2015.10.9
スマホの映像を大スクリーンで。ホームプロジェクターを使ってみた!
2015.10.9

スマホの映像を大スクリーンで。ホームプロジェクターを使ってみた!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール



スマホの映像を大スクリーンで。ホームプロジェクターを使ってみた!

大型TVが随分と買いやすくなった昨今ですが、それと同じように手が届きやすくなった商品があります。それは何かと言うとホームプロジェクターです。プロジェクターといえば、仕事の資料を投影するイメージばかりが先行しているかもしれませんが、最近のものは高精細・高画質な機器が多くなり映画やゲームも楽しめるようになっています。今回、紹介するエプソンの「EH-TW5350」もそんなハイクオリティーな1台です。





サイズは297×245×114(mm)、重量は約3.1kg。プロジェクターというと大きなモノを想像していましたが、とってもコンパクトで軽量。また、デザイン性にも優れていて、部屋の中央に置いてもインテリアとしての役割も果たしそうです。





背面には入力端子がならんでおり、その内容はHDMI×2(うち1つはMHL対応)、ミニD-Sub 15pin、1RCA、USBタイプB、USBタイプA、2RCA、ステレオミニジャックがあります。Bluetooth接続にも対応しており、オーディオ機器や3Dメガネの接続に利用できます。

MHL対応しているのでスマホから直接映像を出力させることができ、また、別売りの3Dメガネを接続すれば対応コンテンツを堪能することが可能。まだまだ3Dで楽しめるコンテンツは少ないかもしれませんが、自宅で、しかも大画面で楽しめるのは嬉しいですね。





本体の上部には画面位置や明るさなどを調整します。画面サイズはレンズのつまみで変更することが可能。スクリーンサイズは60インチから300インチまで調整可能。なお、スクリーンサイズは投射する距離関係も大事です。サイズと距離の関係はマニュアル等に書かれているので、そちらを参照ください。





高さの調整はレンズ下にあります。微調整に使用ください。






使ってみた!



電源を入れたらまずは入力ソースを決定しましょう。有線だけでなく、Wi-Fi接続やScreen Mirroringにも対応。配線を使わずにスッキリとさせたいという人は、そうした接続方法を利用しても良いのではないでしょうか。





なお、設定時ですが、本体上部だけでなく付属のリモコンからも調整可能です。椅子に座ったときにベストな位置で観たいという場合はこちらから行ったほうが良いのではないでしょうか。





MHL対応ということで、早速スマホとEH-TW5350をMHLケーブルで接続して投射してみました。フルHDで映しだされた画面はとてもクリアで、色の発色も大変素晴らしいものでした。

また、MHL接続なのでゲームプレイもほぼ遅延なく動作してくれました。今回は試すことができませんでしたが、コンシューマーゲーム機を接続してプレイするのも楽しいのではないでしょうか。





こちらはdTVのオリジナル番組を映しだしたところです。赤色の表現が鮮やかで、チラツキもなく、迫力の映像を大画面で堪能。音声も背面にあるスピーカーから出力されました。しかし、より臨場感を楽しむなら別売りのスピーカーを購入したほうが良さそう。最大で300インチでの照射が可能なのですから、それに見合うだけのサラウンドシステムがどうしても欲しくなります。ホームシアターセットとの同時購入がいいかも。






ホームプロジェクターってまだまだ手の届かないものかと思っていましたが、今回使ってみて、家庭にあっても良いかもしれないと感じました。投射する映像クオリティの高さと、お手軽な操作性で特に知識も必要としません。

自宅を映画館にしてくれるホームプロジェクター。お手軽に迫力の映像を楽しみたいという人は検討しても良いかもしれませんね。

このページをご覧の皆様へホームプロジェクター販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





エプソン
ホームシアタープロジェクター
EH-TW5350 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード