2016.1.4
正月太りやアレルギーは腸内細菌で改善?「マイキンソー」
2016.1.4

正月太りやアレルギーは腸内細菌で改善?「マイキンソー」

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
食べたいと感じたものは体が欲しているものだと思っていた。この本や検査結果と対峙するまでは――近年、ビジネスパーソンを対象に「ベストパフォーマンス」と「食」を結びつけた本が多く出版されるようになりました。代表的なのが、累計600万部の大ベストセラーとなった「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」。15年間で30万ドル以上投じ、著者自ら体験しながら得たバイオハックの情報をまとめています。


 株式会社サイキンソー 代表取締役・沢井悠氏

株式会社サイキンソー 代表取締役・沢井悠氏
本をめくると、「痩せるか太るかは『腸内細菌』で決まる」「『腸内細菌』を飢えさせると、脂肪が燃える」のように、「腸内細菌」という言葉が何度も出てきます。腸内細菌とはどういうもので、体にどんな影響を与えるのか?日本初・自宅でできる腸内細菌叢(腸内フローラ)検査キット「マイキンソー」を提供する株式会社サイキンソー 代表取締役・沢井悠氏(以下、沢井)と、子宮筋腫の手術後、極端に食の嗜好が変わり、ほぼフルーツのみ食す生活を送っている仮称・エリさん(41歳。以下、エリ)にマイキンソーを体験してもらい、インタビューを敢行しました。

研究職より事業家を選択―バイオに活路を見出す――東京大学時代から今に至る経緯を教えてください。
沢井:大学では化学に携わっていました。学んだことを活かすのであれば、LEDやHDDという分野の研究職が多いのですが、僕はビジネス寄りのことをやりたいと思っていました。そんなとき、たまたま知り合い経由で再生医療ベンチャーのプロジェクトを手がけていたイーソリューションズ株式会社の代表にふらっと会いに行ってふらっと就職することになって。そこではじめて「バイオ」という領域に触れました。バイオはちょうど黎明期にあったので、活路を見出し、ゆくゆくは自分で何かやりたいと思っていました。
そのあと株式会社ジナリスに転職し、DNA解析に触れました。その技術が腸内細菌にも応用できることが分かって、遺伝子を応用する領域に勘所があったので、そこで事業化しようと思いました。
 


 株式会社サイキンソー 代表取締役・沢井悠氏


遺伝子検査は当時からメジャーになっていて、消費者向けにダイレクトにヘルスケアのサービスできるのが面白いと思っていました。ただ、バイオ関連の事業はどうしてもBtoBになってしまいます。技術ありきでスタートするので大きな会社と提携し、数年後にコンシューマ向けに展開というやり方が一般的です。でも、それだと年数もコストもかかるので、もっと軽くやりたいなと思っていました。そこでコンシューマ向けのサービスを作って展開しようと思い立ちました。

――腸内細菌に絞ったのは?
沢井:遺伝子検査はプレーヤーが揃っていて、後発かつスタートアップの参入は難しかったのですが、一番大きな転機はアメリカのプロジェクトです。人の遺伝子を解読するために30億ドルも投入された「ヒトゲノム計画(2003年終了)」に次ぐ微生物のプロジェクト2011年「ヒトマイクロバイオームプロジェクト」があって、そこから派生した世界ができることを前職で学び、次くるビジネスがこれかなと思ったんです。便の研究でも知られている、生物学者の辨野義己先生の本を読んで、「こんなことをつくろうと思っている」とご本人に長文メールをお送りしてお会いしたりして固めていきました。
それから、アメリカのサービス「uBiome」をベンチーマークしていて、腸内細菌検査のビジネスが成立するという感触がありました。uBiomeは世界中に検査キットを提供しているのですが、腸内細菌は生活習慣や食べているもの、人種的背景をすごく受けるので、日本発アジア圏に出ていくことに意義があるかなと。グローバルにはこういうプレーヤーがいるけど、日本がそれなりにDNAで成功している分野でもあるのでやってみようと思いました。


――前職で新規事業的にやろうとは思わなかったのでしょうか?



マイキンソー検査キット

「マイキンソー」検査キット。ウェブサイトでキット番号の登録や生活習アンケートに答えたあと採便し、返信用封筒に入れて送ると4~6週間後にウェブサイトで結果の閲覧ができる
沢井:そういう機会は限られていました。ある程度ビジネスはできあがっていましたが、新しいことをやる余裕がありませんでした。一社目がベンチャーだったので、ゼロからつくることも一回やってみたかったんです。2014年11月会社を立ち上げたのですが、このときは何もできていませんでした。そこからサービスのカタチを決めて必要なパートナーと組んで、8月26日から9月28日までクラウドファンディング「Makuake」で募りました。おかげさまで目標100万円に対し463万円集まりました。

――訪日外国人向けに医療観光などのサービスも出てきていますが、そういうものと組んでみたりなどは? 
沢井:そうですね、実際に病院から引き合いもいただいています。

――4週間から6週間後に検査結果をオンラインで確認できるので、結果が出るまで日本にいる必要もないですものね。では、その結果が出た後にどのようにしていけばいいのか、検査を受けてもらったエリさんの結果を見ながらアドバイスをいただいてもよろしいでしょうか。
沢井:わかりました。

酪酸菌の増加と腸内細菌の多様性が健康への近道――エリさんは今日もフルーツしか食べていないんですよね。
エリ:はい。2年前から断食道場に興味があって行ったりしていましたが肉がやめられなかったんです。それと砂糖中毒の気があって、ロールケーキとか1ホールを恵方巻きのようにパクパク食べていました。そしたら体重20kg増えちゃって(笑)。2015年5月に子宮筋腫の手術をしたのですが、そこから食生活が変わって肉が食べられなくなりました。そんなとき、フルーツだけで生きている方の情報を手に入れて、「人間ってフルーツだけでも生きていけるんだ」と思って実践してみました。ただ、サイキンソーの検査をしたときは、フルーツ以外にパン(全粒粉)や穀物(発芽玄米)、魚を口にしていました。
 


正月太りやアレルギーは腸内細菌で改善?「マイキンソー」


沢井:食物繊維はある程度入れていたということですね。
エリ:そうですね。だいたい海鮮丼とフルーツという構成で、ちょっと会社でお菓子をつまみはしましたが(笑)この1ヶ月間は1食に限定せず、スムージー(リンゴ、バナナ、キウイ、アサイー、ブルーベリー、旬のフルーツ組み合わせ)が常ですね。

――食べる時間を決めているのですか?
エリ: 午前中は排泄の時間だから食べず、午後から口に入れます。お通じはまったく問題ないですよ。

――本人的には健康なんですよね?
エリ:はい。キックボクシングも週2~3回やっています。ピークから7カ月で11kg減りました。





酪酸菌の増加と腸内細菌の多様性が健康への近道


沢井:それはすごいですね。(エリさんの結果を見ながら)特徴的なのは「酪酸菌」ですね。要注目菌なんです。30.38%と平均を超えていますよね?酪酸菌が多いとお腹の中のストレスが減る方向にいく菌で、あまり知られていないのですが、健康に関するんじゃないかといわれているんです。ここの値がいいので、なるほどなと思いましたね。
エリ:少食にしつつもキックボクシングを1時間やっても疲れないのは酪酸菌のおかげということですね。
沢井:そうですね。多様性の数値も悪くないですね。

――腸内細菌の多様化とは、いろんな菌がいても受け入れる度量があるということですか?
沢井:そうです。色んな菌が豊富でバランスよくいるということですね。個人差が大きいと言われていますが、近年コンセンサスとして表現されるのは100兆個ですね。

痩せ菌ってあるの?
エリ:私、乳製品をやめました。


FB比(ファーミキューテス/バクテロイデーテス比)


沢井:(検査結果を見ながら)やめたから脂肪代謝系の菌が減っているのかも。脂肪をとっているかがそれを栄養とする乳酸菌などの増加につながるという捉え方ですが。
エリ:2007年、他社の遺伝子検査を受けたことがあるのですが、そのときも「太りにくい結果」と出ました。でも子どものころから肥満児だったんですよ。なんでだろう?
沢井:FB比(ファーミキューテス/バクテロイデーテス比)は海外の論文で肥満度と相関していると報告されているため検査結果に載せているのですが、どうも日本人にはあてはまらないように思いますね。

――ヨーグルトひとつとっても色んな菌がありますが、この菌を使ったものが自分の体に合うと断言できたりするものなのでしょうか?
沢井:そこまでテストを重ねていないので明言できないですが、いずれは言えるようになると思います。参考意見として聞いていただくとすると、食物繊維の摂取を続けてほしいですね。
エリ:ビフィズス菌ゼロだったりするけどそんなに悲観的になることないですかね?
 


エクオール


沢井:そうですね、個人差ありますから。実はぼくも乳酸菌が少なくて酪酸菌が多いんです。エリさんは、エクオール菌の値がゼロですね。これは大豆を食べたときに体に効く成分に変えてくれる菌です。大豆のなかのある成分「ダイゼイン」が菌によってエクオールに変えられて、エクオールが体にいい作用を及ぼすとされているのですが、実はエクオール自体「増やせない」といわれています。
エリ:糞便移植しかないですかね?
沢井:糞便移植は治療でしかできないんですが、そのまま移植しても菌が入れ替わらないんです。いまいる菌を抗生物質で殺してゼロにしてから他の方の糞で移植することをやるんです。いますごく研究されていて、どういう人が効いたりするとかまでははっきりしていないようなんですけどね。まったくの他人だと感染症が怖いので、身内に限定していたりとかはあるようです。
エリ:生きている間に痩せる菌を持っている人がいたら移植したい!
沢井:痩せ菌といわれるものがいるようなんですが、もうちょっと実験必要かなと。それが明らかになったら、エリさん移植しそうですね(笑)





正月太りやアレルギーは腸内細菌で改善?「マイキンソー」


エリ:私自身、1日に取得する成人女性のカロリー量を下回っていると思うのですが、最近体重が下げ止まりになってきています。食べても痩せている人の腸内細菌ってどうなっているんでしょうね?45歳になる知り合いは165cmで45kgなんです。
アレルギーも腸内細菌と関係が?沢井:そうですね。そういう方にも一度「マイキンソー」で明らかにしていただけると分かりやすいかもしれませんね。ところで、体調を崩されたときの生活習慣はどのようなものだったのですか?
エリ:むちゃくちゃでした。肉食系で暴飲暴食、胃もたれが常にあってお酒も大好き。アル中一歩手前でタバコも吸っていました。花粉症を鎮める薬やビタミン剤、痩せる漢方なんかも飲んでいました。トンカチで殴られるんじゃないかと思うほど偏頭痛もすごかったので、1個300円する薬も処方箋として出してもらっていました。いまはお酒もたばこもすべて絶っていますし、偏頭痛もアレルギーも一切ありません。体重が減っても変にげっそりするわけでもないですし。
沢井:たとえば花粉症やアトピー等のアレルギーは腸内細菌に関係するといわれています。相関関係の研究がまさにされているところです。これから花粉症の季節なので、そのあたりきちんとデータをとりたいですね。それからエリさんの場合、菌ががんばって健康維持をされているイメージがあります。フルーツのみだとしても、いまのバランスがいいんでしょうね。
エリ:よかった!


株式会社サイキンソー 代表取締役・沢井悠氏


沢井:でも、当時の腸内細菌見てみたいですね。もう1回悪くなってみません(笑)?
エリ:なんという悪魔のささやき!おそろしい(笑)

――沢井さん、だいぶおもしろがってますよね(笑)
エリ:ここから私、もっとよくなりますから(笑)ピークが74kgでいま63kgです。私の身長155cmだと52kgが標準体重(BMI)なので、まだ減らせるし減らしたいです。でもこの3日間、忘年会が続いていたから(取材日:12月28日)それ以外も口に(ごにょごにょ)……お酒は飲まず、ウーロン茶とサラダとお魚少し。お肉はいっさい摂っていないです。とはいえ、フルーツ生活にしてから外食が難しくなりました。コンビニやファーストフードにも一切行かなくなりました。今後も定期的にマイキンソーを受けて、泣き顔マークの細菌を笑顔にしたいですね。



シリコンバレー式 自分を変える最強の食事


沢井:ちなみに結果のうち、多様性の質は森林の密度で表現されるんです。一番多いと「アマゾン」マークになります。

――サバンナもありうるってことですか?
沢井:あります。砂漠の人もこの間見ましたよ。アイコンを用意しておいたのですけど本当にいるんだなって思いました。

――P型とか関係ないんですかね?
<論文の引用>R型:日本人に多く見られるB型:アメリカ人や中国人に多く見られるP型:中南米に多く見られる
沢井:そうですね、我々のデータによると、日本人でもB型が多いんです。僕も繊維質の多い食生活を送っていてP型なんですが、この「○型」というタイプはあまり気にしなくていいかと。僕も手術したんでビフォーの腸内細菌を計りたかったですね。エリさん、やっぱりもう一回どうですか?
エリ:二度目の悪魔のささやき(笑)


――腸内細菌の数値がどの程度だったら健康的といえるものなのでしょうか?
沢井:理想的だと思っているのは多様性の数値が多いことですね。分かりづらい概念ですが、数値が多いと腸内細菌のバランスがいいということを意味します。なお、細菌の数は薬を飲むと減っちゃいます。抗生物質で菌が死ぬので、自分の体に必要な菌までいなくなるんです。結果的に腸を荒らして砂漠マークに近づいていくんですよね。それから、酪酸菌は増やしてほしいですね。複数回この検査をやった方がまだ少ないので断言はできませんが、先ほども申し上げたように、エリさんにしても健康的な理由はそこなんじゃないかと見ています。
エリ:酪酸菌を対外的に増やすことはできるのでしょうか?


シリコンバレー式 自分を変える最強の食事


沢井:酪酸菌を外から補えるかどうかは、お腹に元々いる菌とうまくやっていけるかどうか次第ですね。
エリ:大学院のとき心理学を専攻していて、摂食障害を修士論文で書いていたんです。私自身も20代のとき摂食障害で、70kg台から40kg台まで30kg振り幅がありました。拒食症や摂食障害の方がこの検査をしてみるといいかもしれません。

――「マイキンソー」は神奈川県の「未病市場創出促進事業」に採択されていますよね?
沢井:そうですね。公募がかかっていて応募しました。神奈川県が検査費用の40%分を補助する仕組みとなっています。黒岩知事が未病を強力に進められていまして。未病は東洋医学の「病気と健康の間にグラデーションがある」という概念に基づいています。それを知事が主体的に進めているんですよね。腸内細菌も体に入ってくるものを分解し代謝するセンターなので、腸内細菌の元気がなくなれば体に不調をきたすというように考えられている。そのあたりが数値に表れるとしたら面白いですね。

――定期的に受けたほうがいいということですね。
沢井:そうですね。人によっては全部の細菌が泣き顔マークって方もいらっしゃいますが、できればいい値になるよう努めていただきたいですね。

――自分に足りないものが分かったら、それをいい数値にするために食べ物で補うと思うのですが、自助努力になりますかね?
沢井:今の時点ではそうかもしれませんが、我々も色々情報発信をもっと強化していこうと、検査を受けていただいた方に情報提供冊子をお送りする予定です。サイトも情報を増やしていくので、そちらを見ていただければと思います。
エリ:キットもすごく使いやすくて分かりやすかったですし、インフォグラフィックでわかりやすかったです。

――どんな方に「マイキンソー」を受けてほしいでしょうか?


マイキンソー


沢井:いままでの検査じゃ満足できない方や、体の未知な数値を知りたい人にぜひ受けてほしいと思っています。全身なんとなく調子よくないなという人はどこかに平均以下の数値が出てくる可能性があるので、セルフチェックということで見てほしいです。お腹のなかにいる菌に目を向けてほしいなと思います。Amazonで申し込むと通常2日かもかからず来ます。

――沢井さん、エリさんありがとうございました。

■関連リンクサイキンソーマイキンソー

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード