2015.11.12
10時間バッテリー駆動と12.9インチディスプレイのiPad Pro発売
2015.11.12

10時間バッテリー駆動と12.9インチディスプレイのiPad Pro発売

房野麻子
房野麻子
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
iOSデバイスで最大となる12.9インチのディスプレイを備えるiPad Proが、11日にAppleのオンラインストアで発売となりました。価格はWi-Fiモデル32GBの94,800円から、Wi-Fi+Cellularモデル128GBの128,800円までとなっています。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。なお、Wi-Fi+Cellularモデル128GBは14日からドコモ、au、ソフトバンクでも販売されます。


12.9インチディスプレイのiPad Proが発売、9万4800円から

12.9インチのディスプレイを備えるiPad Pro。シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色がラインアップ。

大型ディスプレイと最新のチップセットでPC並みの使い心地前シリーズのiPad Air 2が9.7インチのところ、iPad Proは12.9インチとiOSデバイスでもっとも大きなディスプレイを搭載するのが特徴です。解像度は2,732×2,048ピクセルとなり、表示できる情報量が78%アップしました。ピクセル密度はiPad Air 2と同じ264ppiの高精細なRetinaディスプレイです。大型にもかかわらず、重さはWi-Fiモデルで713g。


12.9インチディスプレイのiPad Proが発売、9万4800円から

余裕のある大画面。動画から文字まで美しく表示する高精細なRetinaディスプレイ。 パフォーマンスの要となるチップセットは、新しい64ビットのA9Xを採用しています。iPad Air 2で使用されているA8Xと比較すると、CPU性能で1.8倍、GPU(画像処理)性能は2倍アップしたとされ、ノートPC並みのパフォーマンスが期待できます。にも関わらず10時間のバッテリー駆動時間は維持しているので、これまで通り安心して使えます。
背面のメインカメラは8メガピクセル、FaceTime用のインカメラは1.2メガピクセルと、カメラのスペックはiPad Air 2から変わっていませんが、今回、iOSデバイスとして初めてステレオスピーカーを搭載しました。様々な使われ方を考慮して、本体の四隅に4つのスピーカーが配置されており、向きに応じて高周波の方向が自動的に調整されます。動画やゲームを臨場感たっぷりに楽しめそうです。


12.9インチディスプレイのiPad Proが発売、9万4800円から

新しい高性能なチップセットA9Xを採用し、リッチなコンテンツも快適に楽しめる。ステレオスピーカーによる臨場感あるサウンドが、より気分を盛り上げてくれる。

専用アクセサリーも同時発売iPad Pro専用のアクセサリー、Apple PencilとSmart Keyboardも同時に発売となっています。
Apple Pencilは非常に細い線から微妙な濃淡まで、自在に描けるスタイラスです。iPad Proは、指を使って入力しているのかApple Pencilを使って入力しているかを判別し、Apple Pencilを感知すると1秒間に240回もの速さでシグナルをスキャンします。これによって、指を使っているときの2倍の情報をとらえることができ、素早い反応と繊細な描画が可能になっています。バッテリーは充電式で、Apple Pencilのマグネット式キャップ内にあるLightningコネクタをiPad Proに差し込むことで充電できます。15秒間充電するだけで30分間使えるようになります。


12.9インチディスプレイのiPad Proが発売、9万4800円から

傾きと筆圧の両方を感知することで自在な描画を可能にするApple Pencil。
Smart Keyboardは、カバーやスタンドにもなるキーボードです。キーボード本体にバッテリーはなく、iPad Proの側面にあるSmart Connectorを介してデータと電力をやり取りします。薄さ4ミリですが、キータッチにこだわり、快適に入力することができます。また、キーの間には隙間がなく、水と汚れに強い構造になっています。
価格はApple Pencilが11,800円、Smart Keyboardは19,800円です。

3キャリアの価格を比較iPad Proは、Wi-Fi+Cellularモデル128GBがドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアからも販売されます。支払い総額(一括価格)、実質負担額とも、3社でわずかですが異なっています。一括価格、負担総額がもっとも高いのはドコモです。auは一括価格がソフトバンクよりも少ないものの、毎月の割引も少ないので、負担総額はソフトバンクより120円高額になっています。負担総額が一番少ないのはソフトバンクです。しかし、それでもドコモより600円安いだけです。
 ドコモauソフトバンク分割支払(24回)
(一括/総額)5,805円/月
(139,320円)5,795円/月
(139,080円)5,800円/月
(139,200円)毎月の割引
(割引総額)2,700円/月
(64,800円)2,710円/月
(65,040円)2,720円/月
(65,280円)実質負担金
(負担総額)3,105円/月
(74,520円)3,085円/月
(74,040円)3,080円/月
(73,920円)
iPad Pro本体の価格は3社で差がほとんどありませんので、料金プランの選び方が大切になってくるでしょう。データ通信プランで最適な容量を選び、無駄なく使うことがお得につながります。
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード