2016.3.30
KDDIが触れて遊んで人とつながれるぬいぐるみ「Comi Kuma」を開発
2016.3.30

KDDIが触れて遊んで人とつながれるぬいぐるみ「Comi Kuma」を開発

mi2_303
mi2_303
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

KDDIは3月29日に、”スマホの次”を発明することをキャッチコピーとするau未来研究所が、ぬいぐるみ型コミュニケーションツールのコンセプトモデル「Comi Kuma」を開発しました。

Comi Kumaは、キーボードやボタンを使わずに、ぬいぐるみを動かすだけでスタンプのやりとりができるIoTコミュニケーションツールです。そのシンプルな操作コンセプトから高齢者と離れた場所に住む孫をターゲットとしています。



実際に秋田県・五城目町で6日間のユーザートライアルが行われ、その成果はComi Kumaでスタンプを送る回数増加に見られる習慣化と、Comi Kumaをきっかけに電話などの直接的なコミュニケーションの機会が増加したことが報告されました。

スマートフォンを使い慣れていない、高齢者や小さな子どもでもぬいぐるみの頭をなでたり、抱きしめたりすることで離れた場所の相手にメッセージスタンプが送れるということで、テスト最終日にはComi Kumaと離れたくないというケースもあったのだとか。



Comi Kumaで送れるスタンプは全11種類。頭をなでると「おはよう」をイメージするスタンプが送られ、抱きしめると「大好き」をイメージするスタンプが送られます。ぬいぐるみには12個のセンサーが搭載されていますので、手を上げたり寝かせたりするとそのリアクションに合わせたスタンプが送信される仕組みです。



特にユニークなのが、Comi Kumaの口に搭載された二酸化炭素を感知するセンサーを利用した「キスセンサー」です。Comi Kumaにキスをすると(口を近づけると)、二酸化炭素の増加に反応してComi Kumaが「チュー」をしているスタンプが送信されます。また、足の裏の布地が静電容量方式のタッチセンサーとなっていて、仰向けにして足の裏をくすぐると、くすぐって遊んでいるスタンプが送信されます。

このようにぬいぐるみを実際に「触って」「遊んで」コミュニケーションが取れる点がこれまでのスマートフォンのコミュニケーションツールにはない新しい体験です。



このComi Kumaの仕組みは、スマートフォンとBluetooth接続を行い、スマートフォンを介して相手のスマートフォンへComi Kumaの状態をスタンプとして送るというもの。受け取ったスタンプはComi Kumaの首に付いた蝶ネクタイ型のディスプレイに表示されます。

Comi Kumaに表示されるスタンプは、リアルタイムのものとなっており相手が操作していないときは何も表示されません。だからこそ、スタンプが送られてきたら相手が今その場にいるということで、親近感のあるコミュニケーションが取ることができます。

スマートフォン内には受け取ったスタンプがタイムライン上に並ぶので、相手がどんなことをしていたのかを遡って見ることもできます。

Comi Kumaのアイディアを出したハッカソンメンバーのデザイン担当のあずあずさん

このComi Kumaの誕生は、au未来研究所で「プレイアブル」というテーマでハッカソンが開催され、その中からコンセプトモデルとして開発されたとのこと。発表会には開発したハッカソンメンバーが登壇し、そのコンセプトは「恋人同士がけんかをしたときにごめんと口では言えないときに使える」コミュニケーションツールであると話しました。

Comi Kumaを通して、「相手が抱きしめているんだ」、「キスをしているんだ」ということを想いながらコミュニケーションするのは、面白いアイディアと言えるのではないでしょうか。なお、本製品はコンセプトモデルなので現在のところ製品化については検討中とのこと。



無機質なIoTデバイスが多い中で、触って動かせるカワイイぬいぐるみ型のComi Kumaは新たな可能性を感じました。小さな子どもが楽しむのはもちろん、離れた場所に暮らすお年寄りや単身赴任の家族も、Comi Kumaを触ったり抱きしめたりしてコミュニケーションが取ることで、ぬいぐるみを子や孫、恋人のように愛おしく感じるのではないでしょうか。

nova3

関連キーワード