2016.5.31
「サブカメラ光学手ブレ補正」と「ハイレゾ録音」といった2つの世界初を搭載した「HTC 10」登場
2016.5.31

「サブカメラ光学手ブレ補正」と「ハイレゾ録音」といった2つの世界初を搭載した「HTC 10」登場

ITライフch編集部
ITライフch編集部
sim通

powerd by goo Simseller

夏休みファイナルセール
auの2016年夏モデルとして発表されたHTC 10 HTV32は、下り最大370Mbps(東京都渋谷駅から順次拡大)の4G LTE & WiMAX 2+キャリアアグリゲーションに対応しています。RAM 4GB / ROM 32GB、CPUにはSnapdragon 820を搭載したハイエンドモデルで、カラーバリエーションは「カメリア レッド」「カーボン グレイ」「トパーズ ゴールド」の3色展開。

本製品はスマホとしては世界初で初めて「光学手ブレ補正機能サブカメラ」を採用。セルフィーでの撮影をより美しいものへとしてくれます。画素数はメインカメラが1,
200万画素、サブカメラは500万画素。デュアルカメラではありませんが、F値1.8という明るいレンズと、自然な色合いの写真が撮ることのできる「HTC Ultra Pixel 2」により、光の少ないところでも、フラッシュを使わずに明るく美しい写真を撮影できます。また、高速レーザーオートフォーカスも搭載しているので、動きのある被写体であってもシャッターチャンスを逃すことはありません。




5.2インチサイズのディスプレイを採用し、サイズは72×146×9.2(mm)で、重さは約161g。デザイン面では従来のフルメタルボディはそのままに、今回はメタルの質感や美しさをより際立たせるダイヤモンドカットを採用し、どの角度から見ても美しいボディに仕上がっています。もちろん美しいだけでなく、薄さ約3mmのボディは手に馴染み持ちやすい。

スピーカーは本体上部と本体下部に設置。上部のスピーカー・アンプでは高音を、下部のスピーカー・アンプでは低音をそれぞれ専用アンプで制御しているので、音の持つ魅力というのを最大限に引き出してくれる工夫もなされています。外部スピーカーに繋げなくとも、迫力のあるサラウンドを楽しめることでしょう。




国内初となる「ハイレゾイヤフォン」を同梱。買ったその日からハイレゾ音源による表情豊かな音楽を味わうことができます。「どうせ同梱品だからたいしたことないのでしょ?」という声も聞こえてきそうですが、そこは心配いりません。低音から高音まで幅広いレンジの周波数帯をカバーしており、市販されている2万円台のイヤフォンと比較しても遜色のない音を楽しむことができました。余談ですがエージングと呼ばれるならし運転をすることで、ヘッドフォンから聴こえる音はより艷やかで豊かな色彩を持ったものとなるので、購入したらぜひともエージングを行って欲しいところです。




さらに音へのこだわりとして「パーソナルオーディオプロファイル」機能というシステムを採用しています。音の聴こえ方というのは、人によって様々。そのため、従来のプリセットされている音のバランスでは物足りなく感じたり、イヤフォンやヘッドフォン変えたら全く違うように聴こえてしまったりした経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

このパーソナルオーディオプロファイル機能を使えば、利用者の耳の音の聴こえ方や、イヤフォン・ヘッドフォンによっての違いをチューニングして設定することが可能。最大100台のイヤフォン・ヘッドフォンの設定をすることができます。例えば外出時に使う機器であれば、それを付けた状態で屋外で設定をすれば、自宅では聴こえているのに電車では車輪音や人の声でかき消されていしまっている音域を強めに出すことで、屋内で聴いているような状態と同じように楽しむことができるかもしれません。

さらに4K動画撮影と同時にハイレゾ録音も可能となっているので、とにかく音や音楽といったものにこだわりを持っている方に手にして欲しいと思いました。従来のスマホから聴く音楽の質というものを劇的に変化させてくれるのではないでしょうか。




専用の急速充電器も同梱されています。わずか30分でバッテリー容量の約50%まで充電が可能で、USB Type Cを採用しているので上下を意識することなく利用することができます。

これ以外にもソフトウェア面で言うとAndroid標準で搭載されているアプリの中で、HTCのプリインストールアプリと被っているものがあれば、独自アプリのモノを削除し、Android標準のものへと統一化。これにより、本体の不要なメモリ消費をカットして、保存できる容量の拡大や動作の快適性というのを実現してくれています。

同梱品や新機能にばかり目がいってしまいがちではありますが、細かな部分もしっかりと見直し、利用者にとって何が最善なのかを考えてくれています。値段は未定ですが、発売時期は6月中旬ということですので、こだわりの機能と細部まで行き届いたチューニングを店頭で手に取ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
デザイン、カメラ、オーディオ、そしてパフォーマンスも10点満点を目指したフラグシップスマホ「HTC 10」

夏休みファイナルセール

関連キーワード