2016.3.2
ドコモの「PREMIUM 4G」がさらに高速化、災害対応など信頼性も向上
2016.3.2

ドコモの「PREMIUM 4G」がさらに高速化、災害対応など信頼性も向上

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
NTTドコモは3月2日、LTE-Advancedの高速化とネットワーク信頼性の強化に関する「ネットワーク説明会」を開催しました。


ドコモネットワーク説明会

(NTTドコモ 取締役常務執行役員の大松澤清博氏)

ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」では、2015年10月に国内最速となる受信時最大300Mbpsを実現しています。


ドコモネットワーク説明会


今回、現在3Gでも使用されている800MHz帯のフルLTE化を進め、2GHz帯と1.7GHz帯の3つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーションによって、受信時最大375Mbpsまで高速化したそうです。


ドコモネットワーク説明会


さらに、新たに3.5GHz帯の周波数をLTE専用帯域として追加します。同帯域では送受信に既存のFDD(周波数分割複信)方式とは異なるTDD(時分割複信)方式を用いています。


ドコモネットワーク説明会


このため、ドコモではFDDとTDDという方式の異なるキャリアアグリゲーションに向けた通信試験を2月から進め、受信時最大340Mbpsの実証に成功しました。


ドコモネットワーク説明会


これにより3.5GHz帯と1.7GHz帯の同時利用が可能となったことから、ドコモでは今後、送信時最大50Mbps、受信時最大370Mbpsとなる高速サービスを提供していくとのこと。


ドコモネットワーク説明会


3.5GHz帯の追加については、「新たな道路を造るようなもの」(NTTドコモ 取締役常務執行役員 大松澤清博氏)であることから、さらなるトラフィックの改善に効果が期待されています。


ドコモネットワーク説明会


同帯域は、トラフィックが集中する地点に小規模基地局を複数配置して既存の基地局のカバー範囲を補完する「アドオンセル」へ採用し、主に山手線の主要駅といった大都市における展開を進めていくそうです。これら2つの施策については、6月から提供を開始する予定です。



ドコモネットワーク説明会


続いて、ネットワーク信頼性の強化に関する取り組みを発表しました。


ドコモネットワーク説明会


ドコモでは、震災をはじめ豪雨や降雪といった災害の多様化に向けて対策に取り組んできました。重要設備の西日本エリアへの分散化や、基地局のバッテリー24時間化など通信サービスの確保に向けた取り組みに加え、3月より新たにコアネットワークにおける仮想化技術の導入を行うとのこと。
この仮想化技術については、複数のベンダが提供するソフトウェアで構成される「世界初となる先進的な取り組み」( 大松澤氏)となり、通信の混雑時や設備の故障時における影響をソフトウェアが回避するなど、さらなる信頼性の向上を実現するそうです。


ドコモネットワーク説明会


さらに、2017年から2018年にかけて、従来の大規模3G基地局をLTE対応化して通信能力を強化するほか、津波や噴火などによる設備の故障といったネットワークの分断に対処するため、より広い範囲をカバーする「中ゾーン基地局」の設置を進める方針です。
この他、リアルタイム地震予測や津波監視に向けて基地局を活用する新たな取り組みや、大規模災害時の石油供給において石油連盟と覚書を締結するなど、今後も「モバイル通信の社会的責任、インフラとしての使命」(大松澤氏)を果たしていくと述べました。

nova3

関連キーワード