2014.5.30
ワンタッチで簡単!最新オーブンを使ってみた
2014.5.30

ワンタッチで簡単!最新オーブンを使ってみた

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール



ワンタッチで簡単!最新オーブンを使ってみた

ガジェットだけじゃない!幅広い最新機器をご紹介し、暮らしの時短や手間を省き「スマートライフ」を応援するスマホ部員!
そんな部員が今回ご紹介するのはPanasonicの「コンパクトオーブン NB-DT50」 です。





本体のサイズは、幅33.1cm×奥行30.5cm×高さ26.3cm。一般的な電子レンジよりもコンパクトです。





本体にセットされている焼き網のほかに、受け皿、もち焼き網もあります。
庫内は、幅26.0cm×奥行25.0cm×高さ10.5cmと広めです。





操作パネルにはトースト、ホットサンド、フライ温めなどの自動メニューボタンが並びます。また、手動設定機能も搭載。「温度」「時間」を調節するボタンがあり、お好みの焼き加減を設定できます。
コンパクトですが、やはりオーブンなので置く場所には注意が必要。
上面10cm以上、後面と側面は4.5cm以上のスペースを空けて置くようにしてくださいね。





コンパクトオーブンの実力は?



まずは、定番かつ性能がよくわかるトーストを作ってみました!
実はこのコンパクトオープン、焼き色が調整できるんです!一般的なトースターの場合、トーストを続けて焼くと庫内の温度が上がるため、2,3枚目が焦げやすく、焼き色の調整が難しくないですか?でもこの「コンパクトオーブン」にはそんな気遣いは無用なんです!





さっそくパンを入れて、正面の自動キーでトーストを選択します。ほら、ここに焼き色のボタンがあります!今回は、「うすい」「ふつう」「こい」の3種類を作ってみたいと思います。





なんと、「うすい」は1分ぐらいでした。両面共にうっすらと焼き色がついていますね。「ふつう」は2分程度、「こい」は3分程度で焼きあがりました。自宅のオーブンレンジでトーストを焼くと5分はかかるので、その速さにビックリです!
また、庫内の温度を検知して、自動的に温度がコントロールされるから、焼き過ぎなどの失敗もなし!





3種類、並べてみました!
さっそく「ふつう」焼きを食べてみたところ、外はサックリ、中はふんわり。
その秘密はPanasonicの独自技術である遠赤外線と近赤外線のダブル加熱方式!
表面と内側の食感の違いはこの技術により生まれるのだそう。





次に、「コンパクトオーブン」の説明書に載っていたホットサンドを「オートキー」を使って作ってみました。ハム、トマト、レタス、チーズの順に重ねて、コンパクトオーブンへ。自動メニューをポンと押すだけで、簡単にできました。





でき上がりはこちら!外はカリッとしているのに中はしっとりとした焼き上がりで美味しかったです。





自動メニューの他にも、手動で細かな設定をすることができます。
今回は新じゃがのオーブン焼きにチャレンジ!
洗って、皮付きのままコンパクトオーブンへ。前面のパネルを操作し、「240度で25分間焼く」という設定にしてみました。





加熱を始めた庫内は非常に明るいので、火の通り具合などはっきり確認することができてgood!
果たして中までちゃんと火が通るのでしょうか??





オーブン料理には予熱をすることが多いですが、この新じゃがは予熱なしでもホックリ焼きあがりました。バターがじゅわぁぁぁぁっと溶けて美味しそうっ!
さっそく食べてみたところ、茹でるのとはまた違うホクホク感が。余分な水分がないので、新じゃが本来の味を堪能できました!





予熱なしでもしっかり調理ができるPanasonicのコンパクトオーブン、かなり便利ですね。






今回は簡単に調理できるものを作ってみましたが、クッキー、ケーキ、ピザ、グラタンなどのオーブン料理に加え、なんとパンの発酵機能まで搭載!
このオーブンがあれば、お料理の腕もワンランクアップ!するかもしれませんよ。

このページをご覧の皆様へワンタッチオーブン販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





パナソニック コンパクトオーブン (ブラウン) NB-DT50-T
商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)
格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード