2015.5.21
渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!
2015.5.21

渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
5月18日、渋谷の商業施設「cocoti」にてピッチイベント「Sprout #5」が開催されました。Sproutは「発芽する!渋谷発プレゼンプラットフォーム」を切り口に、色々な”場”や”人”を巻き込みながら、”一番新しいコトの発信源・最先端シブヤ”を担う文化の一つになるべく、BtoCベンチャーを応援するコミュニティ。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!


ツクルバとIBMが協力して展開するインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」とのタイアッププロジェクトとして月に1度開催しています。

Sproutを支える人々

渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



Sproutは、支援組織「SproutX」で構成されており、Deloitteトーマツベンチャーサポートが成長支援、IBMが技術支援、ツクルバは空間支援をしています。前回のSprout #4で優勝したSAKETIMESは酒類を支援。



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!


今回、場所を提供した東急電鉄・磯辺氏は「東急電鉄では、駅ビル・商業施設を建ててきたが、それ自体が大切なことではなく、どんな人がそのビルに訪れ、どんな価値が提供できるのかを考えている。地域貢献につながる施設を重要視していきたい」とし、2017年に開業予定のクリエイター向け住居と商業を兼ね備えた地域貢献施設を紹介。2020年までに渋谷駅周辺はさらに再開発が進むとのこと。


ユーザーを魅了するには、長い言葉なんていらない!

渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



Sproutの特徴は何と言ってもプレゼンテーション方法にあります。登壇者は10枚のスライドを用意し、1枚20秒毎に自動で切り替わる合計200秒でプレゼンするのがルール。いかに限られた時間でメッセージを伝えて人々の心を掴めるかといった、ちょっとしたゲーム要素が盛り込まれているのです。
Sprout #5の登壇者は以下6団体。与えられたテーマは「ちょっと先の未来」で、この中からユーザー投票で優勝者が決まります。
1)ちょっと先の未来では自動ライフログでその日を振り返る「SilentLog」 by レイ・フロンティア2)ちょっと先の未来ではwebでジャストサイズのスーツが購入できる「La Fabric」 by ライフスタイルデザイン3)ちょっと先の未来では徒歩5分圏内のすべてがみつかる「Pathee」 by tritrue
4)ちょっと先の未来では離れた人の状態をわかってコミュニケーションをする「Nain」 by Nain5)ちょっと先の未来では大事なものはなくさない「MAMORIO」 by 落し物.com6)ちょっと先の未来では人工知能がファッションコーディネート「PRIMODE」 by 空色


人生を無意識のうちに記録最初に登壇したのが、「SilentLog」のレイ・フロンティア。「人生を記録できるとしたら、どうなるでしょうか?過去に遡って思い出し、時間の使い方を精査できるようになります」(CCO・澤田氏)


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



先日発作が起きた時、問診で医者に色々なことを聞かれたものの、SilentLogがあったおかげで、いつどこで何があったか答えることができ、ライフログの重要性を改めて感じたそうです。
SilentLogでは、バックグランド上でデータを取得しているため、ユーザーが改めて入力することは必要なく、継続して記録が取れます。会場からは「プライバシーにおいて、特定の時間帯だけオフにする機能をつけてほしい」との意見がありました。

気軽にオーダーメイドで服が作れる時代に次に登壇したのが「La Fabric」のライフスタイルデザイン。代表取締役の森氏は身長186cmあることで、服のサイズが合わず購入を諦めた経験が幾度となくあることがサービスを立ち上げるきっかけに。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



「デザインは好きだけど、サイズが合わない。もしくは違う色が欲しいという要望に応えるサービスがこのLaFabricです」(森氏)既存メーカーの服の型データを持ち、全身15箇所を調整することで見事なフィット感を生み出すスキームを考案。


徒歩5分圏内のすべてが見つかる続いて登壇したのは、「Pathee(パシー)」のtritrue(トライトゥルー)。GoogleやYahoo!等屋外で検索エンジンを使うと、検索結果が多すぎるうえに同一の内容ばかり出て、さらには関係ない情報も出てくるなど、欲しい情報を見つけれられないことがある経験をもとに、全ての情報と位置情報を紐づける検索エンジン「Pathee」を開発。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



「クローラーを開発し、今年中には1億ページ以上のインデックスを取り終える予定」(CEO・寺田氏)「全世界の空間情報を整理して、あなたの手に届ける」をミッションとするtritrueは屋外のGoogleを目指しているとのこと。
離れていても互いのことが分かる「誰かに連絡を取ろうと思った時、『今、大丈夫?』や『今、どこにいる?』から会話が生まれることが多い。そんなコミュニケーションはスマートじゃない』と声高に叫ぶのは、離れている人の状態が分かる「Nain」を開発中のCMO・小濱氏。AppleWatch装着時には、今自分の状況をほんの1秒で更新できるサービスに。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



「Nainを使うことで、相手の今の状況が分かるので、空気の読んだコミュニケーションを生み出すことができる」(小濱氏)
デバイスに付いている各種センサーから情報を分析し、更新を実行するので、ユーザーの手間が少ないことをアピール。

なくすを、なくす。みんなで、さがす1年間に警察に届けられる落とし物の数は約2,380万個。約1.5秒に1個の割合で届けられており、年々増加傾向にあるといいます。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



累計アクセス70万の日本最大・遺失物ポータルサイト「落し物.com」を運営する、代表取締役・増木氏も物をなくした経験があるものの、探そうと思った時に直面するのが、「なくした場所がわからない」ということ。



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



そこで開発したのが、世界最小の追跡タグ「MAMORIO」。iBeaconにより、タグとスマホが一定期間離れるとアラートがくる仕組み。なくした際には(1)みんなでさがす機能をオン (2)誰かが見つける (3)紛失場所を自動更新 (4)みんなで探すから、見つかる!とのこと。


自分に合うコーディネートを提案「皆さんモテたいですか?外見はとても重要です」と話すのは、「PRIMODE」を展開する空色代表取締役の中嶋氏。
服の数もコーディネートも星の数ほどあれど、誰にファッションの相談をしたらいいのか分からず、自分に合うコーディネートもできないし、店員に尋ねるも店が売りたい商品をコーディネートされるなど、利用者目線ではないところがあることを指摘。 


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



PRIMODEでは、利用シーンに応じて得意とするコーディネートをチャットで相談すれば、スタイリストが提案してくれます。まずはJUNグループと提携し、随時増やしていくとのこと。



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



さらに中嶋氏は、ユーザーだけでなく、アパレル店員の多くが悩む「低賃金」「店長以上のポストがない」「年齢とブランドの乖離がある」ことに目をつけ、EC上でWEB接客を提供し、Win-Winの関係を築くことを狙っています。

以上、6組のピッチを終え、栄冠を手にしたのは、「MAMORIO」by 落し物.com。


渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



SAKETIMESを展開する、clearの生駒氏(右)からトロフィーが授与。



渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



IBM特別賞は2社。「PRIMODE」 の空色と、「La Fabric」 by ライフスタイルデザインが選ばれました。景品は次回の司会者の服をコーディネート・制作すること。「PRIMODE」を使ってコーディネートし、La Fabricでオーダーメイド服を作ることに。

取材を終えて

渋谷発スタートアップピッチイベント「Sprout」がアツい!



種類や軽食を交えながらのイベントは100名以上の参加者であふれかえり、注目度の高さがうかがえました。ベンチャーとユーザーの距離も近く、イベントに関わっている人達が真剣にかつ楽しそうに取り組んでいたのも印象的でした。渋谷の渋谷による渋谷のための文化形成はさらに拡充していくものと思われます。
nova3

関連キーワード