2015.10.6
話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー
2015.10.6

話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー

モバイルプリンス
モバイルプリンス
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
9月25日に発売されたiPhone 6s/6s Plus。使い勝手はどうなのか、iPhone 6sを1週間ほど使ってみました。



話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー




新色ローズゴールドは質感がよく、男性もOK!


話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


iPhoneは2年に一度の周期でフルモデルチェンジを行ってきましたが、今回はそうではないタイミングのマイナーチェンジ。デザインなどは昨年発売されたモデルの踏襲ですが、新色のローズゴールドが登場しました。質感がよく好みはあるにせよ男性が使っていても違和感のない色合い。

画素数アップで更に前へ進んだカメラ機能iPhone 6s/6s Plusの注目したいポイントのひとつは、カメラ機能の向上です。画素数は800万画素から1200万画素へとアップしました。
 

話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


暗いところでは多少くすみが出ますが、見た目に近い色味を再現できます。ズーム機能を考慮しなければミドルスペックまでのコンパクトデジタルカメラとの置き換えも可能かもしれません。



話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


また、iPhoneシリーズ初となる4K動画の撮影・再生に対応しています。撮影した動画は従来のフルHD(1920×1080)の4倍となる3840×2160ピクセルで保存が可能です。
4K動画は高解像度な半面、再生機器の普及が進んでいないのも現実です。iPhone 6sの画面解像度は1334×750ピクセル、iPhone 6s Plusの画面解像度が1920×1080ピクセルのため、せっかく4K撮影してもiPhone 6s/6s Plusでの視聴は持て余し気味です。



話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


4K動画はファイルサイズも大きくなります。フルHDで約1分の動画を撮影すると132.1MBなのに対し、4Kで撮影した同尺の動画は378.5MB。ファイルサイズは約3倍で、3分間撮影をすれば約1GBに膨らみます。
そのため「スマホで4K動画は時期尚早」との評価も聞こえてきますが、やはり4K動画の魅力は大きいです。例えば、子供の動画の撮影時などです。現時点で普及していなくても、5年後や10年後には再生機器や技術がもっと浸透しているはずです。そのときに残念な思いをしないためにも、高解像度で保存できるならそれに越したことはないと思われるからです。



アイデアが面白いRetinaフラッシュ4K動画以上に役に立ちそうなのが、Retinaフラッシュです。



話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


インカメラ撮影時に画面が明るく光り、フラッシュ代わりになる機能。真っ暗な場所でも、ここまでしっかり顔が認識できるほど光ります。想像以上の明るさで、フラッシュを搭載せずにユーザビリティを上げるというアイデアは素晴らしいです。

Live Photosは積極的に使っていくべきカメラ機能で最大のユニークなのはLive Photosです。シャッターを切る前後の1.5秒を動画でも保存する機能で、カメラを起動した時点で録画が開始、シャッターを切った時点で1.5秒より前が切り捨てられます。
そのままの状態でSNSなどに共有できないのが不満点ですが、集合写真の撮影時など「ハイチーズ!」の声とともに被写体たちの表情がしっかりと残され、その場を切り取ったような雰囲気で楽しめます。

発展途上の3D Touch


話題の新機能はいかほど?iPhone 6sレビュー


4K撮影機能とともに話題を集めたのは、「押せるタッチパネル」の3D Touch。大いに期待し早々に購入しましたが、1週間使ってみると使用頻度は低いことがわかりました。
その理由の一つは、対応アプリの少なさ。プリインストールされているApple謹製アプリでさえも、対応は半分程度です。サードパーティー製のアプリでもTwitterやDropboxなど一部のみで、使いたくても使えないのが現状のようです。
もうひとつは「慣れ」の問題。3D Touchという新機能に身体がまだなじんでおらず、操作する際考えてしまうのと、3D Touchに対応しているアプリが少ないので、まだその効力を発揮できていないということ。結果、慣れ親しんだ非3D Touchで操作することがまだまだ多く、4K同様、時期尚早さが否めません。

iPhone 6s/6s Plusは買いか!?iPhone 6s/6s Plusの新機能を中心に見てみましたが、スマホとしてのバランスを考えると全てが高水準で万人にオススメできる機種だと思われました。
同時に日本では、昨年モデルのiPhone 6/6 Plusの両機種の金額も下がってきています。特にMNPで携帯電話会社を乗り換える場合などは0円のセールなども行っており、iPhone 6s/6s Plus との性能差以上に、価格差を感じるのも事実です。
半年前に発売されたサムスンのGalaxy S6 edgeは、iPhone 6s/6s Plusに勝るとも劣らないカメラ性能とハイパフォーマンスさを見せながら、iPhone 6s/6s Plusなどと同じく特価で販売されています。
こうした「高性能だけど特価モデル」の存在を考慮すると、iPhone 6s/6s Plus一択、とは言いきれないのが難しいところです。
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード