2016.5.5
ソニー・エクスプローラサイエンス、電子タグMESHの体験会「MESHタッチ&トライ」を開催
2016.5.5

ソニー・エクスプローラサイエンス、電子タグMESHの体験会「MESHタッチ&トライ」を開催

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3

ソニーのエレクトロニクス製品や同グループのエンタテインメントコンテンツに活用される最新技術に触れられる体験型科学館、ソニー・エクスプローラサイエンスは5月14日、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ「MESH(メッシュ)」の体験会「MESHタッチ&トライ」を開催します。

MESHは誰でもかんたんにデジタルなものづくりができるツール。無線でつながる小さなブロック形状の電子タグ(MESHタグ)を組み合わせることで、難しい電子工作の知識やプログラミングの知識がなくても、IoTを活用した仕組みをつくることができます。MESHタグはそれぞれ、動作やライト、ボタン、明るさセンサーなどのさまざまな機能を持ち、無線でMESHアプリとつなげることが可能。アプリ上でタグを連携させて、自分で考えたアイディアがかんたんに実現できます。

MESHタッチ&トライでは、参加者は年齢を問わず自由にMESHを使って、新しいものづくりを体験することができます。過去のMESHのワークショップでは、「世の中のゴミを減らすには?」という発想から生まれた、タグを使ってモーターを動かし、ゴミを捨てようとするとストローがじゃまをする「ゴミを捨てにくいゴミ箱」や、ゴミを捨てようと箱をあけると、大きな音がして写真を撮られ、LEDライトが光る「ゴミを捨てた人の写真を撮るゴミ箱」などが生み出されました。

体験会では、MESHプロジェクトがオライリー・ジャパンと共同で開催するアイディアコンテスト「Maker Challenge powered by MESH」に応募することが可能。コンテストの入賞作品は、8月6、7日の両日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2016」で展示されます。

会場はソニー・エクスプローラサイエンス内のスタジオSES、各回1時間の入れ替え性で5回実施します。参加資格は小学3年生以上で、各回10組まで。参加費、事前予約は不要ですが、別途ソニー・エクスプローラサイエンスへの入場料金は必要です。

ソニー・エクスプローラサイエンス

nova3

関連キーワード