2016.1.28
これでLINE流出を防ぐ!「ロック」と「不正防止ログイン」
2016.1.28

これでLINE流出を防ぐ!「ロック」と「不正防止ログイン」

モバイルプリンス
モバイルプリンス
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
某芸能人のスキャンダルがキッカケで、連日ワイドショーや週刊誌などを騒がせた「LINE流出」。後ろめたいことがない場合でも、スマホを紛失してLINEが流出してしまい、友達に迷惑がかかる場合があります。



 LINE流出


適切な処置を施しておけば慌てることはありません。今すぐ設定できる「端末ロック」「トーク非表示」「不正ログイン防止」について解説します。
直接の覗き見を防ぐための「ロック」まずは端末本体のロックから。Androidスマホに搭載されている「パターンロック」は、スクリーンの解除時に使われるものですが、画面についた指紋から軌道が特定される場合があるため注意が必要です。一方、Arrowsや最新のXperia、Galaxy、Nexusシリーズ、そしてiPhoneは指紋センサーを搭載していますが、精度も高く、ロック解除画面を盗み見されても可能性もないので便利です。


iPhoneやArrows、最新のXperiaやGalaxy、Nexusシリーズなどのスマートフォンは指紋センサーを搭載


指紋センサーの設定の仕方は、Androidスマホの場合、機種によって少し表記が異なりますが、「設定→セキュリティ」から、iPhoneは「設定→Touch IDとパスコード」で有効となります。

LINEのロックとトーク非表示次に、LINE自体にもかけましょう。万が一、本体のロックが解除された場合でも流出防止になります。LINEを立ち上げるたびに4桁の数字を求められますが、ぜひとも設定しておきたいところ。それでも不安というなら、トークの非表示機能も活用しましょう。


トークの非表示機能も活用


LINEを立ち上げ、「トーク」→「編集」で非表示にしたい相手を選び、非表示タップで完了です。これで特定の人だけ、トークの一覧から見えなくなります。ですが、友達リストから辿ると開けます。また、新着メッセージは通常のトークリストに表示されてしまうのでご注意を。
この章での対策をまとめると以下のようになります。
1. スマートフォン本体のロック(LINE以外のデータも守るので必須!2. LINEアプリのロック3. 特定の相手を非表示に

他端末での不正ログインを防ぐ!直接的な覗き見を防げても、不正にログインされることでLINEを覗き見られる可能性があります。その対策も改めて確認しましょう。
まずは、LINEのパスワードを特定されにくい、強固なものに変更しましょう。パスワードに名前や、誕生日を入れるのは「入り込んでください」と誘っているようなものです。英数字を組み合わせたり、趣味の分野のマニアックな単語や数字にしておいたりするといいでしょう。
また、LINEをPCやiPadで使わないのであれば、スマホでLINEを立ち上げ、「設定」→「アカウント」→「ログイン許可をオフ」にしましょう。これで、今使っているスマホ以外からログインできなくなります。



定期的に「ログイン中の端末」を確認


上の画像は、ログイン許可オンの状態 
ログイン許可をオンにしている場合も、定期的に「ログイン中の端末」を確認しておくと確実でしょう。
iTunesでバックアップや復元すると、新・旧端末でLINE受信できてしまう!最後にiPhone限定となりますが、機種変更時にiTunesを使ってバックアップ&復元を行うと、新・旧両方の端末でLINEが受信できることが確認されています。旧端末のLINEアプリは削除した方がいいかもしれません。
冒頭にも書いたように、LINEの内容が流出すると自分だけでなく、相手にも迷惑がかかる場合があります。スマホは個人情報の塊。これを機に、しっかりと対策を取りたいところです。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード