2016.5.12
スマホの基本機能を満載し、ミッドレンジ以上のデザインとタフな作り「arrows SV」
2016.5.12

スマホの基本機能を満載し、ミッドレンジ以上のデザインとタフな作り「arrows SV」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

NTTドコモは5月11日、2016年夏の新商品として、富士通製スマホ「arrows SV(F-03H)」を発表しました。arrows SVは、画面サイズ5.0インチで、OSにAndroid 6.0、CPUに1.2GHzクアッドコアを搭載。LTEは受信時最大150Mbps、送信時最大50Mbpsと、今回のドコモ新商品ラインナップ中、唯一のミッドレンジモデルとなっています。

ただし、ハイエンドモデルではないといっても、安っぽい雰囲気が見てとれるスマホとは一線を画した作りが特長です。

まず、デザインについては、ゴールドとブラック、ホワイトの3色で展開。それぞれ鉱石をイメージしたという落ち着いたカラーとなっています。

また、本体側面にはアルミの表面にハードアルマイト加工を施したフレームを採用しています。この素材の特長として、通常のアルミフレームより強度に優れており、2015年12月に発売されたハイスペックモデル「arrows NX」のボディにも用いられています。

ブースでは10円玉をフレームに擦り付けても傷が付かず、逆に10円玉が削れてしまい、付着した粉をふき取って元通りにするという、インパクトのあるデモンストレーションを行っていました。

またarrows SVは、アメリカ国防総省が定める軍用の調達基準(ミルスペック)に準拠した耐衝撃性を備えており、落としたりぶつけたりといった日常でのアクシデントだけではなく、アウトドアなどハードな場面での使用にも耐えうるといった、細やかなデザインから受ける印象とは異なるタフな一面を持っています。

また、カメラ性能についても、F2.0のレンズや高感度のイメージセンサによって暗所での撮影に対応したほか、逆光でもファインダーで仕上がりを確認しながら、きれいな写真が写せる「リアルタイムHDRモード」も搭載しています。

他にも、ワンセグやおサイフケータイといった、ドコモスマホとしての基本的な機能をしっかりと押さえており、フィーチャーフォンからの乗り換えに加え、旧モデルでハイエンドスマホを使っていたユーザーの買い替えにおいても充分使える性能を備えています。

なおかつ価格も2万円台前半となる予定ですので、デザイン、性能、価格のバランスから、今回の新商品ラインナップにおいて、お買い得といえる商品になることでしょう。

格安スマホ 灼熱のウルトラサマーセール

関連キーワード