2015.11.30
ファブレットサイズの決定版!? Huawei P8 maxを使ってみた!
2015.11.30

ファブレットサイズの決定版!? Huawei P8 maxを使ってみた!

gooスマホ部編集部
gooスマホ部編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3



ファブレットサイズの決定版!? Huawei P8 maxを使ってみた!

今回紹介するのは、スマホとタブレットの中間サイズとして何かと使い勝手が良いと言われているファブレットサイズのスマートデバイス「Huawei P8 max」です。では早速その特徴について確認してみましょう。





約6.8インチのディスプレイを持ち、高さ182.7mm、幅93mmです。搭載されているチップセットはHuaweiの子会社であるHiSilicon社製のKirin 935 オクタコアCPU。RAM 3GB / ROM 32GBとスペックは申し分ありません。端末のスコアについては後ほど確認してみます。





カラーは上品で高級感のあるシャンパンゴールド。スパークリングワインのように柔らかく輝くボディは男女問わず受け入れられるものだと思います。また、特殊マグネシウム合金製のメタルボディは質感も良く、端末の存在感と高級感を高めてくれています。

近年発売されているスマホ・タブレットと同じくバッテリは一体型のため取り外すことができません。なお、容量は4,360mAhと大容量のものを採用しています。これだけのバッテリ容量とメタルボディを持ちながらも重量は約228gとそこまで重くありません。





ボディの厚さは約6.8mm、本体右側面に音量ボタン、電源ボタン、SIMカードスロットを配置。スキッリとしたデザインは好感が持てます。





SIMスロットは2つありますが、3GやLTEによる通信を利用するには本体下部側のスロットを使用。サイズはmicroSIMサイズです。本体上部側のスロットは2G(GSM)専用のスロットでnanoSIMサイズです。国内では2Gの電波は利用できないので、こちら側にSIMを挿さないよう注意ください。また、このスロットはmicroSDと兼用となるので、日本で使う場合はmicroSDをセットしておくのが良いかと思います。





USB端子とステレオジャックは端末の上部にあります。こうしたデザインというのは中々珍しいのではないでしょうか。なお、端末の下部にはマイクとスピーカーがセットされていました。






使ってみた!



初期のセットアップが完了し、ホーム画面を開くと画面の美しさとともにプリインアプリの少なさに驚かされます。最近ではSIMフリーデバイスであっても、メーカー製のアプリを数多くプリインしているケースも少なくありませんが、本端末ではかなり厳選し絞りこまれているという印象を受けました。





「格安スマホは、安いから性能も良くないのでしょ?」と思っている人も少なくないことでしょう。そこで、スマホの性能を調べるのによく利用されるベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」を使ってチェックしてみました。結果は50,341というスコア。超ハイスペックな最新モデルと比較すると、やや見劣りするかもしれませんが、利用に際しては全く問題のない数値。安心して使用することができるでしょう。





なお、格安SIMを利用する場合はAPNの設定が必要となります。「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順にタップ。初期状態ではドコモの設定しか登録がないため、画面下部にある「メニュー」を押し「新しいAPN」選択します。続いて、利用するMVNO SIMの説明書等に記載されている手順で各種項目を設定し、登録したAPNを選択することで通信を利用することができます。

設定にかかる時間は初めて使うという人であっても5分とかからないことでしょう。思っているよりも手軽にできますよ。

なお、対応するLTEバンド帯はBand 1/3/7/38/39/40です。





この端末を使っていて便利だと思った機能が、大画面を活かしたデュアルウィンドウ機能。ファブレットサイズの端末では当たり前の機能ですが、これが付いているといないでは大違いです。Web画面をみながらメモをとることができたり、ギャラリーを表示させて画像を確認しつつそれを添付するメールを作成できたりと、使い方によって様々な用途に使えることでしょう。





もちろん縦方向だけでなく、横向きでも使用することができます。作業内容によっては横のほうが何かと捗ることと思います。





フルHDに対応し、透明度の高い画面で観る動画は迫力満点。このP8 maxでの一番の利用目的は動画を観るということかもしれませんね。





また音楽を楽しむのにも最適。Huawei独自のSmart PAシステムというサラウンド機能によって、クリアで歪みの少ない音質を楽しむことができます。ハイレゾ対応はしていないものの、迫力ある華やかさのある音のチューニングは、十分な満足感を得られるのではないでしょうか。






国内ではまだまだ少ないファブレットサイズのHuawei P8 max。スマホより大きく、タブレットよりも小さなサイズ感は遊びだけでなく、ビジネスマンにとっても重宝するのではないでしょうか。セカンド端末として最適な選択肢であるかと思います。

このページをご覧の皆様へSIMフリースマホ販売中!

価格はアクセスしてのお楽しみ!!





ファーウェイジャパン
LTE対応 SIMフリー 6.8インチ FHD(1080x1920)スマートフォン
HUAWEI P8 max 商品詳細&購入ページへ(NTT-X Storeへリンク)
nova3

関連キーワード