2015.11.6
コスパ最強!スタイリッシュなSIMフリースマホ
2015.11.6

コスパ最強!スタイリッシュなSIMフリースマホ

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

「格安スマホ」「SIMフリースマホ」といった言葉が一般化し、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアから発売したスマホではないメーカー製スマホが、Webストアや量販店などに並ぶ光景も当たり前になってきたのではないでしょうか。今回紹介するのもそうしたSIMフリースマホの1つ。キャリア向けのスマホやルーターも手がけているファーウェイ社製の「Huawei P8lite」(以下、P8lite)です。

サイズは143×71×7.7(mm)、重量は約131g。ディスプレイサイズは5.0インチ。視野角が広く、明るい画面のIPS液晶を採用しています。縦に長い端末で、手持ち感も良く、「大きい」と感じることはないでしょう。搭載されているOSはAndroid 5.0 Lollipop。CPUにはなんとオクタコアCPUを採用し、RAM 2GBでROM 16GBです。このスペックを見てわかるように、キャリア発売のスマホと比較しても遜色ありません。

スタイリッシュなデザインは端末スペックと合わせ、値段以上の価値というものを見出させてくれます。



背面のデザインもオシャレ。ヘアライン加工されたボディが端末に上質さを与えてくれています。こうした控えめながらも個性的なデザインであれば、男女問わず飽きることなく利用できるのではないでしょうか。



本体下部中央にはmicroUSBポートがあり、それを挟み込むようにしてスピーカーを設置。ヘッドホンジャックは本体上部にあるので、ケーブルが絡むということもありません。



電源やボリュームボタン、さらにSIMスロットは右側面にすべて集められています。



SIMスロットは上部がmicroSD / nanoSIM兼用で、下部はmicroSIM専用のスロットになっています。microSDを利用する場合、nanoSIMを利用できないので、格安SIMを購入する場合はmicroSIMサイズを購入するのがベスト。なお、どちらのスロットも同じ周波数帯、電波の受信が可能ですが、SIM1とSIM2が同時にLTE/3Gを受けることはできませんので注意が必要です。


使ってみた!




自分で格安SIMを購入した際、必ず行わないといけないのがAPNの設定です。これを設定しないとパケット通信をすることができません。設定と聞くと面倒に思いますが、本端末では10社のAPN設定が予めセットされているので、それを選択するだけで通信が可能に。OCN モバイル ONEをはじめ、IIJmioやBIGLOBE、So-netなど、メジャーな格安SIMのブランドネームが並びます。

なお、ここに記載されているもの以外を利用する場合は、自分でAPN設定を入力する必要があります。その際は、購入したSIMカードに添付されている説明書を参考に設定を行ってください。



他のスマホにはない機能として面白かったのが、現在の通信速度を監視することができる点。設定の「画面」にある「ネットワーク速度を表示」をONにすることで画面上部に通信速度を表示してくれます。また、「データ通信量の管理」からは、通信量をどの程度使っているかがわかり、また、アプリごとに「Wi-Fi」でのみ使用や「モバイル」「Wi-Fi」の両方で使用するという設定を行うことも可能。

通信エリアはキャリアと同じ格安SIMですが、時間帯によっては混雑して思うような速度を出せない時があります。無駄な通信を行ってデータ量を消費するのではなく、使い分けることでより賢く利用することができることでしょう。この機能は標準的に使えるようになって欲しいと願う部分でもあります。



この端末は搭載しているOSはAndroidですが、他社製のAndroidと違い、ホーム画面にドロワー画面。つまりアプリ一覧画面というのがありません。アプリをインストールするとiPhoneと同じく次々とアプリが追加されていくので、iPhoneから乗り換えた場合、最初につまずくことはないと思います。反対にAndroidに慣れた人のほうが慣れない可能性もありそう。



エンタメ機能でいうと、このP8liteには大きな特徴が2つあります。1つは写真機能。メインカメラが1,300万画素でインカメラは500万画素と、数値だけ聞くと一般的なSIMフリースマホという印象かと思いますが、「ビューティーモード」という独自の機能を搭載しています。美白効果や目を大きくさせる効果など、自分をより良く魅せることが可能。操作も簡単なので、誰もが直感的に使えるのではないかと思います。



もう1つが音楽再生機能。ファーウェイ独自の「Smart PAシステム」により、音楽ファイルや動画の再生時の音われやハウリングなどを抑止。この機能はヘッドフォンだけでなく、本体スピーカー再生時にも効果があるようで、比較的大きな音を出しても問題ありませんでした。



もちろんエンタメ機能だけでなく、ビジネスに向けた機能を持ったアプリもプリインストール。「WPS Office」は無料のオフィスソフトで、マイクロソフトオフィスによく似た機能をもっており、拡張子が同じなので互換性もあるのが特徴です。さらにもう1つ嬉しいアプリとしては、「端末マネージャー」があります。これは、端末のキャッシュ情報を削除したり、省電力に有効な機能を設定できたりする大変便利なアプリ。多くのAndroidユーザが「マスト!」と考える機能を持ったアプリが最初から入っているのは嬉しいポイントではないでしょうか。

非常にリーズナブルでありながら、チープさを全く感じさせないHuawei P8lite。ハイスペックなモデルと比較すると頼りなく感じる部分はありますが、同価格帯のSIMフリースマホと比較すると一歩も二歩も先をいっており、「超お買い得!」と断言できます。

自身のセカンド端末や、家族向けにそろそろスマホと考えている方には最適の1台と言えるでしょう。

このページをご覧の皆様へSIMフリースマホ販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





ファーウェイジャパン
Andorid 5.0搭載 LTE対応 SIMフリー 5インチスマートフォン
P8 Lite ブラック 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク) 

カラーバリエーション
ホワイト
ゴールデン
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード