2016.1.19
auでんき、1月20日受付。電力使用量見える化アプリも登場
2016.1.19

auでんき、1月20日受付。電力使用量見える化アプリも登場

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
auは1月19日、これまで地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気が複数の電力会社から選べるようになる電力小売り全面自由化に向けて、電力サービス「auでんき」を4月1日から提供すると発表しました。1月20日からauショップやウェブサイトで受け付けを開始します。


「auでんき」発表会


auでんきは、一般家庭向けの「でんきMプラン」と法人向けの「でんきLプラン」の2種類を用意し、沖縄県や一部離島を除く全国で提供。同社の携帯電話契約と一緒に利用する「auでんきセット割」は、毎月のauでんき利用料金が4,999円までだと1%、5,000円から7,999円で3%、8,000円以上で5%相当が「au WALLET プリペイドカード」へのチャージで還元されます。auでんきの契約者か住所を同一とする家族が同社の携帯電話を利用していれば、世帯人数や電気使用量に関係なくすべて適応されます。
また、電力使用量を見える化する「auでんきアプリ」をサービス開始とともに提供。使用量や料金がスマホなどから確認でき、利用状況の推移からその月の電気料金の予測が表示されたり、使いすぎ通知機能であらかじめ設定した目安の金額が超過や超過が予測される場合のアラートが通知されたりします。



「auでんき」発表会


同社代表取締役執行役員専務の石川雄三氏は、世帯人数や月ごとで大きく異なる電気代を「家族構成や季節、地域に関係なく必ずお得にする」とコンセプトを説明しました。電力は一般電気事業者などと業務提携して提供するため「供給能力も信頼性も変わらない」(石川氏)。電力小売り全面自由化にあたりユーザが重視することは料金の安さに次いで契約の分かりやすさであることを指摘し、「(還元は)基本料金もふくめたすべての電気料金が対象。トータルで分かりやすく使いやすいサービスだと自負している」と胸をはりました。
関西電力と中国電力との業務提携も同時に発表。両社の電気事業とauの通信事業で培ったノウハウを組み合わせ、さらなるサービスの提供を目指すとしています。関西エリアでは5月31日までの申し込みで、auでんきセット割が最大12%になる限定キャンペーンも実施するとのこと。
発表会には同社のCMに出演している俳優の菅田将暉さんが登場。1月末から放送予定のauでんきの新CMで主役を演じると明かし、「昨日初めて自宅のブレーカーが落ちまして、私生活でも電気の使用量が気になります」と話しました。石川氏から「ロケなどで自宅の不在が長く続いても、auでんきなら割引率は変わりますが毎月必ず安くなりますよ」と声をかけられ、「弟と二人暮らしの『菅田将暉』でも(CMで演じている)大家族の『鬼ちゃん』でも安くなるのはいいですね」と笑顔を見せていました。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード