2015.10.2
買いたてiPhone 6s PlusをSIMロック解除しSIMカード挿してみた
2015.10.2

買いたてiPhone 6s PlusをSIMロック解除しSIMカード挿してみた

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
9月25日に発売されたiPhone 6s / iPhone6s Plusは、iPhoneで初めてSIMロック解除が可能になりました。キャリア3社で唯一、発売直後の現時点でのSIMロック解除にも対応しているドコモを例に、iPhone 6s PlusのSIMロックを解除し、MVNOのSIMを挿して使ってみました。


2015年3月以前にSIMロック解除した回線であれば、iPhone 6s / 6s Plusの発売日にSIMロック解除ができることを指します


※画像はイメージです。
iPhone 6s / iPhone6s Plusは3D Touchやカメラ性能向上などの優れた機能で注目を浴びていますが、サービス面でも重要な特徴があります。それは、iPhoneでは初めてのSIMロック解除です。


2015年3月以前にSIMロック解除した回線であれば、iPhone 6s / 6s Plusの発売日にSIMロック解除ができることを指します


※画像はイメージです。
SIMロック解除は2015年5月以降に発売された機種が対象で、新規購入や機種変更から6カ月が経過すると可能になります。iPhone 6s / 6s Plusが解除できるのは最短で2016年3月以降ですが、ドコモにのみ例外のケースが存在します。それは、過去6カ月以前にSIMロック解除の実績がある回線なら、即日での解除が可能なこと。今年3月より前にSIMロックを解除したことがあれば、発売したばかりのiPhone 6s / 6s Plusでもすでに解除ができるのです。

WEB手続きなら無料でSIMロック解除SIMロック解除の手続きはWEBから無料で行えます。店頭や電話でも手続きできますが、その場合はどちらも3,000円の手数料がかかってしまいます。
実際にSIMロック解除をしてみました。ドコモのオンライン手続きを行うサイト「My docomo」から行います。「My doocomo→オンライン手続き→その他→SIMロック解除」の順番でたどります。


ドコモSIMロック解除画面


SIMロック解除対象外であればエラーが発生し、OKであれば上のような画面に。



ドコモSIMロック解除を行う機種の製造番号を入力


機種の製造番号を入力。



ドコモSIMロック解除手続き内容を確認


注意事項を確認後、チェックを入れると登録画面に進みます。





ドコモSIMロック解除受付確認メールの送信


受け付け確認のメールアドレスを選びます。



SIMカード


ドコモのSIMカードから、他社のSIMカードに入れ替えます。



アクティベーションが必要です


「アクティベーションが必要です」と表示されたら、そのまましばらく待機。



SIMロック解除完了


終了したらSIMロック解除も完了です。外から見ると“SIMフリー化”したかどうか分からないので、必ず他社のSIMカードを挿して確認してみましょう。

MVNOのSIMカードを使う場合は構成プロファイルのインストールを忘れずに大手キャリアのSIMカードであれば、SIMロック解除後に挿してすぐの使用が可能です。MVNOが提供するSIMカードを使う場合は各社サイトからの構成プロファイルのインストールが必要なので、Wi-Fi環境での設定が推奨。iOS用の構成プロファイルは、MVNO側で動作確認が取れている場合各MVNOのサイトにファイルが置かれていることがほとんどです。
<iOS用の構成プロファイルを置いているMVNO>
OCN モバイル ONE iOS 9 構成プロファイルIIJmio iOS 9 構成プロファイル日本通信 iOS 9 構成プロファイルmineo iOS 構成プロファイル

©SIM通
nova3

関連キーワード