2014.11.10
続・iTunesの音楽をスマホで楽しもう!!  Dropbox編
2014.11.10

続・iTunesの音楽をスマホで楽しもう!! Dropbox編

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

OCN モバイル ONE らくらくセット P20lite



続・iTunesの音楽をスマホで楽しもう!

以前にも「iTunesの音楽をスマホで楽しもう!!」という特集を掲載したことがありますが、スマホ部には今もなお「iTunesで聴いていた音楽をAndroidスマホでそのまま聴けるの?」という質問が届きます。みなさん、共通のお悩みなんですね。というわけで今回は、情報を刷新!より新しいアプリ、方法でそのやり方を解説します。





Step1クラウドストレージに共有フォルダを作る

PCを使いこなす上で欠かせないのが、マルチデバイスタイプのクラウドストレージサービス。今回は、その代表的なサービス『Dropbox』を使って、iTunesの音楽ファイルを転送してみます。

なお今回は『Dropbox』の説明、使い方は割愛します。詳しく知りたい方は、gooスマホ部のレビュー等を参考にしてください。



さてさて『Dropbox』で音楽ファイルを共有する前に、先にiTunesの音楽はどこに格納されているかを知っておく必要があります。
Windowsの最もポピュラーなファイル構造の場合、かつiTunesでファイルの保存場所を指定していない場合、だいたい写真のあたりに音楽ファイルの格納されたフォルダがあります。



ファイルの場所が分かったら、後はPC、スマホの両方からアクセスしやすいように分かりやすいフォルダをDropbox内に作るってファイルを投げ込むだけ。
今回はDropbox内に「Music」というフォルダを作り、その中に聞きたい音楽ファイルをコピーしました。ちなみにファイルは移動ではなく、コピーです。というのもPC内で音楽ファイルを移動させてしてしまうと、iTunes側で見つけられなくなってしまいます。



Step2スマホからDropboxを覗いてみよう

Dropboxに音楽ファイルのアップロードができたら、スマホからDropboxを起動しましょう。



はい、「Music」ありました。



各音楽フォルダの確認もできました。



Step3音楽ファイルをエクスポート

各音楽ファイルは、Dropboxからエクスポートすることで、それぞれの曲がスマホ内に保存されていきます。



曲名の右側にある下矢印をタップし、「詳細」から「エクスポート」を選択します。保存したい曲のみをエクスポートしていきましょう。



こうして保存された音楽ファイルは、このように音楽プレイヤーで再生可能になります。



Step4ストリーミングで音楽を聞くことも可能

アプリからWi-Fi接続メニューを選択すると、同一Wi-Fi内にPCとスマホがあれば、『iTunes用のiSyncr - 無料』は、勝手にPCを見つけ出します。



ネットワーク環境がよければ、十分に耐えられる速度で音楽をストリーミングで楽しむことができます。
ただし電話回線で利用する場合は、ストリーミングは膨大な通信量になるため、パケット量にご注意くださいね。

単純に音楽ファイルを転送するならクラウドストレージを利用するのが最も楽ですが、大量なファイルのやり取りを行うのには向いていません。
取りあえず聞いてみたい曲があるんだけどなというとき、Dropboxでサクサクっと共有するのが一番早い方法だと思います。



選択後は、同期ボタンをタップすることでファイルの転送が始まります。



Step5音楽を聴こう!

以上で転送終了です。『iTunes用のiSyncr - 無料』は、Windows、Macの両方に対応している上に、Wi-Fi、USBケーブルの両接続OKという、幅の広さがウリです。無料版は14日間の利用制限があるので、使い続けるには有料版を購入する必要がありますが、それなりのメリットはあると思います。











OCN モバイル ONE らくらくセット P20lite

関連キーワード