2016.5.12
立てかけに便利なすべり止めを搭載したMIL規格準拠タブレット「arrows Tab F-04H」
2016.5.12

立てかけに便利なすべり止めを搭載したMIL規格準拠タブレット「arrows Tab F-04H」

mi2_303
mi2_303
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

NTTドコモ(以下、ドコモ)は5月11日、「NTTドコモ 2016夏 新サービス・新商品発表会」を開催し、Android 6.0(開発コード:Marshmallow)搭載タブレット「arrows Tab F-04H」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を7月下旬に発売することを発表しました。

前モデル「ARROWS Tab F-03G」から約2年ぶりの後継機となるarrows Tab F-04Hは、場所を選ばず安心して使える防水・防塵機能をそのままに、ロック解除に利用されていた生体認証が指紋認証から、目で認証する虹彩認証に変更となりました。虹彩認証なら手が濡れていても簡単に認証が行えるため、キッチンやお風呂でも使いやすいよう進化しています。

虹彩認証のセンサーは上部の中央付近にあります

主なスペックとして、CPUはQualcomm MSM8992 1.8GHz+1.4GHzヘキサコア、内蔵メモリー(RAM)3GB、内蔵ストレージ32GB、最大200GBのmicroSDXCに対応、CA(キャリアグリゲーション)対応で受信最大262.5Mbps・送信最大50Mbps、Bluetooth4.1対応など。本体サイズは高さ約266mm × 幅約175mm × 厚さ約6.8mmです。

前機種の前面にあった指紋センサーがなくなったことで、ガラス面がフラットになりスッキリとしたデザインとなっています。樹脂製のバックパネルは「ブラック」と「ホワイト」の色違いで2モデルあります。どちらもつや消し加工でサラサラとした手触りでした。実際に手にしてみると見た目以上に軽く、そして薄くなっており、前機種よりもさらに薄くなり、重さは約10.5インチディスプレイのタブレットながら430g台とのことでした。

この薄型ボディーにはなんと、米国国防総省が定めたMIL規格の14項目に準拠する高耐久ボディーなのです。タフさを要求するMIL規格はアウトドアでの利用はもちろんですが、精密機械にとってキッチンの水場や高温多湿なお風呂は、想像以上に過酷な環境となるのです。タブレットを安心して使う上で欲しい性能の一つですね。

前機種では側面が大きくラウンドしたデザインでしたが、arrows Tab F-04は一枚の板のようなデザインにリニューアルされています。このデザインの変更に合わせて、下面と左面・右面にエラストマー製のすべり止め「グリップエッジ」を採用。

このグリップエッジは壁面などに立てかけてもすべらないため、タブレットを立てかけるためのスタンドが入らないような狭いスペースに設置できるという特徴を持っています。キッチンやデスクの狭いスペースでも場所を取らずに設置でき、内蔵テレビ機能(ワンセグ・フルセグ対応)や動画をステレオスピーカー楽しむことができます。

なお、壁面がない場所でも立てて利用できるよう折りたたみ可能なスタンドが付属します。

ディスプレイは約10.5インチWQXGA(2560×1600ドット)の有機ELを搭載。高精細と発色の良さが特徴で、タブレットの大画面ならではのテレビや動画視聴、写真鑑賞に最適です。

カメラ機能はアウトカメラが約810万画素で据え置きですが、インカメラは約120万画素から約240万画素に進化しています。自撮り用途はもちろんですが、インカメラを利用したリアルタイムコミュニケーションがこれまで以上に綺麗に行えるようになりました。しかしながら、画面の解像度が約400万画素相当ですので、インカメラの画素数はもう少し欲しいなと感じる所です。

発売は夏ですが、今年の秋には2年目を迎えるタブレットARROWS Tab F-03Gや「Xperia Z2 Tablet SO-05F」からの機種変更の候補として良いのではないでしょうか。

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード