2013.7.26
スマホへの給電も可能! ポータブルワイヤレスサーバーを使ってみた
2013.7.26

スマホへの給電も可能! ポータブルワイヤレスサーバーを使ってみた

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3



スマホへの給電も可能! ポータブルワイヤレスサーバーを使ってみた

今回ご紹介するSONY「WG-C10」は、これまで紹介してきた「ポータブルワイヤレスストレージ」とは一線を画したアイテムです。本体に内部ストレージ領域を持っていませんが、お手持ちのSDカードやUSBメモリ、さらにはSONY製品らしくメモリースティック デュオを「WG-C10」に挿入することで、スマホやPCとファイル転送・再生ができます。もちろんデータ転送以外の機能も備えた優れもの。基本的な使い方と機能の一端をご紹介いたします。





まずは本体をチェック



本体サイズは105x50x18.5mm、重さ約135g。スティック形状で、シンプルかつ無駄のないデザインがなんともSONYらしいプロダクトだと思いました。









側面にSDスロットがあります。今回使用したのはSDカードですが、SONYのメモリースティック デュオも使えます。ちなみに、対応メモリーカードの種類は箱に記載されています。
USBとmicroUSB接続口は本体の底部分にあります。なお、本体の充電を行う際はmicroUSB側にケーブルを挿し、PCや別売りのACアダプタに接続してください。





本体上部に電源スイッチとストラップホールがあります。USBケーブルと専用ホルダーが付属されており、ストラップホールに専用ホルダーを取り付けることで、スマートに持ち運ぶことができます。デザインと機能が両立しているところはSONYらしいですよね!





この「WG-C10」を利用するための専用アプリも用意されています。
◆Google Play / PWS Manager





本体上部の電源スイッチを長押しします。Wi-Fiとバッテリアイコンが点灯すればOK。なお、バッテリの残量はバッテリアイコンの光り方で判別できます。詳しくはマニュアルをご参照ください。





スマホのWi-Fi設定画面を起ちあげ、「WG-C10-xxxxxx」と書かれた部分をタップ。接続が完了したらアプリを起動させてください。

ちなみに「xxxxxx」には、「WG-C10」のMACアドレスの下6ケタが表示されます。MACアドレスは、本体裏側に印字されています。





まずは初期設定!



アプリを起動すると、利用規約への承諾画面に進んだ後、メイン画面のアイコンの説明が表示されます。はじめは操作に戸惑うので、このような機能は嬉しいですよね。「今後この画面を表示しない」の欄にチェックを入れることで、2回目以降表示されなくなります。





スマホと「WG-C10」の接続完了後、最初に行って欲しいのはパスワードの設定です。初期状態ではパスワード設定されておらず、誰でも繋げられる状態となっているためです。

画面右下のカバンアイコンをタップし「設定」を呼び出してから、「セキュリティ」をタップします。セキュリティ設定タイプを聞かれるので[WPA2]を選択し、「保存」をタップします。続いて8~63文字の英数字でパスワードを設定してください。

なお、パスワードの設定が完了すると一旦、スマホと「WG-C10」の接続が解除されるので、改めて接続し、先ほど設定したパスワードを入力すればOKです。大事なデータですので、面倒がらずに最初に行うようお願いします。





画像を移動させてみよう!







まずは移動させたいデータが入っているメモリーを選び、その後格納されているフォルダを選択します。

また、冒頭にもお伝えしましたが、この「WG-C10」は内蔵ストレージを持たないので、電源をONにする前に記録媒体をセットすることもお忘れなく。









フォルダを開いたら移動させたい画像をタップ。画像が拡大表示されるので、右上にあるコピーアイコンをタップすると、保存先の設定へと進みます。

ちなみに複数ファイルを移動させる場合は、一覧表示されている画面の下部、左から2番目のコピーアイコンをタップすると、ファイル名の横にチェックボックスが表示されます。移動させたいファイルにチェックを入れて、再度、コピーアイコンをタップ。









画像を選択し、ストレージと保存先のフォルダを選んで[OK]をタップすると、転送が開始となります。転送状況は画面に表示されるので、分かりやすいですね。





転送先のフォルダを開くと、先ほど指定したファイルがありました。1.3MBのファイルが、1秒足らずで転送できました。

もちろん、「WG-C10」からスマホにデータを送るときも同様の手順でできます。
余談ですが、ファイルマネージャー系アプリで「LAN接続」での移動が可能なアプリであれば、ファイルの移動はできますので、他のアプリでの使い勝手を試すのも良いかと思います♪~(´ε` )





他にも機能が盛りだくさん!



「WG-C10」は他にも嬉しい機能を搭載しています。その1つが「WG-C10」をワイヤレスAPとして、無線LANとブリッジ接続させる機能。こちらを使うには、アプリの設定画面から「インターネット接続」をタップします。





「インターネット接続」をタップすると、スキャンされたWi-FiのSSIDが表示されます。この中から、利用したいWi-Fiを選択。鍵付きのSSIDを選択すると、Wi-Fiのパスワードを聞かれますので入力してください。入力内容に間違いなければ、認証後、接続完了となります。

なお、「WG-C10」が指定したWi-Fiと接続が完了すると、「WG-C10」とスマホの接続が一旦解除されるので、スマホを「WG-C10」に接続し直してください。





「WG-C10」とスマホの接続が再度完了したので、試しにブラウザからスマホ部のサイトを見たところ問題なくできました。念のため、スマホがどのWi-Fiに接続されているかを確認したところ「WG-C10」の表示が!!!

また、「WG-C10」は同時に8台までの接続が可能となっています。2F建ての家に住んでいて、「最近、Wi-Fiの繋がりが良くないんだけど……」という人は、こうしたワイヤレスAPを活用してみてはいかがでしょうか?





さらに、この「WG-C10」は給電機能も備えており、いざという時には、付属のUSBケーブルなどを使ってスマホへの給電が行えます。バッテリ容量は2210mAhあるので、フル充電時であれば、スマホ約1回分の容量を備えています。しかし、本来の目的はモバイルワイヤレスサーバーですので、こちらの機能はあくまでオマケ的な要素だと思っていてくださいね(;´∀`)





本体自体にストレージは持っていないものの、SDカードやUSBメモリ、メモリーカード デュオなど幅広いフォーマットに対応しているので、異なるメディア同士でのデータ共有が簡単にできる「WG-C10」。同時に8台まで接続できるのは大きなメリットかと思います。デザインも良く、動作も安定しているので、ビジネスにプライベートにと活躍の範囲は広そうです!!

このページをご覧の皆様へスマホへの給電も可能!『ポータブルワイヤレスサーバー』を販売中!

『ポータブルワイヤレスサーバー』WG-C10
完売しました!!





Wi-Fi SD&MSメモリーカードリーダー(スマホ充電付)
ポータブルワイヤレスサーバー 白 WG-C10 W完売しました
nova3

関連キーワード