2015.11.13
屋外でらくらく視聴!画質・音質にもこだわったブルーレイレコーダーを使ってみた!
2015.11.13

屋外でらくらく視聴!画質・音質にもこだわったブルーレイレコーダーを使ってみた!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3



屋外でらくらく視聴!画質・音質にもこだわったブルーレイレコーダーを使ってみた!

今回紹介するのはPanasonicのブルーレイディーガシリーズ「DMR-BRG2010」です。ブルーレイレコーダーという商品郡のなかでも、人気・支持とも非常に高いディーガシリーズ。「機械に詳しくなくても簡単につかえて、どこでも観られるのがとても便利!」と評判の製品の新モデルを紹介します。





シンプルでありながらもスタイリッシュで一切の無駄を削ぎ落としたデザイン。430×44.5×179と、コンパクトサイズであるため置き場所に困るといったこともなく、また、重量も2.5kgと軽量の部類に入ります。





フロントパネルを開けるとBD/DVD/CDスロット、SDスロット、USB2.0スロット、B-CASカードスロットが並びます。一昔まえのレコーダーですと、パネルを開けると機器操作を行うボタン群がありましたが、最近のものはそうしたものはなくなっており、全体的にスッキリとした印象へ。

BD/DVDスロットは再生だけでなく録画可能。録画した番組の仕様にもよりますが、高品質なBDにも記録することができます。CDへの録音はすることはできませんが、なんとハイレゾ対応しているオーディオを接続することで楽しめます。最高の映像オーマットである4Kに対応しているだけでなく、最高音質のハイレゾも楽しめるのは嬉しいポイントですね!





背面には、各接続端子を設置。注目は「光デジタル音声出力」端子が備えられている点です。光デジタルのメリットは通常のアナログ接続と比較し、映画などの映像フォーマットに収録されている繊細な環境音や、ダイナミックで臨場感あふれる、まるで映画館のような音を再現が可能。もちろんそれを楽しむには専用機器が必要ですが、性能から考えると価格が抑えられているので、あわせて5.1chの音響システムを導入してみるのも良いかと思います。

映画以外にハイレゾ収録された音源をサラウンドシステムで聴くのもオススメ。リッチな視聴環境を整えるチャンスかもしれませんね。





本体に操作ボタンがないので各種操作はリモコンから行います。ボタンに「何を操作するのか?」がわかるように表示されているので、マニュアルを見ることなく使いこなせることでしょう。また、最近話題のストリーミング動画サービス「NETFLIX」をワンタッチで観られるボタンも搭載。日本のお茶の間にもNETFLIX旋風が巻き起こるのかもしれませんね。






使ってみた!



本体にアンテナやケーブルを接続し、B-CASカードを挿入したらチャンネル等の設定を行っていきます。ネットワークを利用した機能がふんだんに搭載されているので、有線LANによる接続、または無線LAN設定を忘れずにおこなってください。

スマホ連携が魅力。「CLUB Panasonic」の登録をして屋外視聴を楽しもう!



最近のブルーレイレコーダーの殆どがスマホ連携を行っているように、このDMR-BRG2010も当然ながらスマホとの連携が魅力。そうした機能も最初に使えるようにしておきましょう!!





この機能を使うには「CLUB Panasonic」への会員登録が必要。ちょっと面倒かなと思うかもしれませんが、Panasonicからのお得情報やオススメ番組紹介など、多岐にわたったサービス内容となっているので、入っていて損することはありませんよ。





登録が完了したら、続いてアプリのダウンロードを行い、先ほど登録したCLUB PanasonicのID・パスワードを入力ください。なお、今回利用したアプリはPanasonicが提供する「Panasonic Media Access(パナソニック メディア アクセス)」です。アプリの詳しい使い方やダウンロード先については以下URL先にて確認ください。
Panasonic / ビエラとディーガならテレビや録画が外でもスマホで見られる!





このアプリは録画した番組を観たり、家の中であれば放送中の裏番組を観られたりするという点だけでも十分優秀ですが、さらに外出先から録画の設定をすることが可能。CLUB Panasonicからのオススメ番組情報などを観て「あ、これも録画しておきたい!」と思ったときにすぐ実行することができるので観たいを逃しません。





ネットワークを利用して視聴するので、これまでの機器では必要だった録画番組の「持ち出し登録」や、「録画データの書き出し」といったものがないため、時間をとることなく手軽に録画番組を楽しめるのがメリット。スマホで観ていた番組の続きを自宅のテレビが観ることのできる「スワイプ&シェア」機能も搭載しているので、過去の録画番組をちょっとずつ観て、気に入ったものを大画面で楽しむなんてことも可能です。





なお、視聴時の画質は4段階から選択可能。画質が高くなればなるほど、消費するデータ通信量も大きくなるので、最高画質で楽しむ場合はWi-Fi環境が整っているところで利用したいですね。

大事なことを忘れていましたが、このDMR-BRG2010は6チューナー搭載しているので、同時に6番組の録画が可能。もちろん、内蔵されているHDD容量もたっぷり2TBあります。2TBでどれくらい録画ができるかというと、地上デジ(HD放送17Mbps)で約254時間。さらに、外付けHDDも簡単に接続することができます。

撮りためた番組をいつでも観られる。自分専用の動画ストリーミングサービスとして活用することができるのではないでしょうか。






他にも機能が満載となっており、これまでの「あったらいいな」「できたらいいな」ができるようになっている商品です。納得して購入・利用できる逸品といえることでしょう。

このページをご覧の皆様へブルーレイ/DVDレコーダー販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





パナソニック
ブルーレイ/DVDレコーダー
DMR-BRG2010 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)
nova3

関連キーワード