2016.3.29
アラサー女子のITライフ漂流記【格安スマホと通信料金】
2016.3.29

アラサー女子のITライフ漂流記【格安スマホと通信料金】

フィナンシェ西沢
フィナンシェ西沢
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

現代人の生活には欠かせない必須アイテムといえば、スマートフォン。メディアや報道でも触れられない日はありませんが、通信会社との契約内容やら新機種がどうこうなんて、ほとんど思い出さないのが標準的な一般人ではないでしょうか。

節約を考えて通信費が圧縮できたらいいなと思うくらいがせいぜいな一般人の私ですが、いわゆる意識の高いひとたちは格安スマホなるものに乗り換えているらしいですね。安くなるなら試してみてもいいんだけど、そのためにあれこれ情報集めたり比較したりは面倒臭いからこのままで……っていうのが本音。だったのですが、このたび、専門家であるITライフch編集者の全力サポートを受けながら格安スマホに乗り換えて、最適な契約を目指すことになりました。どんなに面倒臭がりの女性でも取りこぼしナシな、乗り換え工程体験記を連載していきます。

初回の本記事では、実は格安スマホが向いている女性の例を、使用状況を開示しながら紹介します。

■格安スマホは合わない、は思い込みでした

実は現在、使用しているソフトバンクのiPhoneが2年契約の更新月まっただなかです。2年ごとのこのタイミング、解約するなら今かと毎回アタマをよぎるものの、MNPが導入されようが格安スマホがもてはやされ始めようが完全なるスルーを決め込んでウン年。マメに通信会社を乗り換えて割引を上手に利用している男友達と話すにつけ、以前どこかで読んだ「女性は初めて携帯電話を所有したときに契約した通信会社をそのまま利用しつづける傾向が強い」なんて内容の記事を思い出しておりました。

ついでに思い出してみれば、会社支給の携帯電話で昼夜を問わない着信攻勢に追われた20代の会社員生活に疲れ果て、ベテランアラサーな現在は気楽な腰掛け派遣OL生活。業務上の緊急電話がかかってくるわけでもなく、彼氏もいないので頻繁に通話する予定もナシ。身内や友達との連絡はLINEの通話機能で十分です。




とりあえず、現在の契約プランを専門家がチェック。「パケットし放題フラット for 4G LTE」5700円にしていたようですが、店舗で勧められるままに選んでいたので正直覚えていませんでした。普段から通信容量はほとんど気にせずガンガン使用しているので「ちょうどいい格安契約なんてないんじゃないかなぁ」と考えていたのですが、専門家によると「7GBまで利用できるのに、月に平均2GBしか使っていませんね。パケット代多く払いすぎ。絶対乗り換えたほうがいいですよ」。……思い込みだったことが判明しました。

家の固定回線もソフトバンクの「ホワイトBB」プラン(3505円)でまとめているので、1500円弱の割引特典はありますが、月額料金は大体毎月13000円前後。「今の半額を目指しましょう!」。そんなこと可能なんでしょうか???

■端末も変えないといけないそうです

今使っているソフトバンクのiPhone 5sはそのまま格安スマホにできないらしいので、端末も変えないといけません。「やっぱりiPhoneが使い続けたいですか?」(専門家)。いいえ。まったくこだわりはありません。そもそもiPhoneを使い始めたのは、当時お付き合いしていた相手に勧められたのと、その頃は一番安かったからってだけですから。もう別れちゃったしね! 2年使って液晶の縁もガリガリになっちゃっているしね!

「SIMカードのプランはたくさんありますが、女性は通信プランと端末をセットで購入する傾向が強いんですよ」(専門家)。

対応している端末にどんなものがあるのかもよくわからないので、専門家に同伴してもらい、国内最大級の品揃えだというヨドバシカメラマルチメディアAkibaへ実際に見に行ってみることにしました。次回は、教えてもらった端末の選び方についてです。

◆ アラサー女子のITライフ漂流記【端末選び編】

nova3

関連キーワード