2014.10.17
写真をもっとキレイに!進化したスマホプリンターを使ってみた!
2014.10.17

写真をもっとキレイに!進化したスマホプリンターを使ってみた!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール



写真をもっとキレイに!進化したスマホプリンターを使ってみた!

スマホで撮影した写真や、送られてきたドキュメントファイルをプリンターから出力する人というのもは増えてきたと思います。ネットワークに繋がらないプリンターを使っていて、そろそろ買い換えたいとお考えの人にオススメしたいのが、今回紹介するbrotherの「DCP-J4220N」。自宅のWi-Fi環境に接続するだけで、気軽に自宅でスマホやクラウドデータのプリントが楽しめます。





このDCP-J4220Nは、カラープリント、カラーコピー、カラースキャンができる複合機タイプ。サイズ480×345×188(mm)と小さめサイズ、重量は約10.4kgです。一昔前の複合機と比較すると、横幅が狭くなっているので、部屋の少しの隙間に置くことが可能。





また、用紙トレイは前面にありA4サイズで150枚、ハガキであれば30枚までのセットできます。さらに多目的トレイはA4 80枚、ハガキ50枚まで給紙できるので、A4であれば最大230枚、ハガキであれば最大80枚と、大量印刷時に便利な大容量です。

なお、背面には手差しトレイもあり、A3印刷をする場合はこのトレイを活用ください。





インクカートリッジは、マゼンタ、シアン、イエロー、ブラックの4色。独立カートリッジ方式が採用されているので、なくなった色だけを補充できて経済的。また、カラープリント1枚のインク・用紙の合計コストがL判(89×127mm)ふちなし写真印刷で約18.8円と、同じランクのプリンターでのコストは1枚20円程度が一般的なので、それと比較すると価格を抑えられています。カラープリンターの場合、買ってからのランニングコストも気になるポイントなので、まずは一安心といったところではないでしょうか。

また、プリント速度も早く、A4カラー印刷で18枚/分、モノクロだと20/分と、これまで以上の速さで大量にプリントできるようになったのも大きな魅力です。もちろん画質も鮮やか。コントラストが美しいメリハリのある、写真プリントには大満足することでしょう。

静音モードも用意されており、プリント速度は落ちますが、とても印刷音が静かなので夜中など、大きな音を出すのがはばかれる時に選択すると良いかと思います。





「brother」のロゴ部を開けると、SD、USBスロットが用意されています。デジカメの画像をプリントアウトする際は、こちらに挿入or接続すればできます。
また、対応するメディアはUSBフラッシュメモリー、メモリースティックDuo/PRODuo、SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード、マルチメディアカード/plusと、幅広いので、「ひょっとしたら使えないかも?」という心配はありません。





iOS / Brother iPrint&Scan
Android / Brother iPrint&Scan

本製品をスマホで快適に使うにはアプリが必要です。iPhone、Andoridともにアプリが用意されているので、こちらをダウンロードして使って下さい。

PC利用時は、同梱されている設定CDを使ってデータをインストールします。なお、対応するPCのバージョンは以下の通りです。
Windows:XP/ Vista/ 7/ 8/ 8.1
Mac:OS Xv 10.7.5以降

また、ご使用になっているPCがCDスロットを備えていなかったり、外付けドライブをお持ちでなかったりする場合は、以下のリンク先よりクライアントソフトをダウンロードしてください。
DCP-14220N / ソフトウェアダウンロード





使ってみた!



まずはプリンターと自宅のWi-Fiルーターを接続します。最近の無線ルーターには「WPS」もしくは「AOSS」という機能が備わっています。この機能が搭載されているルーターであれば、WPS or AOSSと書かれたボタンを押すだけで、プリンターとの接続が完了します。なお、この機能がない場合はルーターの側面か底面に貼られているシールに書かれたSSIDをWi-Fiスキャンから見つけ、パスワード入力を行ってください。





なお、WPS/AOSSによる設定を行う際は、Wi-Fiルーターから約1~1.5m以内にプリンターを置いて操作を行うようにしてください。一度接続が完了すれば、Wi-Fiルーターからの電波が届く範囲であれば移動可能となりますが、設定時に出てくる電波は短くなっています。また、接続が上手くいかないという場合は、他にルーターと繋がっている機器のWi-Fi接続を一時的に切れば繋がりやすくなるかと思います。





続いてアプリをダウンロードしたスマホから操作を行います。この時にスマホとプリンターが同じWi-Fi環境にいないと、今回使用するBrother iPrint&Scanというアプリを使ってはプリントアウトできません。

使い方は簡単。アプリを起ちあげたらプリントしたい写真を選び、Wi-Fiネットワーク上にあるプリンターを選択。プリントサイズや設定を決めたら、選択した画像に戻り「プリント」というボタンをタップするだけ。






データの大きさや環境によってプリントを開始するまでの時間はかわりますが、一度データを受信すればスムーズに印刷が行われます。「ふちなし」設定でプリントしたところ、撮影した画像とかわらない構図でプリントされました。4色プリントなので微妙な色表現はどうだろうかと思いましたが、全く問題なし! 光沢紙などを使えば美しい写真プリントを楽しめますよ!!

また、AppleのAirPrintやGoogleのGoogle クラウド プリントという機能を使って、ネットワークプリントを行うことも可能。使い方についてはそれぞれのページにて確認ください。






プリンターとしての機能はもちろんですが、コピー機としての性能も優秀。自動原稿送り装置「ADF」を搭載しており、A4なら20枚、ハガキなら10枚までの連続読み取りができるので、複数ページの印刷もスムーズです。

ただ、1点だけ注意があるとするなら原稿の設置方向。コンビニや会社にあるコピー機の場合、コピーしたい面を上にしますが、本機ではコピー面を下にします。ついつい会社などでの癖で逆向きに複数枚設置すると大変。





カラー原稿を白黒にしても、画像の滲みが殆どなく美しい原稿がプリントされました。今回は紹介しませんでしたが、他にも「メモ欄付きA3コピー」や「裏写り除去」、本をコピーした際に出てくる中スジや影を除去する「ブックコピー」、さらには4枚や2枚の画像を1枚にまとめる「4in1 / 2in1」といった便利で嬉しい多彩な機能を備えています。






業務用の複合機でないとなかったような機能と性能が手軽に家庭で楽しめるDCP-J4220N。これから年末・新年の挨拶や、就活で必要なES、会社の資料などなど、様々なシーンで活躍してくれることでしょう。

このページをご覧の皆様へスマホプリンター販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





ブラザー工業A3インクジェットプリンター複合機/
白モデル/18/20ipm/両面印刷/無線LAN/ADF
DCP-J4220N-W 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)




ブラザー工業A3インクジェットプリンター複合機/
黒モデル/18/20ipm/両面印刷/無線LAN/ADF
DCP-J4220N-B 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード