2013.7.4
Optimus it L-05E | 新機種メーカーインタビュー
2013.7.4

Optimus it L-05E | 新機種メーカーインタビュー

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール



購入ポイント(2013夏モデル)新機種!メーカーインタビュー

ますますスマホ需要が加速する中、2013年夏モデルは高機能&大画面、持ちやすさ&機能の2種類に特化。今回はそんな新機種の中から選りすぐりの製品を各メーカーにインタビューしてきました!

取材先メーカー



LGエレクトロニクス・ジャパン

インタビュー2013-06-13

Optimus it L-05Eコンパクト&ハイスペック。
伝言メモも入って、使い心地もさわり心地もいいスマホ。

モバイルコミュニケーション プロダクトチーム
尹 智媛(ユン チウォン)さん





――「伝言メモ」や「おくだけ充電」など、便利で使いやすい機能に配慮しつつ、コンパクトでエレガントなデザインの機種ですね。4月に発売されたハイスペック端末のOptimus G Proとの違いを含めて新しいOptimus itの魅力を教えていただけますか?

 見た目はかわいらしいのに、中身の機能は凝縮! というのがコンセプトです。Optimus G ProとCPUもメモリも一緒なのに一回りコンパクトなサイズになっています。

 一番大きな違いは、日本のユーザーさんが使いやすいように考えて作られた機種という部分ですね。Optimus G Proはグローバル端末を日本向けにアレンジした機種ですが、Optimus itはグローバルで培った経験に加え、日本のユーザーのニーズに応えるように、今までご要望の多かった伝言メモをはじめ、おくだけ充電、赤外線、防水、ワンセグ、NFC(おサイフケータイ)、NOTTVなどを搭載した、いいとこどりの端末かなと思います。

 画面サイズは4.5インチと、Optimus G Proの5.0インチより小さくなっていますが、これは手の小さい女性の方が片手で持っても、親指で画面の端まで触れるよう、使いやすさを考えてコンパクトなサイズになりました。

 画面にはもう一つこだわりがあります。横から見たときに水滴の表面張力のように、ふっくらと膨らんでいるのが特徴です。2.5D Glassと呼んでいるんですが、これが不思議と指すべりがよくて触り心地がいいんです。また、Optimus G Proと同じく表面のガラスとタッチパネルセンサーが一体化となっているので、中の空気層がなく、ぐっと画面がガラス表面に近いので、より「直接触っている感」が得られるんです。

 ほかにもこだわっている部分がありまして、表面はすべすべですが、裏面は触り心地がさらさらとしたものになっています。ホームボタンの部分だけは、グリッドが入ってザラザラとした質感になっているほか、ボタンアイコンがプリントではなく金属のデコレーションになっていて、タッチ感が得られるようになっています。





―― 実際手に持って触っていてとても気持ちいいですし、反応もいいですよね! 無駄に触っていそうになります(笑)。ソフトウェア面でも工夫はされていると思いますが、そのあたりはいかがですか?

 今回の一押しは、ワイヤレスストレージという機能です。スマホで撮った写真をPCに取り込みたいとか、PC上の音楽ファイルをスマホに入れたいとか、そういう時って普段はUSBケーブルで接続しますよね。でもこれってちょっと面倒だったりします。これをWi-Fiで簡単に行えるようにする機能なんです。

 インフォメーションバーからワイヤレスストレージのアイコンをタップすると、アドレスが表示されるので、同じWi-Fiを掴んでいるPCからそこにアクセスするだけでitに接続できるんですよ。

 細かいところでは、キーボードデザインのカスタマイズ。キーボードテーマがいくつか入っているのは普通かもしれませんが、表示されるフォントも変えられるので、画面の世界観自体をガラッと変えることができるのも、特徴になっています。





 あとは、以前の機種から搭載されている機能ですが、Qスライドも便利です。メインのアプリのほかに、ブラウザ、電卓、カレンダー、動画アプリのうちの2つを同時に使える機能です。たとえば、LINEをしながら、ブラウザでお店を検索してURLを貼り付けてみんなで共有しつつ、スケジュールが決まったらカレンダーで書き込む、といったことが一画面でできるんです。

 Qメモは、画面上にそのままメモを書き込んだり、スクリーンショットを撮れる機能ですが、こちらもインフォメーションバーから呼び出すか、音量キーの上下ボタン同時押しで起動できます。電話をしながら、連絡先を聞いたときにさっと画面上に手書きでメモして、電話を切った後、表示された画面を見ながらダイヤルする…なんてことが簡単にできますよ。

―― なるほど。普段のちょっとした部分に素直に対応できるのがいいですね。尹さんはプライベートでも使用されているということですが、使っていてどういうところがより便利に感じますか?

 もう本当に個人的なことなんですけど、世界観を作るのが好きなのでカスタマイズ性、です。先程のキーボードやフォントもそうなんですけれど、好きな写真をアイコンにできるので、自分だけのOptimus itを演出できるんです。

 ロック画面では、壁紙を変更できたり、好きなアプリのショートカットも入れられます。アプリメニューも、アイコンサイズを小さくして一度に見られる数を変えられますし、壁紙も設定できます。ちょっと便利なのが、アプリごとに表示/非表示を切り替えられること。インストールしたけれど、使用頻度の低いアプリを非表示にしておく…なんてことができますよ。





―― それは便利! 仕事の時は隠しておきたいものもありますしね。最後に、Optimus itはどういう方におすすめしたいですか?

 スマホって、使いこなしてくるとどういうものが自分に向いているかが分かってきますよね。そういう慣れた方にも、初めての方にもオールマイティに選んでもらえる機種を目指しました。

 なので、一回お付き合いいただくときっと離れられない魅力を持ったスマートフォンです!ぜひ一回手に取って触っていただきたいなってのが一番強い想いですね。

―― ありがとうございました!

⇒さらにこの機種が気になったらコチラ

新機種メーカーインタビュートップへ戻る最新スマホの選び方を見るスマホ新機種&発表会を見るスマホ購入ポイント特集(2013夏モデル)
格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード