2014.1.22
Vol.2 - 特集docomo東北復興新生支援室インタビュー 東北復興を支える人たち
2014.1.22

Vol.2 - 特集docomo東北復興新生支援室インタビュー 東北復興を支える人たち

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

東日本大震災から3年。被災地で復興支援を続ける「ドコモ 東北復興新生支援室」の活動を通して、現地の“現在”とこれからの展望をお伝えしていきます。



復興支援の最前線で活躍する「ドコモ 東北復興新生支援室」の方々にインタビュー。
現場のリアルな声とその想いをお届けします。













福島県担当
佐々木 亮さん
大阪府出身

福島県を担当する佐々木さんは関西のご出身。阪神淡路大震災を経験し、ボランティアとして活動された経験が今回の応募につながったといいます。東北復興新生支援室の活動だけでなく、休日にはプライベートでも被災地でボランティアをしているとか。震災復興に込めた、佐々木さんの熱い想いをうかがいました。





――― 佐々木さんは、お休みの日にもボランティアをしているそうですね。大変ではありませんか?

そうでもないですよ。支援室とプライベートのボランティアは、ちょっと質が違うんです。

――― “質”が違うといいますと、休日のボランティアと支援室の活動の違いはどんなところでしょうか?



私が休日に行っているボランティアは、被災された家の草刈りなどが多く、体を使うことがいい気分転換になっていますね。ちょっとした“息抜き”に近い感じです。
仕事で行くと、現地の方は「ドコモの人が来た!」と少し身構えてしまうこともあるのですが、休日の僕は単なる“大阪のおっさん”です。仕事のときには聞けなかったような、被災された方々の生の声を聞くことができたりするんですよ。

――― その声を支援室の活動でも活かす、という感じでしょうか。

ええ。現地の声は、役所経由で聞くのと全然違うことがありますから、被災した方の本音を伝えられるのは大きいと思います。福島は、宮城や岩手と違って、地元を離れて日本各地に避難されている方が多い。僕が最初に担当した双葉町では、フォトパネルという画像だけを送る端末を使って、離れ離れになった町民の皆さんに町の情報をお届けするという取り組みから始めました。





――― フォトパネルでは、どういった情報を届けるのでしょう?

最初は、避難先の情報など自治体の広報誌に掲載されている伝達事項が中心でしたが、徐々に“あの人はどうしている?”といった消息なども、町や住民の方にご協力いただきながら伝えていきました。

――― 避難されている方たちが求める情報は、だんだん変わってきていますか?



そうですね。最近では、町で昔からやっていたお祭りを避難先でも続けているよ、といった伝統や絆をつなぐような情報も増えてきました。それをご覧になった他の避難先にいる方から、役所にお礼のお手紙をいただいたんです。「自分たちは見捨てられているような気がしていたけれど、(フォトパネルから)情報が届いて、町とちゃんとつながっていると感じた」とか、「うれしい」、「ありがとうございます」とか。これにはとても感激しましたし、役に立てているんだなと実感できました。

――― それは、支援室の皆さんにも大きな励みになりますね。

はい。いただいたお手紙は、僕のパソコンのデスクトップにいつも置いてあるんですよ。ドコモの電波で届けた情報が、人の心にしっかりと刺さってくれているんだという手応えが、本当にうれしかったですね。普通の仕事では得られない感情があふれました。へこんだ時やしんどい時にこの手紙を見て、頑張ろう!と思っています。





――― 今、取り組んでいる支援活動を教えてください。

避難されている方々に、タブレットで福島のローカルニュースが届く仕組みをつくっています。

――― 離れていても福島のニュースを見たい、というご要望が多いのですね。



はい。町から離れて避難している方は、地元の情報を小さなことでも知りたいものです。町の様子を固定で映すライブカメラの映像をタブレットで見ている人や、地元のラジオをずっとつけている人も多いと聞いています。でも、福島のニュースは、福島を離れると見ることができません。だから、何とかタブレットに組み込んでニュースを配信したいと、福島のテレビ放送局と交渉して実現することができました。

――― 全国ニュースでは伝えていない情報とは、どういうものでしょうか? 

中学校の閉校だったり、避難先で農業を始められた農家さんの話だったり、本当に地元のニュースですね。ここでこういう人が頑張っているよ、という内容が多いです。

――― 実際の反響はいかがでしたか?

これは偶然テレビで見たのですが、NHKの朝の番組で、他県に避難している女性が、タブレットで福島のニュースを見ているシーンが流れたんです。「ふるさとの方言が懐かしい」と涙ぐみながら喜んでくださっていて…。もうそこで、僕も号泣です。支援室のメンバーも、みんな感動でした。この人にあったかい電波を届けられたと、すごく誇りに思いました。

――― タブレットをお渡しするのは高齢者の方も多いと思いますが、うまく使えているのでしょうか?

ただタブレットを配っただけでは使い方もわからないので、町の支援員さんと一緒に使い方講座のようなことをしました。高齢者の方はタブレットなど使えないというのは間違ったイメージで、ちゃんと教えれば使いこなせるんです。アクセス率も上がっているので、続けて使っていただいているのがわかります。





――― 震災からもうすぐ3年が経ちますが、福島の現状をどう思いますか?



福島はまだ、復興のスタートラインにも立っていないように思えます。住んでいた場所に戻ることすら難しい人も多いですしね。でも、避難している方々が地元の方言を耳にして涙するように、人にとってふるさとは絶対ひとつなんです。こんな状況だからこそ “情報と人をつなげる”仕組みをつくりたいですね。

――― 情報で人と人をつなげるために、どんな支援プランをお考えですか?

1世帯に1台タブレットがあれば、離れたところにいてもSNSなどを使って住民同士で会話ができます。例えば富岡町では、もともと知っている仲間とテーマを決めてSNS上で話し合うので、インターネットでよくある誹謗中傷もなく、いい意見交換ができています。書き込みをしている人はまだごく一部の方々ですが、それを見ている人はたくさんいます。ここから会話が盛り上がっていけばいいと思いますし、こうした試みは、他のエリアでも提案していきたいですね。

――― 最後に、今後の支援で大切だと思うことをお聞かせください。

やはり、現場の声が一番大切ですね。小さなところからひとつひとつ丁寧にすくっていくことで、本当に必要なものが見えてきます。コミュニティの再生はバーチャルではできないけれど、あったかい電波の使い方はあるはずです。何をすればいいのかわからなかった活動当初から2年以上支援活動に取り組んできましたが、まだまだ途中です。これからも町と一緒に考えて、今の僕たちの仕事として続けていかなければと思っています。

特集docomo東北復興新生支援室インタビュー 東北復興を支える人たち
nova3

関連キーワード