2016.4.15
災害時には通話より災害用伝言板の利用を
2016.4.15

災害時には通話より災害用伝言板の利用を

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

4月14日に熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震が発生し、余震とみられる地震が現在も続いています。大規模災害時には携帯電話やスマートフォンの通信が集中し、家族や友人の安否確認が困難になることがありますが、各通信会社では安否確認に利用できる災害用伝言板や音声送信サービスが設置されます。

震度6弱以上の地震など大きな災害が発生した時、NTTドコモ、ソフトバンク、auの各社では災害時専用のサービス「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」が開設。災害用伝言板は被災地域の在住者や滞在者が、携帯電話やスマホから「無事です」「被害があります」「自宅に居ます」「避難所に居ます」「無事です」などの定型メッセージから選択して自身の状況を登録でき、安否情報はインターネットなどを通じて全世界から確認できます。あらかじめアドレスを指定しておけば指定先のメールアドレスへ災害用伝言板へ登録したことを通知できたり、被災地にいる相手へ災害用伝言板への安否情報登録を依頼したりすることもできます。

災害用音声お届けサービスは、自身の安否情報を音声メッセージで登録し、携帯電話番号で指定した相手あてに送信。受信者が音声メッセージを確認すると、送信者にポップアップやSMSで通知されます。圏外や電源が切られていても蓄積してメッセージを預かり、繰り返す機能も備えています。発信が集中することで通話がつながりにくくなった場合、音声通信に代わってパケット通信を利用することで、音声メッセージを速やかに伝わります。

申し込み手続きは不要、月額利用料金などは無料です。

NTTドコモ
ソフトバンク
au

各社はGoogleが災害時に提供する「Googleパーソンファインダー」とも連携。被災者の名前で地震や家族、友人などの安否情報を登録、検索、閲覧できるツールで、災害用伝言板のトップページから、簡単にアクセスが可能です。

Googleパーソンファインダー

また、各通信会社の災害掲示板やGoogleパーソンファインダーに加え、NHKなどの放送機関や企業・団体などが収集した安否情報がまとめて確認できる共同サイト「J-anpi安否情報まとめて検索」もあります。

パソコンやスマホ、携帯電話から、電話番号か氏名を入力すれば、上記を対象に一括で検索、結果をまとめて確認可能。利用は無料です。

J-anpi安否情報まとめて検索

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード