2016.5.31
ハイスピードIGZOと2,260万画素カメラの「AQUOS SERIE」と、4日間以上の電池持ちを実現した「AQUOS U」
2016.5.31

ハイスピードIGZOと2,260万画素カメラの「AQUOS SERIE」と、4日間以上の電池持ちを実現した「AQUOS U」

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

nova3
auは5月31日、2016年夏モデルとして、シャープ製スマホ「AQUOS SERIE (アクオス セリエ)SHV34」と「AQUOS U (アクオス ユー)SHV35」の2機種を発表しました。

■120Hz駆動ディスプレイと「GR certified」認証カメラを搭載

AQUOS SERIEは、AQUOSシリーズのハイエンドモデルとして、CPUにクアルコムのSnapdragon 820を搭載。通常の2倍となる120Hz駆動に対応した5.3インチディスプレイ「ハイスピードIGZO」との組み合わせによって、動きの激しい動画でもなめらかに表示するほか、コンテンツに応じて画面表示の速さを最適化することで、IGZOならではの低消費電力を活かしています。

通信面では、4G LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションに対応しており、受信時最大370Mbpsを実現しています。
 
また、モバイル機器搭載カメラにおける画質基準であるリコーの「GR certified」を取得した約2,260万画素カメラを搭載しており、花火が開いた瞬間を自動で撮影する「花火撮影モード」といった豊富な撮影モードとあいまって、シーンに応じた高画質・高品質な写真を手軽に撮影できます。
 
ボディーには光沢のある樹脂と、フレーム部分にアルミを用いており、カラーはネイビー、ホワイト、コーラルピンクの3色で、6月中旬の発売予定となっています。

■大容量バッテリを備え多様なユーザーニーズを狙う

 
AQUOS Uは、AQUOSシリーズのミッドレンジモデルとしてauのラインナップに登場。CPUにクアルコムのSnapdragon 617、ディスプレイに5.0インチHD IGZO、1,310万画素カメラを採用しています。

ハイエンドモデルとなるAQUOS SERIEと比べて全体的にスペックを抑えた作りになっていますが、容量3,010mAhのバッテリを搭載しており、標準的な電池持ち時間は105時間と、フル充電で4日以上の使用ができるとのこと。
  
また、体重や歩数、睡眠時間に応じたアドバイスによって日々の健康管理に役立つ最新の人工知能「エモパー4.0」や、本体の持ち手をひねることで一つ前に使っていたアプリに戻る「ツイストマジック」を備えるなど、使い勝手の良さを保っています。
 
カラーはシルキーホワイト、ミントブルー、エレガントブラックの3色で、樹脂を用いたボディーと金属光沢を持たせた樹脂フレームによって、シンプルながらも落ち着いたデザインとなっています。価格は未定ですが、ミッドレンジ相応になるとのことで、6月下旬に発売の予定です。


【関連記事】
デザイン一新!快適なパフォーマンスを約束するAQUOS ZETA

nova3

関連キーワード