2016.5.27
10代に人気の「歌って投稿」する音楽SNSアプリ「nana」、登録ユーザー数200万人突破!
2016.5.27

10代に人気の「歌って投稿」する音楽SNSアプリ「nana」、登録ユーザー数200万人突破!

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール
nana musicが提供する音楽SNSアプリ「nana」の登録ユーザー数が200万人突破したと5月23日に伝えられました。nanaはスマホで歌声や楽器演奏を録音・投稿できるサービスで、毎日5万曲以上の楽曲が投稿されているという話題のアプリ。




nanaの利用者数は2012年の誕生以来、順調に推移しているものの、2014年11月に50万人を超えてからは利用者の伸びに加速度がかかり、昨年6月に100万人をマークし、この1年足らずのうちに倍の200万人へと成長しました。nanaを利用するユーザーの6割以上が10代の中高生で、男女比は約7:3で女性登録者が多くなっています。本アプリでは、投稿された楽曲に対しユーザー同士で「拍手」や「コメント」をつけたり、投稿されたパートを重ね録りすることができ、そこから数多くのコラボ作品が生まれているといいます。スマホひとつで簡単にコンテンツが作成でき、趣味趣向の近い仲間を簡単に見つけられるという点が、本アプリの人気のヒミツなのかもしれません。

またnanaの特徴として挙げられるのが、こうしたアプリ内でのコラボを通じ、ウェブだけに留まらずリアルでの音楽活動にも繋がっているところ。全国各地でユーザー主催のイベントが行われており、なかには200人以上を集客しているイベントもあるとのことで、歌や楽器演奏を通じて楽しむ若者のコミュニティが広がりをみせているようです。

昔はバンドのメンバー募集やライブ告知などに雑誌が利用されてきましたが、デジタルネイティブ世代と呼ばれる10代にとっては、スマホを通じてそうしたことを行うのが極々自然なことなのでしょう。時代の変化に合わせたスタイルの違いに「昔は○○だったのに」と言うのではなく、楽しんで取り入れてみることが良いのかもしれませんね。
今年一年のご愛顧にお答えして!平成最後の年末感謝セール

関連キーワード