2016.5.19
ことしの梅雨は長い? 雨雲予測iOSアプリ「そらレーダー 2」で備えを
2016.5.19

ことしの梅雨は長い? 雨雲予測iOSアプリ「そらレーダー 2」で備えを

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール
モバイルアプリ開発のそらかぜは、雨雲予測iOSアプリ「そらレーダー 2」を5月17日に公開したと発表しました。

気象庁は、今年の梅雨入りを6月8日ごろ、梅雨明けは7月21日ごろと予測しており、例年よりも期間が長くなるといわれています。そらレーダー 2では観測情報の取得を、従来のXバンドMPレーダから日本気象協会が提供する高解像度降水ナウキャストのデータへと切り替え。日本全国の地域がカバーできるようになりました。直前の雨雲の様子や直近5分間の雨雲予測を表示するほか、レーダー画像はTwitterやFacebookへの投稿も可能です。

初月無料で月額120円の予測購読機能では、雨雲予測は5分単位で最大1時間後までを表示。スライダーで簡単に時間変化を確認することができます。また、現在地や登録した地点の合計3点までの1時間以内の降雨情報がプッシュ通知されます。

そらレーダー 2は無料で、対応OSはiOS8.1以降です。

同社の既存アプリ「そらレーダー 1」とは別アプリとして公開されており、そらレーダー 1はサービスを終了予定とのこと。5月31日にAppStoreでの公開停止、7月31日に通知サービスが停止されるため、同社ではすでにそらレーダー 1の月額予測購読を利用しているユーザへの購読キャンセルを呼びかけています。

・そらレーダー 2

  • App Storeダウンロード
オプションセットでさらにお得!OCN モバイル ONE 5周年記念感謝セール

関連キーワード