2015.11.19
ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入
2015.11.19

ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール
アメリカや韓国を拠点に人工知能技術開発を行っているAKAは11月18日、友だちのように会話しながら英語を学習できるロボット「Musio」を日本で初披露しました。2020年の東京五輪開催に向けニーズが高まっている子供向けの英語教育教材として、日本市場参入を目指します。



ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入


Musioはクラウドファンディング「Indiegogo」での開発資金調達時、突出した技術で世界中の注目を浴びて目標額を大幅に上回る金額を獲得。人間レベルの人工機能を基盤に新たな情報を学ぶことができるソフトウェア「Muse」を搭載しており、英語で話しかけると過去に交わして蓄積された会話などから推測して返答し、スムーズなコミュニケーションをとることができます。顔認識やウェブ検索機能、過去の会話からユーザの性格や好みを記録する能力を備えており、冗談を交えた会話をすることも可能です。



ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入


ネイティブに近い英語を学習するという目的から、英単語を正しく発音できているかチェックする機能も。間違った発音をしてしまっても録音機能を使用して、繰り返し練習や確認が可能となっています。発音精度は調整できるので、年齢や習熟段階にあわせた発音練習にも取り組めます。



ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入


IoT連携しているため、専用デバイス「Sophy」で専用教材を読み込むと、発音を聞きながら通常の英語教材のように単語を学べたりテストができたりも。英語で「算数をしている教室はどこ?」といったクイズが出題されるなど、楽しみながら学習が可能で、成果はスマホでも確認できます。
日本法人のディレクター、Brian氏は「正しい英語でコミュニケーションをとれる、かわいいロボット。日本の英語教育に革新をもたらすはず」。専用教材は現在、子供向けのみ用意しているそうですが、同社では資格試験用など大人向けの英語サービスも所有しているため「対応は可能。今後コンテンツの用意を進める予定」(Brian氏)とのこと。



ロボットと話すうちに英語が上達!?「Musio」日本市場参入


Museはオープンイノベーションのため、Iotの幅も広げていきたい意向。一部のスマート家電のとの連携はすでにすすめているそう。同社CEOのRaymond氏は「子供のころ、日本の漫画やアニメが大好きだった」と明かし、「鉄腕アドムやドラえもんのような、人間と友だちになれるようなロボットを作りたくて、ようやくここまでこられた。ロボットは、感情を分かち合える友だちになろうとしている」と話していました。
格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード