2016.4.22
アラサー女子のITライフ漂流記【通信会社検討編】
2016.4.22

アラサー女子のITライフ漂流記【通信会社検討編】

フィナンシェ西沢
フィナンシェ西沢
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

体形のメリハリは失いつつあっても、生活と家計のメリハリは20代のコムスメには負けないと自負したいお年頃のアラサー女子にとって、通信費などの固定費は真っ先に圧縮するべきもの。スマートフォンをこれまで使っていたソフトバンクのiPhone 5sからSIMフリーに乗り換えるため、iPhone SEの購入を決めた前回。予約開始日にAppleストアで注文し届くのを待つ間、専門家であるITライフch編集部員の指南を受けながら契約する通信会社を検討しました。

いくら使い慣れたiPhoneを使用したとしても、快適さや料金を左右するのはMVNO事業を展開する通信会社。「目指せ! 月額料金半額!」のためにも慎重に考えなくていけませんが、端末ほどではなくても通信会社もやまほど存在しています。一体どうやって選べばいいのでしょうか。

■納得する契約のための心得

専門家に聞いてみました。

「まずは、自分が何を求めているかをしっかり見極めましょう。とにかく通信料金を安くしたいだけなのか、手厚いサービスでしっかり使いたいのか。いくら安くてもサポート窓口がメールしかなかったりコールセンターにつながりにくかったりする会社はありますし、サポートが充実していればそれだけ人件費もかかるため格安感は低くなります。自宅のインターネット回線を契約し直すなら、工事費も考慮しなくてはいけません」

「でも結局は、フィーリングかもしれません。安くても高くてもどちらでも、メリットとデメリットはあります。疑問点は店頭や電話でしっかり質問して解消しておけば契約後に不満を覚えたとしても納得できますし、自分がどこを重視しているのかも整理できますよ」

……それが億劫だから、今までMVNOに乗り換えてこなかったんだよね!

家の固定回線もソフトバンクでまとめていたから一緒に切り替えないといけないし、セット契約できるところがいいかな。サポートはこれまでもまったく利用したことないから有無は気にしない。だってどっちも面倒くさいんですもの!

■専門家が選ぶMVNO5社

専門家がピックアップしてくれた通信会社は5社(カッコ内はサービス名)。

BIGLOBE(BIGLOBE SIM)
MVNO事業への力の入れ方が最近特に目立つそう。「通信回線を強固にするための設備投資に積極的で、保証やプランも充実化しています」。もともとプロバイダー事業を手がけている企業なので、固定回線ももちろん対応。最近は新電力事業も始まり、キャリアと変わらないなという印象です。

U-NEXT(U-mobile)
固定回線も含めたトータルコストが安価。「南青山などに自前の店舗を構えているので、実際に相談できるのも大きな魅力です」。母体がUSENなので、豊富なエンタメコンテンツをスマホ向けにも展開しているそう。

ケイ・オプティコム(mineo)
「サービス内容がとにかく面白いんです!」。その月にあまったデータ容量は友達や家族へ贈れたり、ユーザー同士でプールしたりするシステムがあります。公式コミュニティーサイトがあり、詳しいユーザーがサポート代わりに相談にのってくれるそう。ただプロバイダー事業は関西のみ展開で、実店舗も大阪市にだけ。私は山手線の内側在住なので、残念ですが見送ります。

DMM.com(DMM mobile)
格安SIMの中でもさらに低額ですが「MVNEのIIJが技術面を支えているので、安心して使えます」。プロバイダー事業はなし。IIJで別契約する手はありますが「技術的な信用がおけるので通信の安定を求めるならお薦めですが、料金はMVNOとしてはスタンダード。動画サービスの視聴程度にしか利用しないなら、もっと安いところがいいでしょうね」。

NTTコミュニケーションズ(OCN モバイル ONE)
プロバイダーも提供している老舗。安心感はいちばんです。「自前の店舗こそありませんが取扱店は多いです」。その分利用者数が多く、関西在住の身内も使っているのですが、ときどき通信が混雑すると聞いているのがちょっとだけ心配かな。

5社ともSIMカードが郵送されるまでスマホが不通になるタイムラグがない即日開通に対応しており、DMM mobile以外は家電量販店などでの対面の新規MNPが可能。これは面倒くさがりとしても社会人としても、最低限求める条件です。

端末を選びに家電量販店を訪れたとき、店員サンも一緒に通信会社を考えてくれました。そこで提案されたのは、BIGLOBEとU-NEXT。専門家ふたりが薦めてくれているなら(考えるのが面倒くさいから)もうその二択で決定! でも、どちらにしよう……。

疑問点とともに悩みどころも、契約前にしっかり聞いて解消しておかなくてはいけません。iPhone SEが届く、そしてソフトバンクの契約更新月のリミットまであとン日。さらに本職の“専門家”へぶつけてみるべく、BIGLOBE社とU-NEXT社へ押しかけてアピールポイントを聞いてきました。

◆ アラサー女子のITライフ漂流記【U-NEXTにするとしたら】

nova3

関連キーワード