2016.4.27
期間限定!アキバのカフェでカジュアルなVR体験
2016.4.27

期間限定!アキバのカフェでカジュアルなVR体験

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

ダイバーシティの「VR ZONE」やサンシャイン60「SKY CIRCUS」といったVR施設が続々とオープンしています。しかし、そのどれもが予約困難な状況となっており、VRを体験したいと望んでもままならないのが現状です。

そんな中、スマートフォンコンテンツの開発やネットワークエンジンなどの開発・提供を行っている株式会社モノビットは、「多くの人にVRを知ってもらいたい」「VRを気軽に体験してもらいたい」と考え、啓蒙活動の一環として4月26日から5月5日までの期間限定で「MONOBIT VR CAFE」(以下、モノビットVRカフェ)を東京・秋葉原にオープンさせました。

■「HTC Vive」と「Gear VR」が楽しめるモノビットVRカフェ

モノビットVRカフェでは、カフェスタイルのカジュアルなVR体験をすることができます。今回カフェスタイルでの体験を提供した理由としては、近頃オープンしているVR施設はアミューズメント的な大掛かりものばかり。そうした特別な施設でなく、もっと身近にVRを感じて欲しいという考えがあったからとのこと。

カフェということで、VR体験をせずにランチやティータイムを楽しむことが可能です。価格は500円からで、メニューの中にはVRをイメージした食事も用意。味もさることながら見た目も楽しいものとなっています。こちらの店舗ではアルコールの提供はなし。写真右上のモノビットVRカフェをイメージしたという、赤いカクテルもノンアルコールのソフトドリンクタイプです。

用意されているVR機器は、スマホでも楽しめるVR体験として「Gear VR」、PCを使ったよりハイスペックなVRとして「HTC Vive」があり、簡易的なVR体験として「ハコスコ」の準備も。チャージ料金はありませんが、これらVR機器を楽しむにはワンオーダーする必要があります。

Gear VRでは恐竜戯画をはじめとしたVR動画を楽しむことができます。ゲームではなく、鑑賞型コンテンツなのでVRがどういうものかを知らないという人への導入には丁度良い内容となっているのではないでしょうか。体験時間は5分程度です。

一方、HTC ViveではVRベースボールゲームの「PITCH-HIT」とVR射撃ゲームの「Skeet」のどちらかを体験することができます。HTC Viveはルームスケーリングといって部屋の対角線上にセンサーを置くことでVR空間を自分の足で歩き回れる機能が備わっています。

家庭でもルームスケールを使ってのVR体験をすることはできますが、自宅で行う時には家具類を片付けてからでないとプレイすることは困難。しかし、ここでは何もない広い空間が確保されているため、HTC Viveが持つ魅力的な機能を堪能することができます。体験時間はHTC Viveの着脱とあわせて10分ほど。


■ゴールデンウィークは秋葉原でVR体験!

店舗にはモノビットのスタッフが常時在中しており、来店したお客さんに対し、VRの説明や楽しみ方をレクチャーしてくれます。初日となった26日は、オープン前から多くの人が来店し、各VRコンテンツを楽しんだとのこと。混雑時には整理券を配布しての対応となりますが、なるべく多くの人に体験してもらえるよう努力すると話してくれました。

「VRは体験しないことには、そのスゴさは分からない」と言われており、実際にその通りであるものの、HTC Viveをプレイしている人の姿を見ているだけでも面白さが伝わります。VR空間で動き回っている姿は1人芝居を見ているのかと思うと同時に、自分が装着した際の期待感を高めてくれます。

事実ここでVR体験した人たちのが多くが、「楽しかった、また体験したい!」と異口同音に発し、また、その様子をすぐさまSNSへ投稿している姿が印象的でした。口コミが口コミを呼んで、多くの人の来店につながっているのかもしれません。

この日、来店していた客層は若者が中心とのこと。当初は男性しか来ないのかなと心配もありましたが、男女比は7:3で女性もVRに対し大きな関心を持っていることがわかったとは、店舗スタッフの弁。開放的な雰囲気であることも入りやすさの要因かもしれません。

期間終了後の動きに対して聞いてみたところ、現時点では「未定」としながらも、反響次第では何かやるかもしれないという気配を感じることができました。

10月にはPS VRの発売も控えており、より爆発的な広がりが予想されていますが、実際に体験したことのある人というのはまだまだ少ないのが実情です。このような体験施設が増えることで、VRの楽しさと可能性をより多くの人が知ることになるでしょう。そうなるためにも、期間限定ではなく常設の施設オープンを願いたいものです。

◆MONOBIT VR CAFE

nova3

関連キーワード