2016.1.8
ソフトバンクが1GBのデータ定額パック導入
2016.1.8

ソフトバンクが1GBのデータ定額パック導入

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
ソフトバンクは1月7日、料金プラン「スマ放題ライト」「スマ放題」向けに、月額2,900円で1GBまでのデータ通信ができる「データ定額パック・小容量(1)」を4月以降に導入すると発表しました。


 ソフトバンクが1GBのデータ定額パック導入


5分以内の国内通話が無料になるスマ放題ライトプランの場合、基本料金の1,700円と、スマホのウェブサイト閲覧のために加入が必要な「S!ベーシックパック」の300円と合わせて、月額4,900円からスマホが利用可能。国内通話が時間や相手先を問わず無料のスマ放題プランでは、基本料金の2,900円とS!ベーシックパックとの合計で、月額5,900円から利用できます。
日本ではスマホが販売された当初から、月間利用通信量が1GB未満の「ライトユーザー」が支払う携帯電話料金が割高だと指摘されてきました。2015年9月の経済財政諮問会議で安倍晋三首相から指示された携帯電話料金の引き下げの検討を受け、総務省が年末まで行っていた「携帯電話の料金その他の提供条件に関するタスクフォース」では、低容量のデータ定額プランの設定や、高齢者向けなどで提供されている5,000円以下のプランを参考に機種や年齢を限らずにプラン提供を検討するべきだという提言が提出、了承されています。
ソフトバンクはY!mobileで2014年8月から、1GBまでのデータ通信と10分以内の国内通話が月に300回まで月額2,980円で利用できる「スマホプランS」を提供してきましたが、ソフトバンクブランドでもタスクフォースの提言を反映したリーズナブルなプランがもうけられました。
データ定額パック・小容量(1)はデータ通信量が1GBを超過した場合、通信速度が最大128kbpsに低速化。1GBあたり1,000円を追加購入すれば、通常速度でデータ通信を利用できます。また、スマ放題の「タブレットプラン」と、4G携帯電話の「通話し放題プラン」でも利用できます。3G携帯電話は利用できません。
※価格は全て税抜き
オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード