2015.10.23
賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに
2015.10.23

賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
10月22日、六本木ニコファーレにて、「闘会議2016&闘会議GP 発表会」が開催。闘会議での各種ブースや企画、闘会議GP参戦の新ゲームタイトルの発表、および総額1億円に及ぶ賞金についての発表がありました。


賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに


闘会議2016とは、何でもありのユーザ参加イベント「ニコニコ超会議」のうち、ゲーム部分だけを独立させたもの。開催は2016年で2回目となり、1月30〜31日の2日間で行われる予定です。 
一口にゲームといってもその幅は広く、コンシュマー機だけではなく、PC、スマホ、アナログゲーム、あっちむいてホイなど、ゲーム性のあるものすべてがターゲット。 



賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに


発表会は、ドワンゴ取締役・夏野剛氏のほか、運営長・中野真氏、運営チームの伊豫田旭彦氏、奥井晶久氏の4人で行われました。 



賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに

 闘会議2016では、新たにゲーム音楽の演奏などが行われる音楽ステージ、通貨「ゴールド」(かもしれない)でのフードコートを発表。このほか、詳細は出なかったものの、闘会議TVステージ、闘会議GPステージが追加になるとのこと。 



また、既存発表エリアに関しての詳細も。懐かしハードで遊べたり、巨大コントローラーで遊ぶコーナー、アナログゲームエリアでプロ騎士との多面指しなど、レアな体験ができるようです。



賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに


注目の1つは「マインクラフト」でユーザが独自に作ってしまった新国立競技場で、マイクラ大運動会を開催。建築士の資格を持った人が、CADで起こして設計して、総勢142名が参加して作り上げています。 



賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに


闘会議GPは、ゲームタイトルの1位を決めるグランプリ。各地での予選後、決勝大会をこの闘会議GPで行う形です。開催タイトル20の発表が行われた後、賞金総額1億円と発表されました。 
中でもその半額を占めるのが「モンスターストライク」。1チーム4名参加で、優勝チームには2,000万、準優勝チームには1,000万、3位チームに600万、ベスト8敗退4チームに200万という、国内前代未聞の賞金総額の高さ。日本国内2,000万のユーザがいるモンストの1位がこれで決まる!?


賞金総額1億円!前代未聞の「闘会議2016」全貌が明らかに

 
「パズドラ」のインターナショナルチャンピオンシップでは、優勝旗にオリジナル金メダル、準優勝に銀メダル、3位に銅メダル、また決勝戦出場者全員にオリジナルNew ニンテンドー3DSが贈呈されます。





デジタルコンテンツEXPO 2015


「モンスターギア」ブキバッカ王国ハンター選手権では、優勝チームに1,000万、準優勝チームに400万、ベスト4に200万、ベスト8に50万の総額2,000万円が授与。



デジタルコンテンツEXPO 2015


「本気で税金の心配しないといけないね」と夏野氏からのツッコミに、中野氏は「その辺もサポートできたらと思います」と答え、安心して参加できることも併せて伝えられました。 



デジタルコンテンツEXPO 2015


入場券は22日の20時より発売中。今回新たに「団体入場券」が発行されることも伝えられました。15名以上での申し込みのほか、40名まで人数の追加ができるとのこと。一人当たり1,500円と、金額的には前売りと同じです(当日は2,000円)が、団体専用入口より優先入場できるとのこと。優先入場券は1,600円なので、それより若干お得です。 



デジタルコンテンツEXPO 2015


ゲームをゆっくり楽しむもよし、ゲーム音楽やユーザー参加イベントで文化的な楽しみをするのもよし、バトルで勝ち上がっていくもよしの闘会議2016&闘会議GP。2016年1月30〜31日に幕張メッセ1〜6ホールで開催予定。新しいゲームの魅力を見つけられる2日間になるかもしれないですね。 

nova3

関連キーワード