2016.4.8
藤原竜也さんらが登場!「ファントム オブ キル」イベント開催
2016.4.8

藤原竜也さんらが登場!「ファントム オブ キル」イベント開催

mi2_303
mi2_303
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

gumiは7日、六本木ヒルズアリーナにてスマホゲーム「ファントム オブ キル ―ZEROからの反逆―」のコンセプトフィルムを発表する「完成披露試写&レッドカーペットイベント」を開催しました。

朝からあいにくの雨でしたが、抽選で選ばれた150名のファンの前にリムジンの中から、主題歌を歌うでんぱ組.inc、声優の阿澄佳奈さん、ゆかなさん、Fuji&gumi Gamesの今泉潤プロデューサー、PRODUCTION I.Gの塩谷直義監督がレッドカーペットに登場。

それに続き、今回お披露目となるコンセプトフィルムの主人公ZEROの声優を務める俳優の藤原竜也さんがレッドカーペットに降り立つと、ファンのサイン攻めに合う一幕も。

今回上映したコンセプトフィルムは、「ファントム オブ キル」のゲームに繋がる壮大な世界観を描いた作品。さらに会場に来られなかった声優の雨宮天さんと、花澤香菜さんのコンセプトフィルムに対するビデオメッセージが届けられました。

劇中で叫ぶシーンが印象的だった藤原さんは「強かったですよね、ZEROが。強いキャラクターでラッキーな役を頂いたなと思います」とコメント。
「想像を超える音楽と映像でまるで映画のようだった」と語るゆかなさんは、藤原さんについて「ZEROより真っ白になるぐらい叫んでいて、声をからして体当たりの演技をされていました」と収録時のエピソードを明かしました。

阿澄さんは「21分という短いなかで、これだけ重厚な世界観を描けることにビックリしました」とコメントし、収録では監督の説明を聞いて演じたとのこと。

今泉プロデューサーは「ゲームの中でのキャラクターの声とは違う人と人との人間ドラマは描くのが難しい。塩谷監督と話し人間ドラマとして、何故キル姫になったのかを描きました。(コンセプトフィルムを観て)これでゲームをやっている時に、各キャラクターのストーリーを想像して貰えれば」とコメントしました。

今泉プロデューサーは藤原さんにZERO役をお願いした理由について「藤原さんはすぐにわかる印象的な声の持ち主。それをキッカケに多くの人にゲームを遊んで頂きたい」という意味がこめられているのだという。

塩谷監督は「ファントム オブ キルをアニメーション化したとき、そこから始まりゲームへ入るという流れを、自分の得意なダークな世界観に落とし込んだ。15分の依頼だったが、21分になってしましった」と語り、個々のキャラクターの悩みや苦しみを短い時間に構成すること悩みながら制作したと明かしました。今回のレッドカーペットイベントは、ファントム オブ キルのプロジェクトZEROのひとつ。ゲーム、コンセプトフィルムに続き「VR体験」プロジェクトが、4月9日(土)~10日(日)の2日間、渋谷パルコ パート1 公園通り広場にて「ファントム オブ キル ―SHOUT ZERO VR―」と題したイベントを開催します。

このイベントに先だち「Gear VR」を装着し藤原さんがVRの世界を体験。初めてVR体験をしたという藤原さんは、興奮冷めやらぬ口調で「凄い」を連呼し。「今日はぜひあれ(Gear VR)を頂いて帰りたいと思います」と早くもVRの世界に魅了されたようです。

スマホで映像を再生していることが伝えられると、藤原さんは「あれを入手すれば、家でできるようになるんですか?」と質問すると、今泉プロデューサーは「これからああいう遊びが増えてきます」と答え、渋谷で今週末体験できるとアピールしていました。

イベントの最後はでんぱ組.incによるミニライブが開催され、雨を吹き飛ばすようなパフォーマンスを見せてくれました。

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード