基本的にAndroidタブレットにプロジェクタ機能が付いたもの、といった感じの製品のため、Androidで出来ることはすべて、なんの制限もなくプロジェクションできるのが面白いところです(本体上面にある液晶とプロジェクションされる映像は同じもの)。
6300mAhのバッテリーを装備しており、電源なしで3時間の使用が可能。最少5インチから、最大120インチまで投影ができます。また、モバイルバッテリーや、モバイルルータとしても活用できるとのこと。



ソフトバンクモバイル発表会


もう1つ、デジタルフォトフレーム「PhotoVision TV」が「PhotoVision TV2」にバージョンアップ。浴室でもテレビが見られることで便利だった同端末ですが、スマホへの録画番組書き出しのほか、Wi-Fi Directで接続したスマホへ、リアルタイムでの番組映像の送出が可能になりました。逆にスマホで録画したものも観られるようになっています。


ソフトバンクモバイル発表会


ワイモバイルブランドでは、マイクロソフトのタブレット端末「Surface 3」のLTE版を発表。世界で初めて、モバイルキャリアで発売されることになります。マイクロソフトの代表執行役である樋口泰行氏が応援に登壇し、「フルPCの性能を持ったタブレット。新しい生態系の核となる、超戦略商品」と力強くコメント。
 

ソフトバンクモバイル発表会


サービス面では、モバイルeコマースに力を入れるとして、全てのソフトバンクユーザーが、煩わしい認証を必要とせずにYahoo!ショッピングを楽しめるようになると発表。
モバイルeコマースが広がらない理由は、「会員登録、ログイン、カード決済処理が面倒」だと分析。ソフトバンクの端末からアクセスすることで、会員登録もログインもカード決済も必要のない、スマートなサービスを提供するとしました。
Yahoo! JAPAN IDを持っている人は当然ですが、持っていない人でも事前の登録をせずにログインが可能(スマートログイン)で、決済もソフトバンクの支払いにまとめられるとのこと(スマート決済)。これは2015年10月以降、ソフトバンクのすべてのスマホで対応します。 



ソフトバンクモバイル発表会


応援に登壇した、ヤフーの代表取締役・宮坂学氏は、昨年行ったeコマース革命(初期費用、毎月の固定費、売上ロイヤリティの無料化)によって、Yahoo!ショッピングのみで売り手が2万から28万に、商品点数が0.6億から1.6億に増加し、日本最大の売り場になったと説明。
「次は買う人を増やしたい。登録の面倒くささなどを解決したい」という想いがあった中で、ソフトバンクユーザーに対して、スマートログインを提供するとのこと。また、7月以降はソフトバンクユーザー向けに1億ポイントプレゼントキャンペーンを開催するそうです。 

ソフトバンクモバイル発表会


次に、新規のサービスとして、「パーソナルブレーン」を発表しました。これはIBMが開発した「Watson」を活用した、様々なブレーンサービスです。Watsonは膨大なデータベースを利用したコグニティブテクノロジーで、ユーザーからのオーダーに合わせてデータを解析して提示してくれる、AIのようなインタフェイスを持ったシステムです。
これをもとに、例えば、自分の体調や症状から病気の判定を行ってくれたり、自分の病歴や健康状態から適切な食事や健康管理を指導してくれたり、はたまた自分の知識や理解度をベースに試験の最短の合格プランを示してくれたり…といった、従来にはなかった新たなサービス展開が可能となってきます。
「戦略的パートナーと一緒になって、スマホの上にWatsonを」と宮内氏。いつもそばにあるスマホが生活の価値を向上させる手助けになること、「情報革命で人々を幸せにすること」がソフトバンクの一貫したビジョンだと語りました。
 

ソフトバンクモバイル発表会


また、今回、他社がガラケーやガラホを出してくる中、ソフトバンクではそういったラインナップがないといった指摘に対し、「ニーズはあるので、順次少数だけど出していく。だが、本質的にはガラケーは必要ないのではないか」と宮内氏。
例えば60代のスマホユーザーは数%しかいない。本当は使ってみたいと思っているのに、ほんの少しの分かりづらさの部分がバリアになって、使えずにガラケーに戻っている人が多いのではないかと分析。今後、ショップを中心にスマホエヴァンジェリストのようなスタッフを置いて、それらの解消にあたっていきたいとのこと。 

ソフトバンクモバイル発表会


ソフトバンクとしては、今後スマホユーザーをどれだけ増やしていけるかを目標にしていくとのこと。「純増数を追いかけていた時もあったが、スマホを着実に増やすことが大事」端末の特異さよりも、スマホによってユーザーが感じられる価値を伸ばし、ソフトバンクであることのメリットから、利益につなげたいとのこと。
確かにハードウェアの技術や、OSなどは各社ともに差異がなくなってきている状況のなか、そのキャリアだからこそ得られるベネフィットが重要になっていく、そこで仕掛けていく、という戦略性が感じられた発表会でした。
nova3

関連キーワード